67 香南市のチベット、コミュニティバスで探る.そして時効になった怪事件は

「XX町のチベット」、時々聞く表現である.

天空にあって隔絶されたチベットのように、その土地の中心から遠く離れた、奥深いところを指す.

差別的ではなく、浮世を離れた桃源郷の意味があるのかもしれない.

地方の市町村では、コミュニティバスが運行されている.

一部は「チベット行」である.

住んでいる香南市のバスを中心に辿る.

山里には、未解決の怪事件もあった.

 

2017年4月25日 最終版

 

 

1.コミュニティバス

 

(夜須駅)

 

香南市の夜須駅には、第三セクターのごめん・なはり線、とさでん交通の路線バス、香南市コミュニティバスが集まる.

路線バスは国交省の所管である.

一方、コミュニティバスは、自治体が過疎地で乗合有償輸送をするもので、総務省である.

車は自治体が所有しているが、運転は地元タクシー、観光バス業者に委託している.

 

(羽尾行.出発から12分)

 

コミュニティバスのダイヤは大きく二つの目的から構成されている.

1)小学生、保育園児の通学

朝に学校に送り、夕方帰らせる.

児童の通学状況に合わせ、経路、行先など、フレキシブルに運行されている.

2)高齢者の通院、買い物

地域で異なるが、毎日でなく、週2日のことも多い.

基本的にどこでも乗れ、どこでも降りられるフリー乗降である.

住民が非常に少ない地域では、事前に予約を行うデマンド運行になる.

 

(羽尾の峠へ)

 

山越えで1時間かかる香南市の羽尾には、通学の小学生が居るので、毎日運行である.

すれ違った夕方の最終便には女の子が一人、最後部の座席で本を読んでいた.

 

2.距離感

 

都会で、駅から自宅までのバスの所要時間に対する距離感はどうか.

5分:近い

10分:まずまず

15分:少し遠い

30分:かなり遠い

田舎での行き来は基本的に自家用車であるが、この距離感は同様ではないだろうか.

 

(奈良行バスで正延.ここまで40分)

 

20分を過ぎると、ぽつりぽつり廃屋が見える.

のどかな山村風景が続くのだが.

 

(奈良.廃校の小学校が見える)

 

1時間かかる奈良は、デマンド運行の終点である.

チベットの入口である.

この先は無人の山道が延々と続く.

1時間弱、ハンドルを右左に回し続けて舞川に着く.

 

3.地域おこし

 

(舞川)

 

舞川は四方面から来る道路の結節点である.

しかし、どこからでも2時間近くかかるのは厳しい.

大きい藤の木があり、花の時節にはイベントが開かれていた.

いま、何軒かの家や公民館に人影はない.

若者が一時期居たのか、簡易な宿泊施設や、川に張り出したライブ演奏デッキがつくられている.

以前は、谷川で子どもが泳げたりして、いいところではある.

しかし、絶対ここでなければ、ということでもない.

来ることに時間と労力がかかるほど、来訪者の期待値レベルは高くなる.

応えられるかどうかだが.

 

(羽尾.今日はライブで宴会)

 

羽尾の住人は22人である.

廃校跡にO荘がある.

校舎の利用ではなく、ログハウスのしっかりした個室である.

庭でテントを張ったり、炊事もできる.

市の所有だが、管理者家族が住み、安心できる.

近くに住むYさんは、頼んでおけば山菜料理を出してくれる.

 

(道家の神社)

 

芸西村の道家は、村営バスで30分余り、羽尾と同じく峠を越えて到着する.

古くからの神楽が伝承され、祭で演舞されていた.

住人が減り、途絶えて久しい.

以前は社殿に戸を立てていたが、今は雨ざらしである.

地域おこしでは、一時的な祭りやイベントでなく、まず絶え間なく人が来る仕組みが必要のようだ.

 

4.事件

 

のどかな香南市であるが、いまなお未解決の事件が発生した.

平成16年1月1日未明に起きた、5神社連続放火である.

住民が大晦日に、社殿の初詣準備を整え、境内の清掃を終え、眠っているときである.

 

(有宮神社)

 

午前4時20分、有宮神社に火の手が上がった.

駅から25分の香南市バスの終点で、この先は峠になる最奥の集落にある.

第一現場であることは、再建の経緯を述べた石碑に記されている.

以下は自分の推理である.

消防隊が町から駆け付ける.

しかし、急な石段を上る高台の頂であり、ホースの延伸、川からの汲上げなど作業に手間取る.

 

(山北浅上王子宮)

 

そこに、山北の神社に火がつけられる.

町に近い由緒ある神社で、棒踊りで知られている.

今さっき、消防隊が出てきたばかりの方角である.

犯人は出会わないよう、迂回して背後をついた.

 

(十二所神社)

 

以上の二神社は、合併前の旧香我美町にある.

