29  盛んであった高知の生糸産業.今はどうなっている?

このエントリーをはてなブックマークに追加

明治では、生糸は日本の輸出の50-70%を占める、最重要な産業であった.

高知でも大変盛んであり、繭から生糸をつくる、いくつかの大きい工場があった.

蚕は農家で飼われるが、ひたすら桑の葉を食べて、やがて繭をつくる.

1匹の蚕は、1,500mの糸を吐き出す.

糸は織られて絹となり、着物となる.

ナイロンの出現まで、絹は女性のストッキングの材料でもあり、世界中で使われた.

高知の農家を支えた蚕はどうなっているのか、元の産地を訪ねてみよう.

 

2017年3月29日 修正版

 

 

1.集落群

 

(黒森山と稲村)

 

1/25,000地形図を眺めると、高知の中北部、仁淀川流域の山間部には、特別な集落群が形成されていることに気付く.

標高の高み、山の中腹のあちこちに集落が点在している.

一か所にかたまっているのではない.

仁淀川は断崖が連続しているので、川岸に道や集落をつくることは困難である.

したがって山に上がることにはなる.

傾斜が多少緩いところにつくられているが、ここまで高いところでなくても、という気がする.

ここまで散らばらなくても、とも思う.

互いの集落を往き来することも大変なのである.

何を仕事としてきたのだろうか.

下から眺めると、標高1,017mの黒森山中腹に、そのような集落の一つ、鎌井田が見えた.

桑畑をつくり、養蚕を仕事としてきたのである.

 

⒉.蚕から繭へ

 

麓の越知に蚕糸資料館がある.

 

otisiryoukan

(越知の資料館)

 

 kaikoprocess

(蚕の発育:奈半利資料館)

 

蚕は桑の葉しか食べない.

小学校のとき、夏休みに蚕を飼ったことがあった.

朝昼夕、絶えず葉を取ってこなくてはならない.

最近まで、国土地理院の地形図には、桑畑を示す記号があった.

生糸が重要であった時代、高知はもちろん、日本全土に桑畑が広がっていたのである.

 

kaikokau

(蚕を育てる農家:越知資料館)

 

蚕は4回脱皮を繰り返し、孵化後25日で繭をつくり始め、3日で完成させる.

生き物だから、病気もあるし、発育不良もある.

立派な繭ができたときには、牡丹餅をつくってお祝いをしたという.

「お蚕さま」は生活を成り立たせる、神から授かった生き物であった.

出来た繭は籠に入れ、背負って山道を工場に運ぶ.

 

3.山上の集落

 

(鎌井田清助)

 

桑は、水田や畑作が困難な、高知の急傾斜の山地に適している.

また、養蚕は個人的な仕事であり、共同作業を必要としない.

家々が孤立していてもよいのである.

 

4.   高知の絹産業

 

yayoi188

 

生糸と絹は弥生時代からつくられてきた.

江戸時代、すでに生糸は輸出商品になっていた.

しかし、当時は家内生産で、品質、数量が安定しなかった.

明治新政府は、有力な財源として生糸に着目した.

当時技術の中心であったフランスのリヨンからお雇い外国人を招き、明治5年に官営富岡製糸場を設立した.

翌年、岩崎弥太郎が同様の試みを行っているが、成功には至らなかったという.

高知では、近代養蚕発祥の地は土佐山田である.

明治10年に桑園伝習所が設けられ、技術の向上を目指した.

これを引き継いで、同地に蚕業試験所がつくられているが、現在は閉鎖されている.

 

sangyosikennsyo

(土佐山田の元蚕業試験所)

 

明治30年に越知、明治34年には、現在の高知工科大学に近い、片地に製糸工場がつくられた.

奈半利の藤村製糸は大正6年の創業であるが、2009年当時、その工場はそのまま残っていた.

清掃が行き届き、作業の標語や、250人いた従業員の名札もそのままである.

いまは昼休みであり、電気を入れればすぐ動き出すようにも思われた.

案内してくれた先代の社長に、保存してゆくのか訊ねたが、「富岡があるしね」ということであった.

 

hujimurakikai

(藤村製糸工場、2009年撮影)

 

その頃、ブラジルに工場があり、某有名スカーフの絹もつくっていた.

現在はすべて操業を止めているが、跡地に資料館があり、機械の一部が保存されている.

 

5.蚕業の現在

 

生糸、絹の生産は1980年代に著しく縮小したが、いまなお関東を中心に生産が残っている.

他地方でも、地域おこしで進めている町村もある.

農林省生物資源研究所、各地の試験所、メーカでは研究が続けられている.

長野では、別の個体である薄緑の山繭がつくられている.

クヌギなどの葉を食べるので、ハウス内の樹木で育成されている.

高知ではアート、趣味で蚕を育て、絹をつくっている人たちがいる.

業としての養蚕は、ただ1軒だけ残っているらしい.

繭というと、親指大の白い塊を思い浮かべるが、明治以前では小指大であった.

大きくなったのは、機械化、生産性向上のための品種改良の結果である.

しかし、繭が小さいほど糸は細く、繊細ではある.

昔の品種の代表は「小石丸」であるが、今は皇居と資源研究所のみに残っているという.

皇居では、皇后陛下が加わられて蚕が育てられている.

いま「新小石丸」など、DNA操作によって蚕の新品種が生まれているようだ.

人工飼料の入った、「養蚕体験セット」も売られている.

 

関連記事リンク:越知、山の天空の郷

        池川、カイコと大規模林道

高知学トップページに戻る

 

(おわり)

 

2015年11月14日 | カテゴリー : 高知学 | 投稿者 : 河田 耕一