66 宿毛と愛南、高知県と愛媛県が混じり合うところに何がある?

県と県の境界は、行政的に明確だし、道路には標識がある.

しかし、某国のように乗り越えられない塀があるわけではない.

天狗高原の国民宿舎は、高知県と愛媛県にまたがっていて、建物内に線が描かれている.

宿毛には、小川が県界になっている地域があり、両県合同でつくった、日本一名前の長い小中学校がある.

県界付近には、素晴らしい景観もある.

しかし、それぞれの県では「辺境」になるし、県にまたがる「観光開発」はなされない.

そこで「知られざる」観光地になる.

 

2017年4月16日 最終版

 

 

1.県境

 

(ホテル内の県境)

 

天狗荘の食堂は高知県、客室は愛媛県である.

だからと言って、高知県に食べに来た、愛媛県に泊まりに来た、というわけではない.

どちらの県の観光案内にも出てくる.

県境の尾根にある道路では、頻繁に県が入れ替わる.

 

2.宿毛から御荘へ

 

(宿毛の県境)

 

宿毛から西に走ると、ほどなく県境になる.

標識の手前は愛媛県、反対側は高知県である.

右は砂浜である.

 

(県境の砂浜.向こうは愛媛県)

 

きれいな浜で、県境は砂上のどこかである.

海水浴場をつくるなら、どちらの県だろうか.

 

(断崖を巡る)

 

断崖の上を通る.

高知県の鵜来島、沖の島が見える.

御荘を通ってさらに進めば、豊後水道に突き出た高茂岬に至る.

(高茂岬)

 

晴れた日なら九州が望めるという.

宿毛と大分県の佐伯を結ぶフェリーから、真近に見える.

侵食に取り残された、人を寄せ付けない灰白色の花崗岩の島や岩礁が点在する.

高茂岬の半島は、地図では一周できる道路がある.

漁村で道路状況を訊いたら、「回れるが道が狭いから気を付けて」と言われた.

行ってみたら、狭いどころか、高知のスタンダードからすると、十分に広い.

広さの基準が、工業県愛媛と高知では違うことを認識した.

 

(花崗岩の島)

 

宿毛は磯釣りの基地で、大道具を積んだ多数の関西ナンバーの車が往来する.

また、四国西部一帯の建設工事の基地でもある.

居酒屋に行くと、全国各地のアクセントが聞かれる.

代行運転業者が22軒あるそうだ.

頼んだ代行の運転手は、船を持っていて、明日沖ノ島へ釣りに行くと話していた.

四国の西岸一帯は、足摺宇和海国立公園である.

しかし、一般に観光地として認知されているのは、足摺岬くらいではないだろうか.

高知県だけで考えると、高知市から遠い宿毛は、往復するには時間がかかる.

愛媛県だけで考えると、松山からの往復は遠すぎる.

両県一体で、宿毛を観光の基地にすれば、四国西部一円の名勝が生きて、長滞在できる魅力が高まるように思うのだが.

 

3.篠山の学校

 

宿毛から宇和島へ国道を行くと、その名も「県界」というバス停がある.

そこから北へ、四国の背骨の山脈の西端になる、篠山へ向かう道がある.

 

(篠山と県境の川)

 

川に沿っているが、この川が県境である.

向かって右は高知県、左は愛媛県である.

利根川のような大きい川なら県境も問題ないが、この小さい川では何かと不便である.

たとえば学校である.

左右別々につくることはない.

そこで両県合同になっている.

 

(2県合同の学校)

 

学校の名は長い.

「高知県宿毛市愛媛県南宇和郡愛南町篠山小中学校組合立篠山小(中)学校」である.

日本一長い学校名とされる.

昔は、幡多郡宿毛町、南宇和郡一本松町、だったので、さらに4文字長かった.

生徒数は少なくなったが、校舎は整備され、テニスの部活の元気な声が運動場に響く.

教員は愛媛、高知両県それぞれから来るが、出身県がはっきりわかるそうだ.

 

4.篠山

 

(篠山への道路)

 

篠山は標高1,065mで、登山者が多い.

山に向かって次第に上る.

深い林の中だが、木漏れ日がちらちらする.

何故か新鮮に感じる.

しばらくしてわかった.

このような山道は、高知では両側がスギやヒノキの人工林である.

日光が届かず、昼なお暗い.

ここでは広葉樹が葉を落としている.

 

(大規模林道のトンネル)

 

広い道路と合流する.

登山口の広場があり、ここから1.2kmの長いトンネルを通る.

1980年代に、国の公団によってつくられた、2車線の広見篠山大規模林道である.

海岸まで至る計画なのだが、大規模林道のご多分にもれず、工事は途中で中止になっている.

 

5.愛媛県から高知県

 

篠山は昔、土佐藩と宇和島藩が領有を争ったところである.

1950年代の地図でも、まだ県境未確定の箇所がある.

山を下ると、祓川(はらいがわ)温泉がある.

トンネルを潜ったので県が変わりそうに思うが、訊くとここはまだ愛媛県で、温泉は宇和島市営だそうだ.

 

(祓川温泉)

 

薪で沸かした清潔な湯だが、入浴料は400円、高齢者は300円である.

「宇和島市民の高齢者は」などとされないところがよい.

 

(県境を高知県へ)

 

さらに下ると、宿毛から津島を結ぶ地方道に出て、県境となる.

部分的に狭いところもあるが、広々とした山間を行く豪快な道路である.

 

(出井の甌穴)

 

沿道の川には、流水の渦によって花崗岩がえぐられた甌穴がある.

なかなかの奇観だが、高知県民でここまで来た人は少ないのではないか.

 

関連記事リンク:

大月の断崖と入江

東の外れ・野根と甲浦

高知学トップページに戻る

 

(おわり)

2017年4月6日 | カテゴリー : 高知学 | 投稿者 : 河田 耕一

65 高知のシニアの充実の生活?どこでどう過ごしている?

平均年齢が上がるにつれ、シニアが生活に満足を感じ、安心して過ごせる環境が重要になってくる.

高知はどうだろうか.

人口当りで、病院数、療養病床数は全国一位である.

入院するとして、検査技師数、看護師数、療法士数も一位である.

一方、飲酒費、喫茶店数、弁当屋数が一位である.パチンコ台数も高位である.

高知は、極めてシニアに過ごしやすいように感じられる.

 

2017年3月23日 最終版

 

1.シニアと施設

(本山町の老人ホーム)

 

最近、田舎で目立つ新しい建物があれば、それは老人ホームに間違いない.

国土地理院の地図にも、最近「老人ホーム」の記号が加えられている.

普通、いろいろなレベルの老人に対する施設が併設されているが、「特別養護老人ホーム」は高知でも入居待ちが多いという.

高齢者の一人として、あそこがいいなあ、という施設もあるが、予約するわけにもゆかない.

 

(福祉センター)

 

ウチのお母さんは、近くの福祉センターでボランティアをしている.

高年齢のボランティアもいるが、攻守ところを変え、ある日から介護される側に回ることもあるそうだ.

可能な限り介護を手伝い、不可能になれば介護される、自然なように思われる.

 

(田園に立つ病院)

 

高知駅南西一帯は、近森大病院の街区である.

