13 高知の消えた山上の家々、廃校と生徒.仲木屋林道を探る

このエントリーをはてなブックマークに追加

高知には、消滅した、あるいは消滅しつつある集落があちこちにある.

そこには昔学校もあった.

どのような人たちが住んでいたのか.

どのような子どもがいたのか.

どのような思いでいたのか.

林道でのトラブルに注意しながら、高知の廃村、廃校を訪ねてみよう.

 

(2017年4月2日 修正版)

 

 

1.   仲木屋

 

tyoujyamori

(中央の尖った山が長者ヶ森)

 

住んでいる町から北を見ると、頂上にアンテナのある、標高722mの長者ヶ森が見える.

昔、頂上近くに仲木屋の集落があり、小学校の分校もあった.

消滅したのは昭和36年であり、町内でもその名を知る人は少なくなっている.

しかし郵便番号だけは、781-5616として存在している.

なぜこのような山頂に集落があったのか.

炭を焼いていたからである.

行くには、狭い県道から分かれて林道に入る.

ダート道で、泥濘の場所もある.

しかし、昔は車道はなく、運搬や買い物はもちろん、郵便配達も登山であった.

 

nakakiyakara

(海が見える)

 

集落から、遠くに町の明かりが見えたであろう.

昔は町に映画館が三つあったという.

「里のお土産になにもろた.でんでん太鼓に笙の笛」の世界である.

 

2.分校

 

仲木屋分校は、非公式の「教育所」を前身に、明治41年に開設され、当時十数人の児童が学んだ.

廃校となったのは昭和36年で、そのときは児童一人、教員一人であった.

林道に分校跡を示す小さな碑がある.

100m下ということだが、木々が茂ってとてもわからない.

大原一宏さんという、廃校になった高知の学校を探索している方がいる.

その人によれば、林道よりかなり下で、旗竿を挿す石、「日露戦捷」の文字を刻んだ石が残っているそうだ.

集落を去るとき、多くは跡地に杉、桧の苗木を植えてゆくので、それが育つと石垣くらいしか残らない.

家々の跡は簡単にはわからない.

このような会話があったかもしれない.

「父ちゃん、今度羽尾の本校で運動会があるやろ.

けど僕ら、はだしやからいつも負けるねん.運動靴買うて」

「わかった.いま金ないんや.

けんど、この焼いてる炭が売れたら、徳本の店で買うてきちゃる」

 

sotsugyo091

 

3.  奈比賀

 

以前、安芸市の今は廃校になった奈比賀小学校が見えるところでスケッチをした.

秋晴れの日で運動会をやっている.

万国旗が張り巡らされ、マーチがかかって、浮き立つ雰囲気である.

アナウンスが聞こえてくる.

「ゆうと君、がんばって!」

盛んな声援でひとしきり賑わい、次のプログラムに移る.

「ゆうと君、がんばって!」

プログラムが進行しても、個人名は「ゆうと君」しか出てこない.

どうやら本校の生徒は「ゆうと君」一人で、あとの人たちは友情出演?の他校の生徒と地元の人々らしい.

 

nabika

(廃校になった奈比賀小学校)

 

しばらく振りに寄ってみた.

今は地域の施設として使われているが、入口から覗くと、生徒の書いた習字や絵が並んで掲げてある.

なかなか上手である.

感心しているうちに気が付いたのだが、作者は各学年とも、すべてH君とTさんである.

この二人が最後の生徒だったらしい.

 

4.   林道を行く

 

長者ヶ森の山頂からの眺めは良い.

冬など、北に1,900m近い三嶺の雪を頂いた山並みが連なり、アルプスのようである.

高知の山は、南国のイメージと違って、高くて雪も多い.

強い風の吹いた翌日に行ったところ、林道には吹き払われた枝がたくさん落ちていた.

車が引っかけてガラガラ音がしたが、外れるだろうとそのまま走った.

やがて音はしなくなって頂上に着いたが、充電警告灯が点灯した.

これはやばい!

エンジンを止めず、早々に引き返すことにした.

暗くなりつつあったが、ライトを点けずに山を下る.

1時間半はかかる.

 

nakakiyamori

(伐採地)

 

山道では、1台の車にも出会わない.

下りに下って何とか平地に出た.

町に入ったところで、すべての警告灯が点灯した.

国道に入り、ついにエンジンが止まった.

あと1キロなのだが.

車を買った店の傍だが、あいにくと日曜で明かりもついていない.

このまま置いて明日来るか.

道端に止めて思案したが、再度キーを捻るとエンジンがかかって、最徐行で何とか家にたどり着いた.

翌日店に持って行った.

「ベルトがずたずたに切れている」

これでは発電機も水ポンプも動かない.

700mの標高差を下るだけであったから、電気も出力も使わなかったのであろう.

携帯も圏外、歩けば人里に出るには何時間かかかったことだろう.

なお、高知の道では落石の角が尖っている.

タイヤの側面を切り裂いたことがある.

ディーラーは、簡易なパンク修理缶でなく、スペアタイヤを備えるよう勧めている.

 

pank094

仲木屋林道は畑山に向かって伸ばす計画だが、工事は途中で放置されている.

崖は崩れ、道の真ん中に松が育っている.

 

hatayamamiti

(仲木屋から畑山への道)

 

関連記事リンク:伊尾木川を46km遡る

雨の日は通れない大鶴津、小鶴津

高知学トップページに戻る

 

(おわり)

 

2015年3月27日 | カテゴリー : 高知学 | 投稿者 : 河田 耕一