46 須崎の鍋焼きラーメン、23kmの石灰石コンベヤが日本を支える

このエントリーをはてなブックマークに追加

高知から西へ特急で40分、鍋焼きラーメンの須崎に到着する.

普通列車でも1時間余りだから、高知市の通勤、通学圏の西端になる.

高知市は城下町だが、須崎は産業の町である.

工業、林業、漁業、各々の基地になっている.

また、湾は外洋から遮られ、良港である.

それだけに津波の心配はあるのだが.

幕末には、日英軍艦が湾内に入り、後藤象二郎が、英公使と船上で談判を行った.

その際、英外交官、アーネスト・サトウは、後藤を西郷隆盛に次ぐ人物と評価している.

2017年3月31日 修正版

 

1.石灰石

 

susakizenkei

(須崎湾)

 

須崎の北に、年間1,345万トンを産出する、日本最大の石灰石鉱山、鳥形山がある.

赤道直下の珊瑚礁が、2億年かけて北上してできた石灰岩である.

海からすぐ上がっているので、純度が極めて高い.

鉄鉱石をコークスで熱し、鉄をつくる高炉では、還元材として石灰石が必要である.

新日鉄が採掘を行い、大部分は千葉の君津製鉄所に送られるが、一部は海外に搬出されている.

採掘の結果、山頂は平らになり、60km離れた我が家からもよく見える.

それでもまだ、100年を優に超える埋蔵量があるという.

 

susakikonbeya

(石灰石のコンベヤ)

 

採掘された石灰石は、山上を180トンダンプで運び、立坑に落とされる.

ダンプは、車上のディーゼルエンジンで発電し、その電気で車輪のモータを回す、鉄道の機関車と同じ方式である.

出力1,887馬力は、北海道のJR貨物で使われている、大型機関車のエンジンに等しい.

 

須崎港まで23km、24時間運転のコンベヤで運ばれる.

時速18km、輸送量毎分40 トンである.

ほとんどトンネルであるが、谷では地上に顔を出す.

全長が1本ではなく、9区間に分かれている.

鳥形山は標高1,200mであるから、平均勾配は52/1000と急である.

そのため、一部ではモータで駆動するのではなく、逆に発電機をつけ、電力回生制動を行っている.

 

susakisekkai

(石灰石の搬出)

 

コンベヤの終点、須崎港で船に積む.

かつて新日鉄は「鉄は国家なり」と豪語した.

鉄鉱石と石炭は輸入だが、石灰石はここにある.

須崎が国家を支えている.

 

susakisementohune

(セメントの搬出)

 

石灰石はセメントの原料でもある.

大きなセメント工場がある.

以前は鉄道の専用線で、付近の石灰石を運搬していた.

今は搬入、搬出とも船によっている.

 

⒉ 野見湾

 

nomiwannyousyoku

(野見の漁村)

 

湾の西側は、沈降によって複雑に海岸線が入り組んだ入江になっている.

あちこちで鯛の養殖が行われている.

屈曲した入江のところどころにある漁村を、一日6回の市営バスが結んでいる.

なかなか頻繁で、漁村が「盛業中」であることがわかる.

橋がかかっている、先端の中ノ島まで行くことができる.

 

nomiwan

(中央左が中ノ島)

 

入江の外は外洋である.

 

susakigansyou

(左遠くに一子碆)

 

沖合はるかに小さな岩礁と、鉛筆のように細い灯台が見えている.

沈降に取り残されて、外洋にぽつんと頭を出す一子碆(いしがばえ)である.

あまりにも小さいので、太い灯台は建てられないのだろう.

 

3.須崎の街

 

多くの街は次の経過をたどる.

1)古い街道に沿って、商店、役場、郵便局、銀行が並ぶ

2)バイパスができ、車が前提の、スーパー、ドラッグストア、ファミレスが並ぶ

3)高速道路が通じ、広範囲に集客する全国規模大型店が町外れにできる

欧州も同じで、旧市街と新市街に分かれ、さらにその外側に大型店、移民の地区ができている

観光で歩くのは、もっぱら旧市街である.

 

susakisyoutenngai

(須崎の商店街)

 

須崎も同様である.

バイパスの国道、高速を通っていると、「旧市街」の存在は認識されない.

商店街に人通りは少ないが、今でも一通りの店がそろっている.

服飾店も4軒あるそうだ.

古い旅館があり、横に入るとこれも古い醤油の醸造所がある.

 

susakiyasiki

(黒漆喰の商家)

 

角には立派な商家がある.

株価を書き入れる銘柄ボードがあるので、証券取引の場であったらしい.

須崎の財力が偲ばれるというものである.

地下室まで備えた大きい金庫室がある.

今はギャラリーや地域活動の拠点になっている.

 

susakieki2

(須崎駅)

 

駅は旧道の傍である.

昔、高松からの夜行列車や急行は、須崎が折り返し点になっていた.

そのため、停車中に各客車に給水する設備やホースが、線路の間に点在していた.

産業の町の乗降客は多かったのである.

 

susakisakanaya

(魚屋)

 

町の魚屋を覗く.

県東部と比べると、何かしら色の鮮やかな魚が多い.

それだけ「南洋」に近いのだろうか.

 

nabeyakirahmen

(鍋焼きラーメン)

 

須崎は鍋焼きラーメンが名物である.

代表する店は、何でもない裏通りにある.

鍋焼きうどんをただラーメンに替えただけ、といった安易な発想と思われ勝ちだが、そうではない.

鶏ガラのだしが濃い和風で、卵を落とし、熱い土鍋で供される.

どこにもない味で、鍋焼きラーメンは全国に通用すると思うが、今のところローカルである.

熱いので食べるには時間がかかり、お客の回転率が悪いのかもしれないが.

 

関連記事リンク:仁淀川の伊野、酒の佐川

        スイッチバックの秘境駅とかつ丼

高知学トップページに戻る

 

(おわり)

 

 

2016年6月29日 | カテゴリー : 高知学 | 投稿者 : 河田 耕一