各種の病棟が軒を連ね(高層ビルだが)、白衣の医師や看護師が行き交い、救急車が絶えず出入りする.

県庁、市庁舎付近より活気?があるのではないか.

高知一の繁華街が近く、入院していた某氏は、抜け出してバーに出入りしたようだが.

高知市内だけでなく、田園地帯にも大きな病院はある.

療養病床として心強いことである.

 

2.シニアの生活

 

福祉センターに来る人は、女性が多く、男性は少ない.

寿命は女性が長いことはあるだろうが、男性はそのようなところに来たがらない.

共同で過ごす時間や、細工やゲームは好きではない.

老人ホームを訪問すると、共用のスペースでは、女性は中央のテーブルを囲んで話している.

男性は窓側の席に、一人一人外を向いて黙って座っている.

 

(古民家カフェで)

 

田舎でカフェや珈琲店に午後行くと、よく老婦人たちが入ってくる.

マスターが「いつもの?」と言っているので常連なのだろう.

女性シニアの集うところであるが、男性シニアの行き先はあるのか.

高知市内の屋内屋台集合店「ひろめ市場」に行くと、一人で酎ハイなど飲む老人をよく見る.

喧噪の中での一杯は孤独を和らげる.

同じ境遇同士が声をかける様子も見受けられる.

男性シニアにとって望ましい「福祉施設」は、歩いて行ける安い居酒屋である.

住んでいる4,000人の町に、老婦人愛好の喫茶店は8軒あるが、爺の居酒屋は及ばない.

増やしたいものだ.

田舎では店舗を構えず、テントやバラックのところもあり、設備費はかからない.

 

(池川の居酒屋)

 

3.シニアの活動

 

高知県内には、ゴルフ場が9か所ある.

近場を選べば簡単に行けるし、途中渋滞もない.

自宅からは5分で行ける.

今はどこでもセルフで気軽にプレイできるし、サービスデイもある.

夏には早朝や薄暮の割引もある.

 

(Tゴルフ場)

 

高齢者のもっともポピュラーな娯楽はパチンコではないか.

高知は人口当たりの台数で、鹿児島、宮崎、大分に次ぐ第4位である.

高知県内チエーン、全国チエーンがあるが、その土地に1店舗だけの店も健闘している.

 

(山のパチンコ店)

 

高知県民の特性の一つは、探求心が強いことである.

たとえば、「高坂学園老人大学」は、どこからの援助も受けない自主組織で運営されている.

1,000名近くの在籍者があり、5グループに分かれて毎月2回の講義を受ける.

「起立、礼」で始まるが、大学生と違うのは、背筋を伸ばして聴き、居眠りがないことである.

 

(高坂学園老人大学の「学生」)

 

類似の仕組みは他にもあるし、市町村主催の「大学」や講演会も、年中どこかである.

そこに聴講者が求めるものは、面白かった、いい話を聞いた、ということではない.

異なる思想に触れ、自己主張をさらにブラッシュアップするためである.

一般の大学と同じく、教師と学生の真剣勝負である.

その点は龍馬やジョン万次郎に共通している.

なぜそうなったのか.

高知は他地域と山や海で隔てられている.

それ故、基本的に異文化そのものに好奇心があったためではないだろうか.

 

4.シニアの日常

 

(Y町の旧道)

 

住んでいる町の、室戸へ向かう旧国道沿いは、昔は映画館が並ぶ繁華な土地であった.

そこに地域スーパーがある.

山の不便な地域からは、補助があるのでタクシーで買い物に来る.

買い物が済むまでタクシーは待ってくれる.

右に曲がると新国道で、コンビニや直販所がある.

高知は日本一弁当屋が多い.

つまり日本一の弁当激戦区である.

率直に言って、コンビニ弁当や総菜は、質、量、価格とも地元スーパー、直販所と勝負にならない.

コンビニは工場生産だが、スーパーは手練れのお母さん方の手造りである.

あるスーパーでは、盛り沢山の弁当が、二つ680円、三つなら980円で売っていた.

夕方になると割引があり、高齢者が待ち構える.

298円が売りの店もある.

相互扶助で、高齢者が安くつくり、高齢者が安く買う.

 

(年末の「お町」)

 

高知では、市内の中心街を「お町」という.

地域の老婦人方も市内に行くことがある.

帰っての感想は、共通して

「お町は人が多くて疲れるね!」

である.

 

関連記事リンク:高知に喫茶店がなぜ多い?

        日帰り入浴・こまどり温泉

高知学トップページに戻る

 

(おわり)

 

2017年3月17日 | カテゴリー : 高知学 | 投稿者 : 河田 耕一

64 森林鉄道から高知の山を探索する

峠に上がって、高知の山を見渡すと、見渡す限りのスギとヒノキである.

壮観である.

急傾斜の山腹を埋め尽くす植林をした人々の苦労に頭が下がる.

なぜこのような森林になっているのだろう.

いま森は、われわれにどう関わっているのだろう.

そして、これからどうなってゆくのだろう.

 

2017年3月9日 最終版

 

 

 

1.森の変遷

 

1.1 1960年頃まで

 

高知の森林では、江戸時代から、管理された天然木の伐採が行われてきた.

明治、昭和もそれを引き継ぎ、面積の65%が国有林であった.

輸送のため、森林鉄道が建設される.

トロッコ的な簡易な鉄道で、線路の幅も狭い.

多くは1日1-2往復で、多くても数回程度であった.

高知の木材産出量は、官民併せ年間約23万トンと推定される.

 

(小田深山森林鉄道跡、ここから麓まで下る)

 

小規模な森林鉄道では、朝、山上から、丸太を積んだトロッコに一人づつ跨り、次々に発車、手綱でブレーキをかけつつ麓に運ぶ.

下り勾配だから、動力は要らない.

午後、トロッコを連結してガソリン機関車が引き上げる.

小田深山森林鉄道では、その高低差がよくわかる.

 

 

距離が長く、輸送量も多い魚梁瀬森林鉄道などでは、往復とも機関車が牽いていた.

天然木の伐採跡には植林がなされ、丁寧にメンテナンスされた.

 

(魚梁瀬森林鉄道の鉄橋)

 

また、高知は薪炭王国であった.

雑木林がその資源である.

ご飯も風呂も薪、料理や暖房は炭の時代で、消費地の大阪に近いからである.

木炭の生産量は、年間14万トンであった.

薪ははっきりしないが、同程度以上と思われる.

 

2)1960年以降

 

高度成長期となり、木材需要は2割、3割と増加する.

か細い2本のレールに頼っていては間に合わない.

各地で森林鉄道が撤去され、トラックに転換、林道を建設し、奥へ奥へと伐採が進む.

次第に天然木は枯渇する.

植林はされるが、その成長には50年かかる.

一方燃料は、輸入される石油、ガスに代わってゆく.

薪炭の生産は激減する.

 

(木炭の生産.現在は年間1,000トン程度)

 

そこに新たに見出された用途が、パルプの原料である.

薪炭用途に代わって、雑木林が伐採される.

当時、全国どこの駅でも、雑木や砕いたチップを満載した貨車が多数見られた.

では、雑木を伐採した跡地をどうするか.

