高知学110 標高600m、棚田を見渡す八畝スカイライン

高知を縦断して流れる吉野川.

沿岸の大豊町、本山町、土佐町に棚田が広がっています.

土讃線の大杉駅、高速道路の大豊ICを真ん中にして、東西の30kmが棚田地帯です.

東は国道439号線の京柱峠近く、西は早明浦ダム辺りまでです.

棚田は川の南岸にあり、北岸にはありません.

南岸と北岸では地質が異なり、北岸は山の傾斜が急で、水田をつくることが困難なのです.

大杉駅近くから南岸の山に上がり、棚田の上、標高600m辺りを東へ山道が通っています.

一車線で道路標識もありませんが、個人的に「八畝(ようね)スカイライン」と呼んでいます.

 

2019年5月13日 最終版

 

1.棚田に上がる

 

(炭焼き)

 

大豊ICを出てトンネルを抜け、国道32号線の交差点を直進して山に上る.

しばらくは炭焼窯などがある森の中の道だが、上がると視界が広がるスカイラインだ.

 

(山上の道)

 

やや広い一車線なので、反対から車が来ても場所を選べばすれ違いができる.

ダート道ではないから四駆の必要はないが、望ましいのは軽または小型乗用車である.

ミニバン、大型SUVはやめた方がよい.

というのは、あちこちでやっている災害復旧工事の迂回路の多くが極狭路のためだ.

 

(何年も通行止だったが、ようやく8月までらしい)

 

 

(棚田の田植え)

 

5月、棚田には水が張られ、田植えが始まった.

 

(対岸の山々)

 

水田の先に見える山との間の谷底を吉野川、土讃線、国道32号が通っている.

河床の標高が200mなので、道との標高差は400mである.

 

2.ぽつんと一軒家

 

 

(山上の道)

 

道は山腹をうねって続く.

林道や生活道なので、カーナビはあまり役立たない.

登山と同じく、1/25,000の地図がよい.

分かれ道もあるが、タイヤの跡の多い方を辿ればよいので、迷うことはない.

 

(一軒家)

 

「ぽつんと一軒家」のテレビ番組があるが、ここでは候補に困らない.

そのような家に入る道には、入口に表札が置かれている.

 

(対岸の一軒家)

 

谷を隔てて対岸の山にも一軒家が見える.

屋根が光っているのでそれとわかる.

 

3.八畝と怒田

 

棚田がもっとも大規模に広がる地域が、八畝と怒田(ぬた)である.

 

(イチョウ)

 

八畝の入口には、ランドマークとなる樹齢500年とされる大きな乳銀杏がある.

昔からお乳がよく出るように、祈願されてきたということだ.

 

(怒田)

 

ここから怒田地区の全体が見渡せる.

山の上から谷底まで、棚田が広がっている.

今いる八畝の棚田は、川まで下りて上がって、怒田から見ないとわからない.

 

4.地すべり地帯

 

(地すべり防止)

 

棚田は地すべりの産物である.

山の中で耕作ができる緩い傾斜地は、地すべりの結果である.

水田で必要な水は、地すべりが起きやすい地下水を大量に含む土質から得られる.

「八畝」とは、地すべりが進んで水平が保てず、高いところを削り低いところを埋め、棚を細分化することから来ているらしい.

「怒田」とは、地すべりで田に亀裂が入ることからだという.

高知県の古い看板があるが、地すべりの結果は地域に留まらず徳島県一帯にも及ぶので、対策は国の直轄事業となっている.

 

(集水井)

 

産業技術総合研究所・地質調査総合センターによって、全国の地質図が作成され、ネットで閲覧することができる.

この棚田地域は緑色変成岩、緑泥岩などからできている.

御荷鉾(みかぶ)帯と呼ばれるが、風化、破砕しやすく、大量に水を含み易い性質がある.

底では変質して水を通さない粘土になる.

洗面器に泥を溜め、傾けた状況にあるのだ.

土地の水抜きが大きい課題である.

周囲の穴から水を集める集水井や排水トンネルがあちこちにつくられている.

傍に寄ると流れる水音が聞こえる.

 

(怒田から見た八畝)

 

山腹にはいくつかの筋が見えるが、人工の排水路である.

 

(GPS位置センサ)

 

そんなに危ないところなのか、と思われるかもしれない.

GPSによる位置情報センサが点在し、地盤の変動がリアルタイムでモニターされている.

予想もしなかったところで地すべりを生じるより、ずっと安心だ.

 

(見下ろす谷間)

 

防災科学技術研究所から、航空写真より判定した地すべり地形分布図が公開されている.

地すべりが活発な地域は新潟と四国という.

スキー場も地すべりの産物のようで、高いところの急傾斜は上級者、末端の緩い傾斜はビギナー用になる.

本図による地すべり地形の面積では、全国に占める四国の割合は14%だそうだ.

 

(崩壊した河岸)

 

この地域では60年の計画で、地すべり対策工事が進められている.

いま半分を過ぎたあたりらしい.

八畝と怒田の間の南大王川、10年以上も前から河床を広げ、堰堤を築き、大工事が行われていた.

失礼ながら、早くも?岸が崩れている.

紺屋の白袴という気もするが.

そういえば、出発した高速道路の大豊ICの先の山腹で先日崩壊があり、上り2車線の橋が流された.

下り車線を利用して対面通行が行われている.

当事者のコメントでは、ここで崩れるとは予想もしていなかったという.

大規模工事には、どこかにまだ計算できない要素があるのだろう.

 

 

参考にした資料

・藤原治、斎藤眞 編著 :「トコトンやさしい地質の本」.日刊工業新聞社、2018.

・上野将司 :「危ない地形・地質の見極め方」.日経BP社、2012.

・鈴木堯士 :「四国はどのようにしてできたか」.南の風社、1998.

・地質図Navi:https://gbank.gsj.jp/geonavi/

・地すべり地形分布図 : https://dil-opec.bosai.go.jp/publication/

関連記事リンク:

高知第三の物部川を遡る

高知の山道、山の子ども

高知学ホームページに戻る

 

(おわり)

 

 

 

2019年5月8日 | カテゴリー : 高知学 | 投稿者 : 河田 耕一