27 高知の離島、沖ノ島と鵜来島.だれが住む?何ができる?

このエントリーをはてなブックマークに追加

高知にも離島がある.

西南端の沖ノ島と鵜来島である.

磯釣りで知られている.

宿毛から市営定期船が朝夕2便あり、約1時間で着く.

沖ノ島の母島、弘瀬の二つの港と鵜来島を巡る.

海が荒れた時は欠航になるが、昔と違って2,3日も続くことはないそうだ.

行きは白波が立っていて左右に揺れたが、荒れた道路を通るようなものである.

無重力状態で奈落の底に落ちるようなひどい揺れではない.

 

2017年3月26日 修正版

 

 

1. 定期船

 

sukumosiei

(宿毛片島港.右は80トン・アルミ合金の定期船、左は瀬渡し船)

 

市営定期船は離島の生命線である.

食料その他生活物資のすべてを運んでいる.

フェリーではないが、修理や車検に出す軽自動車も運ぶ.

 

simamittu

(左が沖ノ島、中は姫島、右は鵜来島)

 

沖ノ島がもっとも大きく、かつては500人以上の住民がいたが、今は150人ほどである.

鵜来島は約20人である.

四国西部の豊後水道に面した地域は、沈降と浸食で複雑な地形になっていて、半島や島嶼が多い.

その中で高知のこれらの島は最南端になり、太平洋に向かっている.

他にも姫島、蒲葵島などがあるが、断崖で囲まれ、小さくて水も得難いので無人島である.

さらに小さく、波に耐えて辛うじて残った、硬い岩盤からなる岩礁があちこちにある.

 

⒉ 沖ノ島 母島

 

mosiomazenkei

(沖ノ島 母島)

 

母島がもっとも大きい集落である.

何軒かある旅館の一つに泊まった.

夕食では、同席の客の釣果である、サバの刺身のお裾分けをいただいた.

夕暮れの港での生ビールはうまい.ジョッキを重ねた.

丁度秋祭りの日で、島を出た人や親戚も来て賑わっている.

神輿も出て、それぞれの船に祈願をする.

離れる人はテープで見送ってくれる.

 

moshimastart

(出航する定期船)

 

mosimakaidan

(母島から見た姫島)

 

母島からはいくつかの島が見える.

姫島が大きく、海面に女性が横たわったように見えるので、そう名付けられている.

手前は三ノ瀬島で、右の西洋の古城が海に沈んだように見えるのは水島である.

 

3.瀬渡し

 

これらの島や各地の岩礁は大物の磯釣りで知られる.

南からの黒潮がまず日本に当たるのがこの地である.

潮流に乗って遊弋してくる魚は多い.

しかも岩場は深い海底から塔のように突き出ている.

深みにすぐ糸を落とすことができる.

宿には1.26m、35kGのクエ、70cm、8.6kGのイシダイの魚拓があった.

20-25cmの小魚はリリースするよう、港に掲示してある.

 

(母島の夕)

 

釣り船というと、老練の船頭が小舟を操って、などと連想するが、今の瀬渡し船はそんなものではない.

40人ほど乗れるクルーザーで、中には1,000馬力級エンジン2基を備えた船もある.

舳先にタイヤが三つ重ねて付けられていて、そこを岩礁に押し当て、釣客は船首から岩場に乗り移る.

同じ岩礁に集中しては混乱するので、12隻ある船には日ごとに瀬が割りあてられている.

さらに一つの岩礁でも混雑を避けるため、下船前に釣客同士が自主的に場所を決める.

夜明け前、目覚めると何隻かいた船は、いつのまにか離れていた.

大馬力船ながら静かなもので、昔のように漁船のポンポンという音がするわけではない.

沖を見ると、岩場を照らして釣客を乗り移らせる船の明るいライトがいくつも見える.

 

mosimanokaidan

(家々をつなぐ石段)

 

沖ノ島には2人の小学生と、5人の保育園児がいる.

この子たちが残り、伴侶を島外から連れて来れば、14人の人口は確保されるが.

当然ながらお年寄りが多い.

しかし、瀬渡し、接客を業とする若い人もいるし、島外から来て別荘風に住んでいる人もいる.

生活費は極限まで少ない.

大体店がないが、物品の共販所はある.

魚は漁師がくれるが、自分でも防波堤で釣ることができる.

月に1回くらい宿毛に行って、若干の買物をすればそれで十分である.

診療所があり、交代で医師が来ている.

山上にはヘリポートがあり、緊急の対応ができる.

石段を上がり降りする脚力は必要だが、逆にこれが日々のトレーニングになっているとも言えよう.

 

hirose

(沖ノ島 弘瀬)

 

4.イノシシ

 

野菜は張り出したテラスに、わずかばかりの土を入れた前庭で育てる.

ここに立ちはだかるのがイノシシである.

せっかく育てた野菜を食い荒らす.

昔はいなかった.

本土に地続きの柏島から泳いで渡ってきたとされている.

柏島から沖ノ島までは直線距離で5.5km、間に小さな無人島があるので、「遠泳」の間で一休みできる.

小学生は以前は徒歩で登校していたが、イノシシが出るので今はスクールバス(といっても軽四輪だが)を利用している.

 

ugurusima

(鵜来島.大きい建物は休校になった小中学校)

 

さらに沖ノ島から鵜来島は6.5kmあるが、その間には休むところはない.

しかしイノシシはこれを泳ぎ切って鵜来島に到着した.

小さく見える島を彼らはどうやって認識したのだろうか.

視覚なのか臭覚なのか.

なぜ荒海をついて渡ったのだろう.

一頭では繁栄しない.

イノシシに本土で食い詰めたとか、駆け落ちするとかの理由はないであろう.

志半ばにして体力が尽き、流されてしまったものもいるかもしれない.

生物には、いかなる難関があっても未知の領域に挑戦し、自己のテリトリーを広げるというDNAがあるのだろうか.

それが故に、人類はアフリカを出てマゼラン海峡まで達し、さらに太平洋を渡ってミクロネシアの島々に至ったのかもしれない.

 

shimae176

リンク:雨の日は通行禁止、断崖の大鶴津、小鶴津

    宿毛から柏島、断崖と入江

高知学トップページに戻る

 

(おわり)

 

2015年10月16日 | カテゴリー : 高知学 | 投稿者 : 河田 耕一