需要の増加と価格の高騰を想定した、スギ、ヒノキの植林である.

人工林は爆発的な拡大を続けた.

 

3.1970年以降

 

これは止むを得ない方策ではあったが、今から見ると過大な投資であった.

住宅では、1960年代に、コンクリートの団地、鉄骨プレハブの住宅が現れている.

着工件数も、1970年より伸びが止まる.

輸入が増加し、建築材、合板とも外材が中心になる.

結果として、木材価格は1980年をピークに下落を続け、1/2から1/4にまで下がる.

森林を手入れしても、見合う収入が期待できない.

山は放置される.

 

(現在の森林)

 

4.現在

 

人工林は本来、間引いて成育の良い樹木を残してゆく.

間引きがされないので密生し、幹は細く、中は暗い.

日光が入らないので、草も生えず、豪雨では土が流される.

ただ、トータルの生育量は、この状態でも変わらない.

 

(スイングヤーダ)

 

林業というと、「ヘイヘイホー」の世界を思い浮かべる.

しかしいまは、重機を駆使し、建設現場と変わりない.

伐採された木を、スイングヤーダのロープで牽き上げる.

どれくらいの年数のものか、オペレータに訊いた.

40年生の太さだが、間伐がされていないので、もう少し経っていると思う、との答えである.

この後、プロセッサと呼ばれる機械で処理する.

あっという間に枝を払い、自動的に所定の長さに切り揃える.

先端の工具部分で1,000万円するそうだ.

見たいが、そうそう出動するものでもない.

ユーチューブで、動画を見ることができる.

 

(丸太を運ぶトレーラー.2両連結の車もある)

 

最近、少しづつ木材需要は増加している.

貯木場の材木は増えているし、国道では、丸太を山積みしたトレーラーをよく見る.

 

(大豊町の製材工場、手前は乾燥炉)

 

高知の森林の蓄積量は、1億8千万立方米である.

年2%の成長(50年で一人前)とされるので、年に360万立方米、重量にすると144万トンである.

一日4千トン、1時間167トン、こうしている間にも、休みなく木々は育っている.

これは鉄鋼なら、住友金属小倉製鉄所クラスの「操業」を行っていることになる.

現在の伐採量は年25万トンで、森林鉄道時代とそう変わらない.

山ではまだまだ貯金が積みあがっている.

ただし、森林鉄道時代と決定的に違うのは、太さである.

森林鉄道は、それこそ二抱え、三抱えの巨木も積んでいた.

天然木だから、曲がりもゆがみもある.

今は径は小さいが曲がりがない、言ってみれば山がつくる規格化された量産品である.

カイワレを連想させる.

 

(伐採地.物部)

 

安芸市から馬路村に抜ける林道沿いに、「文化財資源備蓄林」がある.

文化財の修復に使うことを目的にしている.

1912年に植えられたので、100年経っているから、役立つだろう.

あと100年すれば相当の巨木になると思われる.

 

(文化財資源備蓄林)

 

新しいステージに入っている高知の山林、今後どうなるのか、いずれ探ってみよう.

 

関連記事リンク:世界遺産?驚愕の植林地

        森林鉄道で残るレールを発掘

高知学トップページに戻る

 

(おわり)

 

 

2017年2月26日 | カテゴリー : 高知学 | 投稿者 : 河田 耕一

63  高知の森を魚梁瀬、野根山に探る.「世界遺産級」の驚愕の植林

高知は海のイメージが強いが、その84%が森林である.

全国平均は56%である.

さらにその山の67%がスギ、ヒノキの人工林である.

全国平均は40%である.

いずれも日本一と言ってよい.

昔は総延長740kmもの森林鉄道が敷かれていた.

高知の東部、魚梁瀬より奥へ、10kmあまり遡ると千本山に到達する.

今は保護林で、樹齢270から370年の杉の林である.

ここを始めに、高知の山を訪ねてみよう.

そこには驚きの植林で埋め尽くされた山がある.

 

 

2017年2月22日 最終版

 

1.千本山

 

(渓谷の道)

山の道は、冬とあって、登山客は見られず、渓谷で野鳥の写真を撮る一人だけに会った.

登山口では、高さ50m以上の大杉が2本出迎える.

登山道には木道と階段がつくられ、歩き易い.

 

(登山口)

 

植林する場合、苗は何でもよいというものではない.

真っ直ぐ育つとか、枝の出し方がよいなど、優秀なDNAを持つ木の種子が選ばれる.

そのために選定された樹木がマークされている.

スイカもそうで、近所の「スイカ屋」ハウスで訊くと、とにかく優秀な苗を入手することが重要だそうだ.

我家は生ごみを庭に埋めているが、昨年スイカが芽を出した.

スイカ屋さんの見よう見まねで、柱を立て、空中で吊るして育つようにした.

小型スイカが一つ実った.

美味しかったのは、スイカ屋さんで入手したものの種であったせいだろう.

 

(春、千本山から魚梁瀬を望む)

 

魚梁瀬杉は、土佐藩の有力な財源として、厳重に管理され、育成されていた.

高知の宝の山に目をつけ、混乱の時期に皆伐の計画が立てられた.

第一は山内容堂で、近代化施設の開成館の財源を目論んだ.

第二は板垣退助の立志社で、活動資金として払い下げを受けた.

どちらも失敗に終わり、現在の姿が残っている.

 

2.須川林道

 

谷沿いの道は見通しが効かない.

山を見るには、尾根に上がらなくてはならない.

奈半利から野根に至る、昔の野根山街道に沿う須川林道を上った.

 

(須川林道から魚梁瀬方面.すべての木は手で植えられた)

 

魚梁瀬方面までよく見えるが、見渡す限りの山腹は、すべてスギかヒノキの人工林である.

1950から1970年代にかけて植えられた.

機械などない時代、全部人手で整地をして、苗木を担ぎ上げ、一本づつ植えた努力が、山をくまなく埋め尽くしている.

谷底から山頂まで、想像を絶する労働の集積である.

万里の長城は1本の線である.

これは、視界すべての面である.

強制された労働ではない.

日々、無名の人たちが、営々と勤労に勤しんだ結果である.

長城以上の人類の成果ではないか.

日本が誇る「世界遺産」である.

 

 

(伊尾木川流域.一本一本の植林の結果である)

 

以前、植林のイベントに参加した.

 

(植林の体験)

 

登るだけでも苦労する斜面を、苗木を担いで上がる.

土地は、すでに地元の方々によって灌木、雑草が取り除かれ、整地されている.

小さな穴を掘って植える真似事だが、10本、20本がせいぜいである.

その後は、下草刈りも行わなくてはならない.

 

(羽根川流域、これから苗木を植える)

 

高知県民というと、酒を呑んでおだを上げるイメージを持たれる.

しかし、やればこれである.

もっとも、一旦始めるとブレーキがかからず、徹底的にやるということかもしれないが.

 

 

(カモシカ)

 

カモシカに出会った.

シカは立ち止まってもすぐ逃げるが、カモシカは好奇心が強いのか、フリーズするのか、動かない.

こちらが動くと目だけ追っている.

何かしてやりたくなるが、カナダの公園の掲示にあったように、

“Fed animal is dead animal”

である.

