64 森林鉄道から高知の山を探索する

このエントリーをはてなブックマークに追加

峠に上がって、高知の山を見渡すと、見渡す限りのスギとヒノキである.

壮観である.

急傾斜の山腹を埋め尽くす植林をした人々の苦労に頭が下がる.

なぜこのような森林になっているのだろう.

いま森は、われわれにどう関わっているのだろう.

そして、これからどうなってゆくのだろう.

 

2017年3月9日 最終版

 

 

 

1.森の変遷

 

1.1 1960年頃まで

 

高知の森林では、江戸時代から、管理された天然木の伐採が行われてきた.

明治、昭和もそれを引き継ぎ、面積の65%が国有林であった.

輸送のため、森林鉄道が建設される.

トロッコ的な簡易な鉄道で、線路の幅も狭い.

多くは1日1-2往復で、多くても数回程度であった.

高知の木材産出量は、官民併せ年間約23万トンと推定される.

 

(小田深山森林鉄道跡、ここから麓まで下る)

 

小規模な森林鉄道では、朝、山上から、丸太を積んだトロッコに一人づつ跨り、次々に発車、手綱でブレーキをかけつつ麓に運ぶ.

下り勾配だから、動力は要らない.

午後、トロッコを連結してガソリン機関車が引き上げる.

小田深山森林鉄道では、その高低差がよくわかる.

 

 

距離が長く、輸送量も多い魚梁瀬森林鉄道などでは、往復とも機関車が牽いていた.

天然木の伐採跡には植林がなされ、丁寧にメンテナンスされた.

 

(魚梁瀬森林鉄道の鉄橋)

 

また、高知は薪炭王国であった.

雑木林がその資源である.

ご飯も風呂も薪、料理や暖房は炭の時代で、消費地の大阪に近いからである.

木炭の生産量は、年間14万トンであった.

薪ははっきりしないが、同程度以上と思われる.

 

2)1960年以降

 

高度成長期となり、木材需要は2割、3割と増加する.

か細い2本のレールに頼っていては間に合わない.

各地で森林鉄道が撤去され、トラックに転換、林道を建設し、奥へ奥へと伐採が進む.

次第に天然木は枯渇する.

植林はされるが、その成長には50年かかる.

一方燃料は、輸入される石油、ガスに代わってゆく.

薪炭の生産は激減する.

 

(木炭の生産.現在は年間1,000トン程度)

 

そこに新たに見出された用途が、パルプの原料である.

薪炭用途に代わって、雑木林が伐採される.

当時、全国どこの駅でも、雑木や砕いたチップを満載した貨車が多数見られた.

では、雑木を伐採した跡地をどうするか.

需要の増加と価格の高騰を想定した、スギ、ヒノキの植林である.

人工林は爆発的な拡大を続けた.

 

3.1970年以降

 

これは止むを得ない方策ではあったが、今から見ると過大な投資であった.

住宅では、1960年代に、コンクリートの団地、鉄骨プレハブの住宅が現れている.

着工件数も、1970年より伸びが止まる.

輸入が増加し、建築材、合板とも外材が中心になる.

結果として、木材価格は1980年をピークに下落を続け、1/2から1/4にまで下がる.

森林を手入れしても、見合う収入が期待できない.

山は放置される.

 

(現在の森林)

 

4.現在

 

人工林は本来、間引いて成育の良い樹木を残してゆく.

間引きがされないので密生し、幹は細く、中は暗い.

日光が入らないので、草も生えず、豪雨では土が流される.

ただ、トータルの生育量は、この状態でも変わらない.

 

(スイングヤーダ)

 

林業というと、「ヘイヘイホー」の世界を思い浮かべる.

しかしいまは、重機を駆使し、建設現場と変わりない.

伐採された木を、スイングヤーダのロープで牽き上げる.

どれくらいの年数のものか、オペレータに訊いた.

40年生の太さだが、間伐がされていないので、もう少し経っていると思う、との答えである.

この後、プロセッサと呼ばれる機械で処理する.

あっという間に枝を払い、自動的に所定の長さに切り揃える.

先端の工具部分で1,000万円するそうだ.

見たいが、そうそう出動するものでもない.

ユーチューブで、動画を見ることができる.

 

(丸太を運ぶトレーラー.2両連結の車もある)

 

最近、少しづつ木材需要は増加している.

貯木場の材木は増えているし、国道では、丸太を山積みしたトレーラーをよく見る.

 

(大豊町の製材工場、手前は乾燥炉)

 

高知の森林の蓄積量は、1億8千万立方米である.

年2%の成長(50年で一人前)とされるので、年に360万立方米、重量にすると144万トンである.

一日4千トン、1時間167トン、こうしている間にも、休みなく木々は育っている.

これは鉄鋼なら、住友金属小倉製鉄所クラスの「操業」を行っていることになる.

現在の伐採量は年25万トンで、森林鉄道時代とそう変わらない.

山ではまだまだ貯金が積みあがっている.

ただし、森林鉄道時代と決定的に違うのは、太さである.

森林鉄道は、それこそ二抱え、三抱えの巨木も積んでいた.

天然木だから、曲がりもゆがみもある.

今は径は小さいが曲がりがない、言ってみれば山がつくる規格化された量産品である.

カイワレを連想させる.

 

(伐採地.物部)

 

安芸市から馬路村に抜ける林道沿いに、「文化財資源備蓄林」がある.

文化財の修復に使うことを目的にしている.

1912年に植えられたので、100年経っているから、役立つだろう.

あと100年すれば相当の巨木になると思われる.

 

(文化財資源備蓄林)

 

新しいステージに入っている高知の山林、今後どうなるのか、いずれ探ってみよう.

 

関連記事リンク:世界遺産?驚愕の植林地

        森林鉄道で残るレールを発掘

高知学トップページに戻る

 

(おわり)

 

 

2017年2月26日 | カテゴリー : 高知学 | 投稿者 : 河田 耕一