高知学104 2018年バースディ切符の旅1. 高知から松山

JR四国には、全線(特急料金および土佐くろしお鉄道含む)3日間乗り放題になる「バースディ切符」があります.

普通車は9,300円、グリーン車は13,000円で、その月に誕生日を迎える人が対象ですが、同伴者も2人まで同じ料金です.

格安切符として「青春18切符」が知られていますが、これは特急は利用できません.

東海道、山陽本線なら列車の本数が多いので、東京を早朝に発てば、普通電車を乗り継いで下関近くまで行くことが可能です.

しかし四国では普通列車の本数が少ない上、特急の通過待ちで停車時間が長く距離が伸びません.

12月が誕生月なので、毎年恒例になっているバースディ切符の旅に出かけました.

 

2018年12月21日 最終版

 

夜須726発 ごめん・なはり線 後免749着

 

冬でまだ朝焼けの残る時間、最寄りの夜須駅を出発して土讃線後免に向かう.

 

(朝の後免)

 

後免駅は通学時間.

手に手にスマホを握った生徒たちで、高知行普通列車は混んでいる.

以前は公立高校に学区制があり、乗換に不便な高校に通う生徒が、寒風をついて野中の道を自転車を走らせる姿をよく見かけた.

いま学区制はないので、その分鉄道が通学生で賑わう.

 

後免809発 しまんと1号 窪川926着

 

(しまんと1号)

 

高松を早朝に出る、土讃線下り特急一番の中村行がやってきた.

側線には線路を突き固めるマルチプルタイタンパー(マルタイ)が留まる.

そこは痩せても(失礼ながら)JRである.

四国でグリーン車があるのは予讃線、土讃線だけなので、バースディ切符は普通車にした.

 

窪川940発 予土線 北宇和島1211着

 

(窪川)

 

窪川からは、宇和島に向かう四万十川沿いの予土線である.

国鉄末期につくられた小型廉価版のキハ32であるが、「鉄道ホビートレイン」としてお馴染みの新幹線スタイルになっている.

 

(ホビートレインの車内)

 

新幹線の椅子が2脚備えられている.

 

(川奥信号場)

 

窪川を出てしばらく、川奥信号場で予土線と中村に向かう土佐くろしお鉄道が分岐する.

真直ぐ西に向かう方が中村、右の山に向かって曲がる方が予土線のように感じるが、逆である.

中村への線路は、この先トンネルの中をループ線で一周して下り、この駅の真下に出てくるのだ.

 

(江川崎)

 

終点まで2時間半かかるが、予土線の車両にはトイレがない.

といって、緊急下車すると次の列車まで4時間近くある.

江川崎では20分停車する.

トイレ休憩である.

 

(四万十川)

 

予土線は四万十川に沿って走るが、道路より高く、川岸に近づいているので見晴らしがよい.

列車が緊急停止し、運転士が後方に走った.

けものでも刎ねたかと思ったが、戻ってきた運転士によれば、沿線で草刈りの老婦人が斜面を転げ落ちるのを見たらしい.

大事はなかったようなので、すぐ発車した.

列車の終点は宇和島だが、一つ手前の北宇和島が予讃線との分岐駅である.

ここで普通列車に乗換えて松山方面に向かう予定である.

接続の時間は2分であるが、先ほどの停車は別として、行き違い列車の遅れでこの列車は5分の遅延である.

運転士から「北宇和島で乗り換える方はいますか」とアナウンスがあったので申し出ていて、一人だけだが予讃線列車は待っていた.

 

(北宇和島)

 

北宇和島1213発 予讃線 卯之町1247着

 

もっともダイヤには余裕があるようで、遅れはすぐに取り戻す.

 

(キハ54)

 

予讃線の車両は、やはり国鉄末期につくられたローコスト版のキハ54である.

勾配用にエンジンが2基搭載されているので、車体が普通より1m長い.

しかし文字通りステンレスの箱で、そこにユニット窓をはめ込み、両端に戸袋を省略できる折戸の出入口があって、端から端までずらりと席が向かい合っている.

変速機は廃車の再生品だし、冷房はバスのものという.

シンプルの極致だが、何もない室内はかえってロビー風である.

卯之町で下車する.

 

(開明学校)

 

この辺り、卯之町、大洲、内子と古い町が並んでいる.

卯之町には、江戸末期に蘭学者、二宮敬作が住み、シーボルトの娘、イネが学んだ.

開明学校は明治15年に建てられた小学校である.

離れたところでは、昭和3年建築の小学校木造校舎が保存され、長さ109mの廊下では「雑巾がけレース」が行われる.

以前、拭き掃除にトライしてみたが、すぐ腰が痛くなってダウンした.

 

(卯之町)

 

街路では中学生たちが集まっていたが、中学生、小学生とも例外なく挨拶をしてくれる.

修復中の民家にバーの暖簾がかかっていたので、昼過ぎだが一杯ひっかけるか、とくぐった.

マスターは今の時間、ピザなら焼けるという.

待つ間、グラスワインを飲んで、馬鹿話をした.

小学校は保存だけでなく、体験授業をしたいね.

宿題をやって来なければ廊下に立たせる.

体操もやるが、男女とも昔の体操着をレンタルすること.

造り酒屋で古酒を買った.

次に来るときは、漬物が名物の古い旅館で泊ろう.

 

卯之町1418発 予讃線 宇和海18号 伊予市1509着

群中港1514発 伊予鉄道 松山市1538着

 

予讃線で伊予市まで行き、伊予鉄道終点の郡中港に乗り換える.

駅名は違うが、両駅は道を隔てているだけである.

 

(伊予鉄道 岡田)

 

伊予鉄の車両は京王線の古手で、本線と井の頭線の両方があり、多くみかん色に塗られている.

中心の松山市に向かう.

 

(井の頭線渋谷?いや松山市駅)

 

 

(2 につづく)

 

関連記事リンク:

79 四万十川の中流

61 呑み鉄、ごめん・なはり線

高知学トップページに戻る

 

 

2018年12月18日 | カテゴリー : 高知学 | 投稿者 : 河田 耕一