冬の暖かい日が続いていたが、900mまで上ると、日陰の路面には雪が残り、アイスバーンになっている.

最高地点は1,000mで、北斜面になる.

引き返すことにした.

 

3.日本の植林地

 

スギ、ヒノキの人工林は、日本全国至る所に見られる.

大規模に集積する地域はどこか.

それには森林鉄道を見ればよい.

森林鉄道が大規模ということは、大量の伐採が可能な大森林ということである.

伐採をすれば、必ず植林を行う.

植林を含んだ年間の森林の生育量が、年間の伐採量を上回れば、生産は永遠に持続される.

森林鉄道の規模と伐採、植林は比例する.

 

(青森、津軽森林鉄道線路跡)

 

大規模の森林鉄道集積地である.

1)津軽半島:最初に森林鉄道が設けられ、総延長でもっとも長い

2)秋田の二ツ井:秋田スギの中心で、奥深い

3)木曽の王滝:本格的な鉄道に近い

4)魚梁瀬を中心とする高知県東部

 

(伊尾木川上流)

 

高知東部の特徴は、山がV字の谷から成る急傾斜になっていることである.

そのため、インクライン(仮設のケーブルカー)が至る所につくられ、搬出していた.

急傾斜地での苦労は、他の3か所を格段に上回る.

高知県東部は、日本最大の植林の記念碑である.

 

関連記事リンク:いまの森林、なぜこの姿に?

                                  伊尾木川を46km遡る

高知学トップページに戻る

 

(おわり)

 

2017年2月15日 | カテゴリー : 高知学 | 投稿者 : 河田 耕一

62 「日本で最も美しい村」馬路.そこには魚梁瀬森林鉄道とトリュフ?

「日本で最も美しい村連合」という組織がある.

高知では、魚梁瀬森林鉄道のある馬路村と、棚田の本山町が加入している.

四国では、徳島の上勝町、愛媛の上島町が加わる.

小さい地域でも、誇りを持って美しい景観をつくり、維持することが目的である.

2005年に発足し、現在64の地域が認定されている.

その1/3には、行ったり通ったりしているが、なるほどと頷ける.

フランスにある組織に倣ったもので、ベルギー、カナダ、イタリアにも同様の連合がある.

知人のI氏は、分厚いガイドブックを基に、フランスの「美しい村」を訪れ、その絵で毎年個展が開かれる.

馬路村を訪ねてみよう.

 

(北海道の「美しい村」、鶴居に保存の村営軌道車両)

 

2017年4月23日 修正版

 

1.森林鉄道

 

現在の馬路村は、馬路と魚梁瀬が合併して生まれた.

馬路は安田川沿い、魚梁瀬は奈半利川沿いである.

魚梁瀬は1,000から1,400mの多数の山に囲まれ、その間には無数の峡谷が刻まれている.

降雨が多く、気温も高いから、樹木の生育が盛んである.

江戸時代から、魚梁瀬杉の管理は藩によって厳重に行われていた.

明治になって国有林となり、両地区に営林署が置かれ、伐採が進められた.

1910(明治43)年から森林鉄道が設置される.

最盛期には総延長250kmの路線が、多数の谷を遡って運転されていた.

高知県内には700kmの森林鉄道があったが、魚梁瀬は格段に大きい.

日本では、宮内庁の木曽森林鉄道に匹敵する.

遺構は、産業遺産、重要文化財に指定されている.

その一つ、県道の一部に転用されていた鉄橋に、ゆがみが発生した.

迂回路がつくられたが、そのため真横から見ることができる.

 

(元森林鉄道の橋梁)

 

魚梁瀬には1周400mの線路がつくられ、日曜に保存された機関車が運転される.

2周1,000円で体験運転ができる.

簡単な運転だが、汽笛を鳴らしたり、なかなか楽しい.

 

(平日の「森林鉄道」)

 

2. 馬路村のパン、トリュフ

 

いま、馬路の中心産業はユズ調味料、飲料である.

(馬路村のユズ食品工場)

 

木を基調にした、清潔で立派な工場で、いつでも見学ができる.

横にパン工房がある.

ライ麦などの堅いパンが得意だそうで、高知にはなかなかないので、沢山買い込んだ.

 

(パン屋で)

 

昼時で、コーヒーと温かいスープ、サンドイッチをオーダーした.

土曜日とあって、地元の人たちが次々来る.

男の子は、馬路村のイメージキャラクターに最適の風ぼうである.

小遣いをもらったのか、慣れた様子でチキンサンドを頼み、出来上がると目を見開いてかぶりついた.

 

(馬路のトリュフ犬)

 

マスターの子犬が、このほど雑木林でトリュフを見つけた.

何に魅力の香を感じたのであろうか.

トリュフは日本にもあり、栽培も可能性があるという.

いずれメニューに入るかもしれない.

 

3. 魚梁瀬ダム

 

(魚梁瀬ダム)

 

1965(昭和40)年に電源開発の魚梁瀬ダムが完成した.

これを契機に森林鉄道が廃止された.

コンクリートではなく、真ん中に粘土層を置き、周囲に岩石を積み上げるロックフィルダムである.

魚梁瀬ダム単体の発電所は3.7万kwだが、下流の3か所に小さなダムと発電所があり、共通に運用される.

水系全部では14.5万kwで、当時四国で最大のエネルギー供給地帯とされた.

一発電所で100万kwの現在からすると、大工事をしてそれだけ?という気がしないでもない.

上流では絶えず山が崩れている.

満々と水を湛える、というより、満々と土砂を湛える、というところもある.

 

4.魚梁瀬ニュータウン

 

(夕暮れの魚梁瀬)

 

ダム建設に伴い集落が水没するため、台地に新しく「ニュータウン」がつくられた.

地域全体で1,000人もの人が林業に従事していたが、いまここに住むのは180人である.

 

(魚梁瀬の中心)

 

なかなかの「コンパクトシティ」である.

役場、マーケット、郵便局、診療所、学校、温泉が集まり、平地で高齢者が往来しやすい.

ヘリポートも近くにある.

電柱、電線の地中化という計画もあったが、時期尚早で実現しなかった.

馬路の中心まで30分、海岸まで1時間だが、「美しい村」の中では格段に遠いわけではない.

馬路村では廃校になった学校がない.

ほとんどが営林署の職員で、山奥の事業所の家庭では、子どもたちは魚梁瀬の学校の合宿所に居たからである.

土曜の午後、森林鉄道に連結されたトロッコで家に帰り、月曜の朝戻る.

 

 

100人以上居た.

ただ、小さい子はすぐには馴染めなかったようで、1年生が一人姿が見えなくなった.

手分けをして探したところ、線路を辿って自分の家に帰っていたという.

 

(魚梁瀬の学校)

 

今の学校は、子どもたちのアイデアで、2階から滑り台で運動場に下りることができる.

 

関連記事リンク:魚梁瀬森林鉄道.レールの発掘

        森林鉄道から森林を探る

高知学トップページに戻る

 

(おわり)

2017年2月5日 | カテゴリー : 高知学 | 投稿者 : 河田 耕一

61  ごめん・なはり線で高知の呑み鉄.高知一高い酒、日本一海に近い駅

鉄道ファンが増えるとともに、いろんなジャンルができている.

