高知学105 2018年バースディ切符の旅2. 松山から高知

JR四国のお得なバースディ切符、四国内乗り放題の旅、12月が誕生月なので毎年利用しています.

その1では高知を出て西へ、窪川から予土線、昔が残る卯之町を回って松山に至りました.

第2回は松山から東へ、今治、高松、琴平、そして高知に戻ります.

 

2018年12月30日 最終版

 

松山1737発 しおかぜ28号 今治1812着

 

(セキ美術館)

 

松山ではセキ美術館をよく訪れる.

道後温泉に近い、閑静な住宅街の中にある個人の美術館である.

品の良いコレクションであり、また静かなのでゆっくり眺められる.

エントランスを写したいと思って係の女性に断ると、フラッシュを光らせなければ、館内何を撮っても結構です、との返事であった.

 

(松山駅前)

 

JR松山駅前には高知行バスが止まる.

高知から一日かけてやってきたが、このバスに乗れば2時間半で戻れるのだ.

高速道路のない昔から、高知・松山間の交通はバスであり、昔は国鉄特急バスが一時間ごとに運行されていた.

今治で泊る.

 

(今治駅)

 

今治の産業はタオルもあるが造船であり、日本食研の調味料もここだ.

来て見ると、四国の中でもっとも成長しつつある都市のように感じる.

駅前にはビジネスホテルが林立している.

町のビジネス度は、東横インの有無で測れるように思う.

松山、新居浜にはあるが、今治にはないので、そこまでは至っていないらしい.

 

(今治焼鳥)

 

今治の名物は焼鳥だが、それも炭火焼ではなく、鉄板の上で押さえつけて焼く.

思うに、造船所では鉄板の切れ端がどこにでもある.

昔の船は鉄板同士を結合するのにリベットを使っていた.

鋲をコークスの火で真っ赤に加熱する.

親方が長い火箸で投げ上げる.

上では手桶のようなものでこれを受け留め、穴に差し込む.

見たことがあるが鮮やかなもので、5階くらいの高さまでこれができたというからすごい.

反対側にいる職人が空気ハンマーで叩いて留める.

冷えると鋲が縮み、堅く締結される.

現場には常に鉄板と高熱があったのだ.

焼鳥屋はインターナショナルであり、連れと共の人もいるが、一人でもふらりと入ってくる.

 

 

今治847発 しおかぜ10号 伊予西条908着

 

(西条)

 

増築された西条の鉄道歴史パークに行く.

JR、西条市も関係しているが、国交省関連の日本ナショナルトラストが、宝くじの資金でつくった施設だ.

屋内の機関車などの展示に加えて、外には新幹線と在来線、両方を直通するフリーゲージトレインの試作車が置かれている.

なぜここにあるのかだが、予讃線で長く耐久試験を行ったためで、山陽新幹線に乗り入れる構想もあったらしい.

 

伊予西条1019発 しおかぜ12号 高松1154着

 

(高松市内)

 

高松の三越のデパ地下は四国一賑わっているし、丸亀町の商店街は再開発の成功例とされている.

 

高松築港1330発 高松琴平電鉄 琴電琴平1432着

 

(高松築港駅)

 

高松から琴平へ、高松琴平電鉄に乗る.

ターミナルは城址の石垣の傍で、ホームの下の堀は海と繋がっていて、魚が泳ぐのが見える.

電車は京浜急行と、名古屋地下鉄の小型車である.

この「ことでん」、バブルの頃に、3路線が集まる瓦町駅の大ターミナル化を目指し、そごうなどが入る建物をつくった.

どう見ても過大な計画で、破綻した電鉄は民事再生を行うことになる.

琴平線、線型は良いし、途中まで複線用地がある.

ところが揺れがひどく、レールの継ぎ目ではがたんと落ち込む.

道床の突き固めが不十分なのだろう.

JR四国のマルタイをレンタルできればよいが、あいにくとゲージが違う.

レジャーランド、レオマへの下車駅も一過性であった.

近年、イオンモールの傍に駅が新設されている.

 

(金毘羅)

 

ここまで来ればこんぴらさん.

山に社殿が見えるが、時間がないので途中の大門まで.

五人百姓の飴屋もそろそろ傘をたたんで店仕舞い中である.

 

(大門)

 

それでもハードな石段登りの人が絶えないのは、さすが四国一の観光地である.

麓の酒屋で4合瓶を買う.

時間によるのかもしれないが、以前来たときに見た、高い酒爆買いの某国団体の姿はなかった.

 

琴平1707発 南風17号 後免1836着

 

(琴平駅)

 

JR琴平駅では、宿泊施設のある国営満濃池公園への送迎バスを待つ外国人若者たちが列をつくっている.

瀬戸内は塩田があったくらいで、降雨量が少ない.

満濃池は、この地出身の空海が工事に携わった、日本最大の灌漑用溜池である.

 

(イベント列車)

 

「四国千年ものがたり」のイベント列車が停まり、乗客は弁当を食べている.

乗ってみたいが、スタッフの仕草が丁寧過ぎて、見ていて少し尻こそばゆい.

それほど高い列車ではないのだが.

 

琴平1707発 南風17号 後免1836着

後免1837発 ごめん・なはり線 夜須1900着

 

乗りなれた夜の「南風」で後免、そして夜須へ.

切符はあと1日残っている.

そこで翌日、ごめん・なはり線終点の奈半利へ40分.

高架ホーム傍の食堂で、パスタとワインをやって帰る.

 

(おわり)

 

2018年12月24日 | カテゴリー : 高知学 | 投稿者 : 河田 耕一