高知学86 岬と灯台.室戸、羽根、興津、足摺、佐田

高知は、室戸の東から足摺の西まで海に面している.

海は高知のイメージと重なる.

その中でも、岬とそこにある灯台は、海のシンボルである.

また、海はダイナミックであり、常に動いている.

潮の干満は毎日2回あるが、大潮のときに潮位の差は2m近くになる.

台風では穏やかだった海が一変する.

それによって浜の姿は変わり、海岸は崩れる.

 

2018年2月 初版

2018年7月5日 修正版

 

1.室戸岬

 

(室戸岬に近づく)

 

徳島方面から来ると、室戸岬に近づくにつれ、山がますます海岸から聳え立ってくる.

火山の溶岩丘のように、むくむくと隆起している.

いま岬は、南海トラフの運動に引き込まれて、年間7mm沈下している.

やがて耐えきれなくなって、跳ね上がって地震を起こし、この山はさらに高くなる.

 

(室戸岬灯台)

 

室戸岬は太平洋に突き出た難所であり、1899(明治32)年に灯台が設置された.

照葉樹林の中に聳え立っている.

最初は石油ランプを使っていた.

灯台もコンクリートではなく鉄製で、リベットで組み立てられている.

 

(灯台のレンズ)

 

灯台の近くには、札所の最御崎(ほつみさき)寺があり、少し歩くと真正面に灯台が現れる.

どのガイドブックにもこの写真が出ているが、これは誰でも撮れる.

公開されていて、塔に登ることができる灯台はある.

しかし、このように正面から相対するところはまずないだろう.

灯台はそれぞれに決められた時間で点滅して、船から識別できるようになっている.

しかし石油ランプや大光源は点滅が困難なので、投光レンズを回転させて閃光にしている.

 

2.羽根岬

 

室戸岬の西に長く伸びた台地がある.

夕方、その先端の一つの岬に灯台の明かりがともる.

羽根岬灯台である.

灯台は、GPS始め電波航法の発達によって役割が低下しているという.

しかし小さな漁船はあるし、視認できる「暗夜の灯」には安心感があるだろう.

 

(丘の上の羽根岬灯台)

 

灯台は海から見えればよいので、陸地から見上げてもなかなか見えない場合がある.

羽根岬もそうで、形も「白亜」の円筒形でなく箱型であり、余計わからない.

 

3興津岬

 

我家の近くにホテルがあり、チャペルの横の林の間に、遠くに時間をおいて灯る光が見える.

 

(興津岬灯台の光)

 

天気の悪い日や、大気が霞んでいるときは見えない.

空気が澄んでいるときは、海面に反射する光もわかる.

これは洋上を66km離れた、興津岬灯台である.

この距離は、東京都心から小田原間に相当する.

ただし我家は海抜40mだが、海岸に行くと地球は丸いので見えない.

 

(興津岬の山)

 

どんな灯台なのか、行ってみた.

国道を外れ山を下って行くと、興津の集落が見える.

2kmの砂浜があって、夏は海水浴場になる.

灯台があるのは、中央の山の上である.

 

(いりこを干す)

 

海岸でいりこを干している人たちに道を尋ねた.

狭いが、小さな車なら行けると言う.

ついでに味見をさせてくれた.

 

(興津岬灯台)

 

舗装されていない山道を、曲がりに曲がって上ると灯台が現れた.

昔は「灯台守」が居て、家族共々住んで運用していた.

いま、どこも自動化されて、官舎の跡は空地になっている.

 

(山頂から)

 

「灯台下暗し」で、塔の下の周りは樹林になって海がほとんど見えない.

しかし更に上がるとお堂があって、見渡せる.

花が植えられているので、下から檀家が上がってくるのだろう.

 

5.足摺岬

 

足摺は室戸と共に、高知の海を東西に仕切っている.

同様に札所の金剛福寺がある.

 

(足摺岬灯台)

 

写真は展望台から見た灯台で、定番の撮影スポットだ.

NHKの固定カメラがあって、台風中継でお馴染みの風景でもある.

 

(海から見る灯台)

 

小さな観光船に乗って、海から見る岬にはまた別の迫力がある.

 

 

6.佐田岬

 

高知の岬だけ記して、四国の他の岬をパスするのは片手落ちであろう.

徳島県には蒲生田(かもだ)岬があり、離島もあるのだが、少し迫力に乏しい.

愛媛県には佐田岬がある.

付け根の八幡浜から50kmあって、これを往復することになるためか、意外に観光客が少ない.

 

(佐田岬灯台)

 

駐車場に車を停めると、土産物を売るおばさんたちが寄ってくる.

互いの競争もあるらしい.

中国の観光地では馴染みの光景だが、愛媛の女性もなかなか商売熱心のようだ.

灯台は見えているが、歩くと20分かかる.

遠くに九州の山が見えている.

半島の根元に伊方原子力発電所がある.

阿蘇山噴火の火砕流が到達する場合の対応を検討すべき、との判決が出ている.

もしそうなれば大分、別府は壊滅だが、この海が埋まり、四国と九州が地続きになる可能性がある.

 

関連記事リンク:

室戸岬と室戸の魚

浦戸湾と足摺の観光船

高知学トップページに戻る

 

(おわり)

 

2018年2月18日 | カテゴリー : 高知学 | 投稿者 : 河田 耕一