その中に「呑み鉄」という分野があるらしい.

鉄道に乗って、呑みながら旅をする.

降りて、付近の居酒屋や酒蔵を訪問しては呑む.

高知ではどこがあるだろうか.

土佐くろしお鉄道、ごめんなはり線である.

JR土讃線を後免で分かれ、終点奈半利まで42.7km、第三セクターの鉄道である.

真っ直ぐ行けば1時間だが、途中下車を繰り返して乗ってみよう.

 

2017年1月29日 最終版

 

1.吉川

 

(吉川)

 

後免を発車した1両の列車は、野市を出ると田園になり、吉川に着く.

最初の酒蔵、どぶろく工房香南がある.

右に畦道を歩けば約1kmである.

 

(どぶろく工房香南)

 

元はコンクリート工場で、鶏や山羊が遊んでいる.

だれも酒蔵とは思わないであろう.

ところが、ここで作るどぶろくは、3年連続、全国の優秀賞を受けている.

米、水、酵母など、徹底してこだわった結果である.

ごめん・なはり線では、このどぶろくを呑む列車が運行される.

500mL、2,500 円のものを買う.

しかし、あるじの探求心は留まることがないようで、今度750mLで4,500円のどぶろくを売り出した.

高級レストランのワインリストに載る価格帯である.

定評の「土佐鶴天平」を上回り、高知でもっとも高価な酒が現れた.

 

2.赤岡

 

(赤岡)

 

赤岡から海岸に出る.

高木酒造「豊の梅」は近い.

しらす(ちりめん)の直売所がある.

これを肴に岸壁で呑む.

高知で観光客に、「しらす丼」はどこで食べられるかと訊かれる.

あまりにも日常的なので答えに窮する.

スーパーやコンビニでご飯を買って温めてもらう.

そこにシラスをぶっかけて食べる.

なくなれば継ぎ足す.

100や200gはあっという間になくなる.

好みで醤油などもらっておいて、かけてもよい.

 

3.夜須

 

(夜須の海岸)

 

夜須には海水浴場があり、砂浜にはボードウォークがある.

ここは絶対ビールだろう.

インド料理店があり、テラスで生ビールとナンを摂ることもできる.

 

4.西分

 

(西分駅に入る)

 

夜須からトンネルを出ると、琴が浜に沿って7km走る.

ハイライトである.

西分のホームは海に面している.

聞こえるのは、波の音と松を渡る風の音だけである.

海に近い駅は北海道や東北にもあるが、寂しくて、海を楽しむ気になり難い.

四国にも他にあるが、傍を国道が通ってうるさい.

ごめん・なはり線でも、隣の和食(わじき)は列車交換の駅で、ホームが二本あり、さほど景色はよくない.

その先の赤野ではホームが山を向いている.

JR始め、ほとんどの全国の鉄道を乗ってきたが、西分が間違いなく、日本でもっとも海に近い駅と断言できる.

 

(西分のホーム)

 

ここで呑むのは何がよいだろうか.

ビールや酒でもよいが、ほとんど乗降客はないとはいえ、無人駅を独占しての酒盛りはよくない.

それなら下の砂浜に出ればよい.

ここはひとつシェリーはどうか.

高速で通過する快速列車など眺めながら舐める.

 

(松林を走る)

 

5.煙突

 

田舎で車窓から煙突が見えると、そこは造り酒屋である.

米を蒸すときに使うもので、酒蔵のシンボルである.

今では薪を使わないから、使われてはいないが.

 

(響灘)

 

西分駅を下ると、響灘の煙突が見える.

白い煉瓦で名を入れた、低いが凝った作りである.

いまは醸造をやっていないが、コンビニ的酒屋をやっているので、呑み鉄の酒を仕入れることができる.

 

(志ら菊)

 

一つ先、和食(わじき)駅からは北に仙頭酒造、「志ら菊」の煙突が見える.

 

(玉川)

 

さらに次の赤野からは、旧道にある有光酒造「玉川、安芸虎」の酒蔵が近い.

安芸に着けば、これも旧道に、菊水酒造「菊水」がある.

さらに安田まで行けば、一帯は酒の宝庫である.

町中には、南酒造「玉ノ井」の古いたたずまいが見られる.

冷用酒「南」が高知でよく呑まれている.

海岸には、高知一で全国銘柄「土佐鶴」の本拠がある.

ただし、主力工場は台地の上にあるので、「司牡丹」の佐川と違って、街中にはあまり酒の香がしない.

もう一駅、田野では、濱の鶴酒造「美丈夫」が、がんばっている.

 

(美丈夫)

 

6.奈半利

 

次駅、奈半利が終点である.

ホームは高架の3階で、1本の線路がぷっつりと終っている.

それぞれの蔵で買い求めた酒が重い.

 

 

 

同じ階にイタリアンがあるので、休んでゆこう.

パスタでワインをやり、鉄橋を渡って次の列車がやってくるのを待つ.

 

(奈半利駅で)

 

高知のI石灰会社では、このほどワインの醸造を始めた.

良質の石灰質の土地、シャブリに匹敵する完成を願いつつ、高知の飲み鉄の旅を終える.

 

関連記事リンク:高知のどぶろくと酒蔵

        特急グリーン車乗り放題で四国東部を回る

高知学トップページに戻る

 

(おわり)

 

2017年1月18日 | カテゴリー : 高知学 | 投稿者 : 河田 耕一

60 高知で魚グルメ.カツオ、ヨコワ、イシモチ、クエ、イワシ

およそ高知で食品を売るならば、カツオを扱わない店は、地域の存在として認められない.

刺身にせよ、たたきにせよ、短冊にせよ、切身にせよ、県民の主食に近い.

では、どのように高知県民は食べているのだろうか.

また、カツオ以外にはあるのだろうか.

獲る、買う、食べる、に対する県民の関わりはどうか.

高知の魚グルメを探ってみよう.

 

 

 

2017年1月14日 最終版

 

1.我家のメニュー

 

個人的ながら、我家から始める.

カツオのたたきであるが、ブロックを買って、食べる直前に焼く.

 

tatakiwoyaku

(カツオを焼く)

 

年末、いつもの魚屋に、予めカツオを頼んだら、入るか入らないかわからない、と言われた.

遠洋の冷凍でなく、近海ものだからそうなる.

わからないから予約というわけにもいかない.

しかし、そこはさすがに高知で、見事なブロックが手に入った.

個人の家では、藁焼きは難しいので、ガスの火で炙る.

電磁調理器では焼けないから、このためにガスにしている.

脂が滲み出て滴り、パチパチと線香花火のように弾ぜる.

 

kinmenohimono

(キンメダイの干物)

 

来客メニューの一つはキンメダイの干物である.

魚屋で真っ向唐竹割りに捌いてもらい、塩水につけた後、網の箱に入れて天日で干す.

見た目もきれいだが、ほっこりとした味で、酒もごはんも進む.

先日は家の中のコンロで焼いたので、翌日も部屋に炉端の香がした.

 

urumeiwasi

(ウルメイワシ)

 

近所の方から、「たくさん釣れたので」とイワシのお裾分けを頂戴した.

