-番外編- おはなし:「島のイノシシ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

(2016年1月6日 イノシシから聞いたおはなしです)

 

1.はじまり

 

ino1185

 

海にちかいある山に、イノシシの一家がすんでいました.

お父さんとお母さん、そして子どものイノ太郎とイノ子です.

ある日お父さんがいいました.

「なみがしずかになったら、みんなでずっとむこうにみえる島に、およいでいってうつりすもうとおもう.

よあけまえにでれば、ゆうがたにはつけるだろう」

みんなびっくりしました.

「え~.なんで?」

「いやだ、そんなの.

いっぱいいるともだちとわかれるなんて」

「べつにいま、たべものがなくてこまっているわけではないでしょう.

そういえばだいぶまえ、おじさんとおばさんが、そんなことをはなしておよぎだしたが、どうなったかしら.

そのごなんにもれんらくがないわ」

 

⒉.イノシシ父さんの話

ino2186

「イノシシとヒトは、ずっとずっとずっとむかしから、おたがいにちかくでせいかつしてきた.

つちの中から、むかしのヒトがつくったイノシシのおもちゃがでてきたそうだ.

ところが、さいきんヒトは私たちのたべものになる、くりやどんぐりの木をきりたおして、実がたべられないすぎやひのきをうえた.

そうするとわれわれはたべものがなくなって、ヒトの家のそばのやさいやおいもまでたべることになってしまう.

やがてヒトは、われわれをやっつけることしかかんがえなくなった.

でもヒトは気がついて、暗い森ではなく、明るい森が山くずれをふせいで、じぶんたちのせいかつをまもるのだとおもいはじめている.

ヒトもかわろうとしているが、われわれイノシシも、あらそいのないようにすむところを広げなくてはならない.

にげだすのではない.

いまのイノシシがしらない、あたらしいとちをさがすのだ.

いちにちおよぎつづけるのはたいへんだ.

でもだれかがやらなければならない」

 

3.海へ

 

inisisiumi189

 

その日がやってきました.

お日さまがかおを出すまえ、みんなは海にはいりました.

「つめたいよう!」

子どもたちはひめいをあげました.

「さいしょはつめたいが、われわれの毛はあぶらがあって水をはじくから、すぐなれるよ」

そのとおり、しだいにリズムにのって、四本の足がうごきます.

お日さまがまうえをすぎるころ、島がだいぶ大きくみえるようになりました.

そのときいへんがおきたのです.

いくらいっしょうけんめいに足をうごかしてもすすみません.

おもっていたよりながれのはげしいところがあったのです.

すこしでもちからをゆるめると、島とちがうほうこうにながされてしまいます.

「足がうごかないよ~」

「あたまがあがらない~」

こどもたちは、とうとうお父さんにしがみついてしまいました.

いくら力のつよいお父さんでも、たいへんです.

うっぷ.

波がくるともぐってしまいます.

 

4. たすけ

inosisikiki193

 

そこによってきたのが、クエ、グレ、イシダイの魚たちでした.

「イノシシくん.きみたちはなにをしているのかね」

「あ、あそこのしまに行きたいのですが、ご、ごらんのとおりで」

「そうか.それならこどもたちは、わたしたちがたすけてあげよう」

なにしろ、たいちょう1メートルいじょうで、きんにくもりもりの魚たちですから、イノシシの子どもなどかるいものです.

「さあ、つかまりなさい」

つかまらせてひっぱったり、下からおしあげてくれました.

おかげでながれの急なところをだっしゅつできました.

島のすなはまがみえてきました.

「もうだいじょうぶだ.ゆきなさい」

「ほんとうにありがとうございました.なんとおれいをもうしあげてよいやら」

イノシシの父さんも、母さんも、子どもたちも、心からおれいをのべたのでした.

こうしてイノシシのかぞくは島にじょうりくしました.

「ここはいいところだ.くりも、どんぐりも、やまいももおおい」

みんなとびあがってよろこんだのです.

イノシシはその場で2メートルはとびあがれるのです.

 

5.母さんイノシシのしんぱい

inutosisi197

そのとき母さんイノシシがいいました.

「でも、われわれがいいとおもう島には、ヒトもいいとおもってやってくるのではないかしら」

父さんイノシシは、あさでてきた山のほうをじっと見ていいました.

「むこうではヒトもすくなくなっているし、子どももいない.

まずやってくることはないだろう.

でもなにかのりゆうで、この島をりようしようとするかもしれない.

そのときはわれわれがじゃまになる.

てっぽうをもったヒトが、イヌをつれてやってくる.

イヌはわれわれをほえたてておいだそうとする.

そのときあわててにげだすとうたれてしまう.

そんなときは、にげずにイヌをじっとにらんで、よってゆくのだ.

そうするとイヌのほうがびっくりしてにげだす.

でも、なかにはとびかかってくるイヌもいる.

そんなときはキバでやっつけるしかない.

ないとはおもうが、子どもたちにもおしえておかなければ」

 

6.みんなのゆめ

父さんイノシシがいいました.

「みんなつかれただろう.

こんやはこの草の上でねよう.

あしたから、つちをほって木の実をうずめたり、どろのおふろをつくったりで、いそがしいからね」

みんな、こんなことをかんがえながら、ねむりました.

 

inosisiyume

 

父さんイノシシは

「さかなくんには、ほんとうにおせわになった.

どうおれいをしたものか.

そうだ、なかまがときどきつりあげられる、とはなしていた.

もしそんなことがあったら、つっているヒトを、うしろから、はなでつっついてやろう.

そうするとびっくりして、ちからをゆるめるだろうから、そのすきににげることができる.」

母さんイノシシは

「おじさん、おばさんはこのしまにおよいでこなかったようね.

もしここにきていれば、すぐにあいにくるだろうから.

でもべつのしまにいるなら、においがつたわってくるでしょう.

わたしたちのにおいも、べつのしまにすぐつたわるでしょう.」

イノシシはにおいで、たがいにつうしんするのです.

イノ太郎は

「きょうはたいへんだったが、おもしろかった.

ヒトのこどもも海をおよぐのかなあ.

でもまるいものにのっていたから、らくそうだ.

空に光るあそこにゆこうとするかなあ.

でもそれはたいへんだ.

とびあがってもすぐおちるからね」

イノ子は

「こまっているときには、たすけてあげなくてはね.

このあいだ、ヒトのおばあさんが、はたけでおいもをほっていた.

こしをまげたり、たいへんそうだった.

ほりかえすのを、たすけてあげたらよかった.

そうしたら、もしかして、おいしいおいもを、すこしわけてもらえたかもしれないね.」

 

なみはしずかに音をたて、そらには月がひかっていました.

 

(おわり)

 

2015年10月27日 | カテゴリー : 高知学 | 投稿者 : 河田 耕一