鉄道旅行

関西本線 中在家信号場: かつて加太越えの勾配のため、蒸気機関車を前後につけて列車が行き来していました. 平地でないと停止、発進が困難なので、勾配の途中で列車の行き違いを行うようスイッチバックの駅がつくられました. 勾配から一旦平坦な側線に入り、交換後にバックして反対側の側線に入り、向きを変えて折り返すのです. 中在家信号場はその撮影の名所でしたが、貨物列車はないし、列車も減るし、信号場は廃止になりました. コンクリートの台が残るところに建屋があり、信号、ポイント、タブレット交換の操作を行っていたのです.