ムチムチ、ピカピカとしている.

スーパーでも売っていて、十分に新しい.

しかし、一本釣り(1本の糸に針を複数つけるサビキだが)の直送にはかなわない.

早速鮨にした.

 

2. ニベ

 

(西分漁港)

 

近くの漁港に行ってみた.

仲買と魚屋のご夫婦、地元スーパー主人の顔が見える.

これが今日並ぶのだろう.

見慣れない大きい魚が揚がっているので、訊くと「ニベ」との答えだった.

別名はイシモチで、耳石が大きいところから、そういうらしい.

また、「頼みをにべもなく断る」は、これに由来する.

ニベからつくる膠は強力だが、でないと縁が薄いということによるそうだ.

 

3.ヨコワ

 

(ヨコワ)

 

12月、地元スーパーの棚にはヨコワのブロックがずらりと並んだ.

高知では「ヨコ」と呼ぶ.

マグロは粘っこい、しかしハマチはあっさりし過ぎる.

その中間の舌触りで、どの魚よりも刺身が好きである.

漁師によれば、何年も獲れなかったが、今年は異常に獲れているという.

ただ、これはクロマグロの子供であり、漁はあまり好ましくないとされてはいるが.

 

4.クエ

 

(安芸の鮮魚店)

 

年末、安芸の鮮魚店に行ったら、クエが出ていた.

 

(クエとキンメダイ)

 

キンメダイも深海魚で高いが、クエは9,600円と破格の値段である.

正月、大人数で鍋や刺身などやるのだろう.

1月に行ったら、鍋用に切身を売っていた.

大きい魚だが、でれっとした身ではなく、ちりちりと締まった筋肉質である.

うまそうだが、やはり一盛り1,500円と高価である.

 

5.ボラ

 

(手結 黄堤防)

 

近くの手結港、黄色の灯台がある堤防は、穏やかな入江に面している.

釣果が多く、ファミリー恰好の釣場となっている.

鳥もファミリーの一員である.

一家で竿とお弁当を持ち、出かける.

近所の小学生S君は釣りが好きで、下の漁港に自転車で行く.

お母さんからは、二人で行くこと、ライフジャケットを必ずつけること、厳命されているらしい.

「小鮒釣りし」ではなく、「小鯵釣りし あの海」である.

 

(琴が浜)

 

夕方の海岸では、車を降りて釣竿を出す仕事帰りの人をよく見る.

浜に竿を立て、じっくり取り組むのもいるが、この人は手軽なイカ狙いらしい.

この少し沖では、この2,3日、ボラがよく跳ねている.

写真に撮ろうとするが、なかなか難しい.

望遠なので視野が狭く、どこで跳ねるか予測がつかない.

何回かやっている内に要領がわかってきた.

群れで一定の移動をしているようだ.

そのあたりに波が立つ.

そこを狙ってシャッターを押す.

能登の七尾湾のボラ待ち櫓は、その下の網の上に群れが来たところで引き揚げ、一網打尽にするのだそうだ.

 

(跳躍!)

 

なぜ跳ねるかは、わかっていないという.

群れで周囲が狭苦しくなって、脱出するのかもしれない.

勢いよく、かなりの距離を飛んでいる.

学校の水泳で飛び込みに失敗して、腹を打つのと同じで、岸までバシッという着水の音が聞こえてくる.

痛くないのだろうか.

ボラの味は水質によるそうだ.

下の堤防を根城にする釣師は、この辺りは水が良いので美味い、と言っていた.

ウチのお母さんは、ボラを捌きたくない.

つぶらな瞳で、鼻先が丸く、口も控えめである.

どことなく人の顔に似ている.

 

 

リンク:

魚を獲る、買う、食べる

室戸岬と室戸の魚

高知学トップページに戻る

 

(おわり)

 

2017年1月8日 | カテゴリー : 高知学 | 投稿者 : 河田 耕一

59 JR四国のバースデイ切符で四国西部を回る

JR四国の「バースデイ切符」.

誕生月の3日間、特急グリーン車乗り放題で10,280円、同伴者も同じ金額のお得な切符である.

12月が誕生月で、毎年利用する.

いつも、乗り回す体力勝負になっているので、ウチのお母さんは遠慮する.

土讃線土佐山田を朝出て西に宿毛へ.

宿毛から宇和島へバスに乗るが、これは切符の範囲外で別途支払い.

宇和島から松山、丸亀を経由し、夜に土佐山田へ戻る.

 

2017年7月28日 修正版

 

 

  1. 土讃線

 

%e5%b1%b1%e7%94%b0%e3%81%ae%e6%9c%9d

(土佐山田)

 

非電化の駅には架線が無く、冬の凛とした空が広い.

高知城が朝日を受けている.

しかし、北の山並には、厚い雪雲がかかる.

西に、土佐久礼は海岸である.

運転席のディスプレイには、「津波浸水区間」と表示されている.

ここから12km登る.

 

sakawoagaru

(久礼坂を登る)

 

登ったところは四万十川流域である.

窪川からは、土佐くろしお鉄道線となる.

長髪の運転士と、女性車掌に代わる.

先の川奥信号場で予土線と分岐し、ループ線となって1周して下り、信号場の真下に出てくる.

トンネル内の一定の曲率なので、ループを通っている実感はないが、運転席の前を見ているとかなりの急曲線である.

 

zuidouwoderu

(トンネルを出る)

 

出ると海岸である.

四万十川は、このループで降りてきた標高差によって、河口まで流れているわけである.

 

kaiganwomiorosu

(佐賀公園付近)

 

2.宿毛線

 

中村1037着   宿毛行普通列車1041発

 

特急は中村迄で、宿毛には乗り換える.

以前は、ほとんどの特急が宿毛迄運行されていたが、今は乗客減と経費節減で、上下併せて3本だけである.

しかし普通車両の窓は大きく、インテリアも明るい.

 

sukumosensyanaikaitei_edited-1

(普通列車宿毛行)

 

simantowowataru

(四万十川)

 

四万十川の長い橋梁を渡る.

 

3.宇和島へ

 

1037  宿毛着  1042 宇和島行バス発

 

「ミッシングリンク」という言葉がある.

もともとは、猿人と人類の間を繋ぐ化石が見つからないことを意味している.

しかし昨今では、もっぱら環状となるべき高速道路の未開通区間として使われる.

四国の鉄道ならば、東の甲浦から室戸を回って奈半利まで、西の宿毛から宇和島までが「ミッシング」である.

高速道路も似たような区間が「ミッシング」である.

高速道路のミッシングリンクは大いに叫ばれるが、鉄道のミッシングリンク解消の「悲願」は聞かれない.

 

sukumoeki

(宿毛駅前)

 

宇和島行バスの車内に、時折澄んだ鈴の音が聞こえる.

老婦人のお遍路さんのものである.

どのような発心かはわからないが、バス、鉄道を乗り継ぐのも、回数が多い訳ではないし大変である.

40番、観自在寺のお参りである.

自分の車でこの辺りは通っているが、町は大体バイパスである.

バスは律儀に旧道の町々を通るので、印象は大分異なる.

城辺など、バスターミナル、ビジネスホテルや長い商店街があって、意外に大きい町である.

ただ多くはシャッターを閉ざしているが.

近くの山は白い.

豊後水道から吹きつける西風が冷たいのだろう.

宇和島に近づくころ雨が降り出してきた.

1,800円を支払って降りる.

 

uwajimaeki

(宇和島駅)

 

4.松山へ

 

宇和島1228着 予讃線特急宇和海18号 1358発

 

uwajimaekikounai

(宇和島駅ホーム)

 

宇和島城へとも思っていたが、慌ててコンビニ傘を買うような降りである.

地元の料理は何回か食べているので、横丁の落ち着いたラーメン屋に入った.

松山との間の特急宇和海は、松山でも宇和島でも、すぐに折り返す効率的な運用である.

そのため、基地に戻らず、ホームに停車中に給油ができるようになっている.

 

mikanbatake

(法華津峠へ)

 

法華津峠に向けて登る.

一帯はみかん畑である.

大体は取り入れされているが、ところどころ電燈がついたように橙色の実が残る.

 

amenohatake

(雨上がり)

 

やがて雨は止み、雲だけが残る.

 

matuyamaekitokkyuu

(松山)

 

松山は高架化準備中で、車両基地、貨物ターミナルの移転工事が進められている.

乗換に便利なように、岡山行、宇和島行特急が、同じホームに付き合わせて停車する姿がなくなる日は遠くない.

 

5.予讃線

 

松山1628発 しおかぜ26号 丸亀1830 着

 

松山の改札で切符を見せると、駅員に「おめでとうございます」と言われた.

繁華街の大街道まで路面電車に乗る.

「坊っちゃん列車」に出会う.

乗務員は、吹きさらしだし、終点での人力による方向転換などハードな仕事である.

しかし、誇りを持ってやっている様子は、観光客にうれしい.

 

yuugatasetouti

(瀬戸の夕暮れ)

 

瀬戸内の島に冬の夕暮れの雲が広がる.

丸亀で土讃線に乗り換える.

 

marugametokkyuu

(電車特急しおかぜ)

 

駅前の猪熊玄一郎美術館のエントランスに明かりが点る.

 

marugameekimae

(丸亀駅前)

 

6.土讃線で帰る

 

丸亀1846発 南風21号  土佐山田2037着

 

土讃線は阿波池田を過ぎると山の中である.

窓外は真っ暗で、時折ぽつりと灯が見える.

他に誰もいない車室の中に、エンジンの音が絶え間なく高く低く響き、闇の中を右に左に曲がる.

この旅が行方知らずで、いつまでも続くような気持になる.

疲れたのかもしれない.

 

yamadanotuki

(土佐山田)

 

夜の駅は無人である.

切符を集めて回る車掌の向こうに月が見える.

 

関連記事リンク:

特急グリーン車乗り放題で四国東部を回る

鍋焼きラーメンの須崎が日本を支える

高知学トップページに戻る

 

(おわり)

 

 

2016年12月25日 | カテゴリー : 高知学 | 投稿者 : 河田 耕一

58 高知でジビエ料理.ハクビシン、シカ、イノシシ.肉はどこで買う?

毎年、県民の投票によって、高知でお勧めの料理店を選出する、「高知家グルメガイド」の催しがある.

結果はパンフレットになって、観光案内所などで配布される.

これまで、鰹たたきの店が、1位を続けて獲得していた.

ところが2016年では、高知市内のジビエレストラン、Nが県内1 位となった.

周辺の「選挙運動」があったのかもしれないが、高知イコール鰹たたき、の固定観念を破る快挙である.

女店主、Nさんは高知のジビエ料理の開拓者である.

シカといえばシカソーセージ、イノシシといえば猪鍋、といった、よくあるレシピではない.

ロースト、グリル、アヒージョなど、ワインが合う洗練された料理である.

身辺ではハクビシンも加わった.

 

 

2017年7月28日 修正版

 

1.ハクビシン

 

hakubisinwokinnjyodeedited-1

(近くの茂みで)

 

ハクビシンは、タヌキ位の大きさの小動物である.

日本固有の種ではないが、いつ渡来したのかは不明なので、特定外来動物ではない.

果実が好きで、ミカン畑を荒らす.

カキやイチジクなど、熟してきて、明日辺りが食べごろかと思う.

ところが、次の日はもうハクビシンにやられている.

味覚の鋭いグルメなのである.

自宅近くの林にもいるらしく、前の側溝を走っていた.

 

jibieparty

(ハクビシンパーティ)

 

町内の人が、落し罠で2匹を捕らえたというので、8人で自宅で焼肉パーティを行うことになった.

熟達の職人?が備長炭で焼く.

ベジタリアンで、グルメなハクビシンが不味かろうはずはない.

脂は少なく、ほろほろとした柔らかさで、コンビーフに似た食感である.

もちろん、けもの臭さなどない.

 

hakubisinsityuu

(ハクビシンのシチュー)

 

余った骨付き肉でシチューをつくった.

 

2.ジビエフェスタ

 

zibiehuesutakaijyou

(山の会場)

 

毎年秋、標高730m、大豊町の山の上にある「ゆとりすとパーク」でジビエフェスタが開かれる.

前記Nさんが始めに企画した催しである.

ジビエに関したいろいろな出店がある.

 

sisimaruyaki

(イノシシの丸焼き)

 

丸焼きは、焼いてさばくのが追い付かず、長蛇の列である.

ローストやグリルなど、買い求めてすぐ山を下りる人が多いようで、時間が経っていないのにもう売り切れである.

ジビエの人気は大変高いようだ.

ただ山の上で、風は強いし、日が陰ると寒い.

屋外のテントやテーブルではゆっくりできない.

そう言ってはなんだが、出店もよくある焼きそばやカレーが多く、B級的雰囲気である.

以前は室内で、シェフがその場でジビエを調理したり、輸入生ビールやワインがあって、A級的に落ち着いて食事が楽しめたのだが.

地元工房の肉を使った、山の民宿Mのシカ肉ミンチのペンネを食べた.

丁寧に料理されていた.

 

3.北海道のジビエ

 

秋に北海道、釧路から根室にかけて旅行した.

根釧原野、湿原を6日間歩いた.

ホテル、民宿で5泊したが、その間の夕食は次の内容である.

カニ、イクラ、ウニ、柳カレイ、宗八カレイ、ホッケ、ニシン、サンマ.

魚には食傷して、エゾシカも多いことだし、釧路でジビエ料理を探したが、見つからなかった.

 

ezosikanature

(エゾシカ)

 

釧路・根室近辺は、特にエゾシカと車の衝突事故が多く、年間500件に上るという.

高知では、土讃線の同じ特急が、続けて2度シカをはねる事故があった.

レンタカーを借りるとき、このプランでは、シカとぶつかっても車両保険は出ないと注意された.

危険個所を示す、エゾシカ衝突事故マップを渡された.

風連湖に行ったが、国道傍の草叢で2頭が草を食べていた.

ネイチャーセンターでは5頭に出会った.

所員の説明では、原生花園を荒らしていて、対策に追われているそうだ.

 

4.高知のジビエ

 

もし、高知で同じ5泊6日の旅行をするとして、夕食はどうなるだろうか.

1日目、鰹たたきは確実である.

2,3日目も寿司、生簀、貝類など魚で行けそうである.

4,5日目はどうか.

イタリアン、中華などもあるが、東京で食べられるものを、旅行に来て食べる気はしないだろう.

そこでジビエである.

高知観光の楽しみを広げてくれる.

 

5.ジビエの原材料

 

高知では、イノシシ、シカの農作、森林被害がひどく、年間ほぼ各2万頭が駆除されている.

しかし、それでもまだ自然減には至らない.

 

駆除された動物は、ほとんどその場に埋められる.

もったいない、食べては、という気もする.

しかし、我々が牛や豚をおいしく食べられるのは、一定の場所で、絶命後、瞬時に解体されるからである.

野生動物に対して、これを行うことは大変難しい.

銃砲にせよ、罠にせよ、止めをさした後、すぐに血管、気管を切断し、血を出す.

シカは、少なくとも1時間以内に処理する必要があるという.

大変手間がかかるし、そのような狩りの場所は限られる.

ジビエは極めて貴重な食材なのである.

 

inosikakoubou

(猪鹿工房O)

 

今回、大豊町、岩原の山にある猪鹿工房Oで1.5kgを買った.

 

関連記事リンク:

高知のジビエ.シカ、イノシシを食べる

高知で魚を獲る、買う、食べる

高知学トップページに戻る

 

(おわり)

 

2016年12月9日 | カテゴリー : 高知学 | 投稿者 : 河田 耕一

57 高知の山のドライブ:瓶ヶ森の霧氷、天狗高原の夜明け

四国を縦断して、背骨のように高い山が連なっている.

東には、徳島県の標高1,954mの剣山がある.

そこから西に、1,500mクラスの山が続く.

愛媛県の石鎚山は、西日本最高で1,982mである.

南は、石灰岩のカルスト台地である、1,485mの天狗高原である.

これらの山々が、各県の県境になっている.

石鎚山系の瓶ヶ森と天狗高原を訪ねてみよう.

山岳道路がある.

 

2017年4月23日 最終版

 

 

1.  瓶ヶ森

 

(町道 瓶ヶ森線)

 

高い山の多くは、頂上かなり近くまで自動車道がある.

石鎚山には、北側からはロープウエイがあり、南側からは「スカイライン」で登ることができる.

ただし鎖を伝って登るなど、修行、登山の覚悟が必要で、観光気分では行けない.

愛媛県は、その瀬戸内沿岸がほとんど工場地帯になっているので、大変富裕である.

従って、県道の石鎚スカイラインは2車線で整備されている.

一方、瓶ヶ森は1,896mでやや低いが、車道から見通しの良い笹原を通って、頂上まで1時間もかからない.

小学生でも容易である.

こちらは、高知県の領域で、石鎚に繋がる尾根を通る林道で行く.

林道は「いの町道」なので狭い.

しかし、広いと自然破壊は進む.

ときどき大きく崩れ、町が維持するだけでも大変である.

 

kamegamorimuhyou

(沿道の山々)

 

北面から稜線にかけて、枝葉は桜が咲いたように白い.

似た高さの、屋久島、宮之浦岳は海から尖って聳えている.

海岸から頂上には直線距離で15kmほどである.

石鎚も海岸から山頂まで、同じような距離で近い.

石鎚山系は、あたかも屋久島が連なったような壁になって、海に面している.

北風は壁に当たり、急上昇し、急冷される.

そこで木々に霧氷を咲かせることになる.

 

muhyounoki

(霧氷)

 

瓶ヶ森まで登るつもりであったが、ガスの中である.

翌日にして、1,450mにある山荘に早々と向かった.

珈琲を飲みに立寄っているツーリングの若者たちはいるが、宿泊は我々だけである.

部屋を用意していただき、炬燵で昼寝やら持ってきた本を読むやら、夕方になった.

山荘は吉野川の源流域にあり、ブナ林から滲み出る水はまことに清冽である.

食後、薪の燃える前で、喉に染み入る水を肴に、白ワインを1本空けてしまった.

 

makinoakari

(山荘の火)

 

山荘の管理者の娘さんは小学生だが、通学では、麓に車で30分送ってスクールバスに乗せる.

バスは30分かかって学校に着く.

帰りも同じで、1時間以上はかかる.

町道は12月から積雪で通行止めになる.

山荘も11月末で閉ざし、一家5人は下に降りる.

 

(なお、山荘しらさは改装のため、2019年4月まで休館中)

 

isidutinoasa

(朝の石鎚山)

 

翌朝は晴れて、石鎚と海岸の町が見える.

管理者一家に見送られて、瓶ヶ森に向かう.

気温が高まり、霧氷が滴り落ちる.

 

 

kamegamorisantyou

(瓶ヶ森山頂)

 

2.天狗高原

 

四国の山は石灰岩質のところが多い.

天狗高原は、侵食され、広大な土地に石灰岩が点々と露出するカルストになっている.

昔は焼畑農業が行われたが、現在は一面ススキの原になっている.

 

tengunosusuki

(天狗高原)

 

tengunomiti

(夕暮れのカルスト台地)

 

 

登るにはいくつかのルートがある.

一般的には、197号から2車線の東津野城川林道を通る.

地図などでは、国道、県道を通るルートが示されるが、こちらは逆に狭くて、屈曲が多い.

林道は、1969年に計画がつくられた、土佐清水から伊野北部に至る、延長188kmの幹線林道計画の一部なのである.

本来の伐採、運搬の用というより、観光路線になっている.

これより北にある小田池川林道も、同じように大規模だが、どこにも繋がっていないので交通量はゼロに近い.

繋がれば観光路線になる要素はあるのだが.

今回は梼原から、龍馬脱藩の道、韮ヶ峠に上がった.

高原の道は、尾根を緩やかなうねりで続いている.

春から夏は牛が放牧されるが、今は牛舎に戻っている.

 

tengusou

(宿舎の朝)

 

高原にはT荘がある.

山の上に旅館があるイメージで、格別変わってはいないが、夜には星の観察会がある.

高知市内から車で2時間程度、町営バスもあり、日帰りが十分可能である.

泊り客も多い.

山上の道は冬季閉鎖されるが、ここは年中の営業である.

ただ下から登る車道には、厳冬に積雪、凍結がある.

 

tengunoyuki

(橇遊び)

 

高知で雪遊びができるところはほとんどない.

ここには元スキー場の斜面があり、子どもたちがレンタル橇で遊ぶ.

上は結構急斜面で、速度が出てひっくり返ったり、ぶつかったりしているが、高知ではすべて自己責任である.

高原で泊まるには晴天に限る.

雨なら雲の中である.

秋の朝、日の出前5時半には、ほとんどの泊り客が表に出てくる.

朝日が昇る.

 

tengunoasahi

(高原の朝日)

 

低い谷間は雲海である.

tennguunkai

(麓を見下ろす)

 

関連記事リンク:

高知の雪国・梼原と脱藩の峠

楮佐古林道のダート道

高知学トップページに戻る

 

(おわり)

2016年11月19日 | カテゴリー : 高知学 | 投稿者 : 河田 耕一