香我美町は騒動だが、旧夜須町は山を隔てている.

離れた隣村に出来事があっても、警戒はない.

ところが、犯人は山を越えてやってきた.

夜須町の500mしか離れていない二つの社殿に、次々放火する.

奥の十二所神社は、阿弥陀堂と人家が近くにあり、大胆な犯行である.

 

(尾根から見た夜須町.香我美町は山並の向こう)

 

次に尾根に向かって山道を上る.

もう人家はないし、夜の林道を通る車もない.

尾根の小さな社が燃やされる.

白み始めた6時過ぎ、最後の篝火は麓からよく見えたであろう.

状況に通じた地元の人間の仕業であることは間違いない.

地域には他にも多くの神社があるのだから、衝動的に火を付けて回ったわけではない.

その後、不審者の報道がないまま10年を過ぎ、時効となった.

最大の被害者は氏子の老人である.

社殿再建のため、年金から5万、10万を拠出しなければならなかった.

損害の請求権は20年あるから、2024年までは取り返せる可能性がある.

犯人はもう死んでいる、という噂もあるのだが.

 

関連記事リンク:消えた集落と学校

        越知黒森山、山上の集落

高知学トップページに戻る

 

(おわり)

 

66 高知県と愛媛県、宿毛の県境.そこには何がある?

県と県の境界は、行政的に明確だし、道路には標識がある.

しかし、某国のように乗り越えられない塀があるわけではない.

天狗高原の国民宿舎は、高知県と愛媛県にまたがっていて、建物内に線が描かれている.

宿毛には、小川が県界になっている地域があり、両県合同でつくった、日本一名前の長い小中学校がある.

県界付近には、素晴らしい景観もある.

しかし、それぞれの県では「辺境」になるし、県にまたがる「観光開発」はなされない.

そこで「知られざる」観光地になる.

 

2017年4月16日 最終版

 

 

1.県境

 

(ホテル内の県境)

 

天狗荘の食堂は高知県、客室は愛媛県である.

だからと言って、高知県に食べに来た、愛媛県に泊まりに来た、というわけではない.

どちらの県の観光案内にも出てくる.

県境の尾根にある道路では、頻繁に県が入れ替わる.

 

2.宿毛から御荘へ

 

(宿毛の県境)

 

宿毛から西に走ると、ほどなく県境になる.

標識の手前は愛媛県、反対側は高知県である.

右は砂浜である.

 

(県境の砂浜.向こうは愛媛県)

 

きれいな浜で、県境は砂上のどこかである.

海水浴場をつくるなら、どちらの県だろうか.

 

(断崖を巡る)

 

断崖の上を通る.

高知県の鵜来島、沖の島が見える.

御荘を通ってさらに進めば、豊後水道に突き出た高茂岬に至る.

(高茂岬)

 

晴れた日なら九州が望めるという.

宿毛と大分県の佐伯を結ぶフェリーから、真近に見える.

侵食に取り残された、人を寄せ付けない灰白色の花崗岩の島や岩礁が点在する.

高茂岬の半島は、地図では一周できる道路がある.

漁村で道路状況を訊いたら、「回れるが道が狭いから気を付けて」と言われた.

行ってみたら、狭いどころか、高知のスタンダードからすると、十分に広い.

広さの基準が、工業県愛媛と高知では違うことを認識した.

 

(花崗岩の島)

 

宿毛は磯釣りの基地で、大道具を積んだ多数の関西ナンバーの車が往来する.

また、四国西部一帯の建設工事の基地でもある.

居酒屋に行くと、全国各地のアクセントが聞かれる.

代行運転業者が22軒あるそうだ.

頼んだ代行の運転手は、船を持っていて、明日沖ノ島へ釣りに行くと話していた.

四国の西岸一帯は、足摺宇和海国立公園である.

しかし、一般に観光地として認知されているのは、足摺岬くらいではないだろうか.

高知県だけで考えると、高知市から遠い宿毛は、往復するには時間がかかる.

愛媛県だけで考えると、松山からの往復は遠すぎる.

両県一体で、宿毛を観光の基地にすれば、四国西部一円の名勝が生きて、長滞在できる魅力が高まるように思うのだが.

 

3.篠山の学校

 

宿毛から宇和島へ国道を行くと、その名も「県界」というバス停がある.

そこから北へ、四国の背骨の山脈の西端になる、篠山へ向かう道がある.

 

(篠山と県境の川)

 

川に沿っているが、この川が県境である.

向かって右は高知県、左は愛媛県である.

利根川のような大きい川なら県境も問題ないが、この小さい川では何かと不便である.

たとえば学校である.

左右別々につくることはない.

そこで両県合同になっている.

 

(2県合同の学校)

 

学校の名は長い.

「高知県宿毛市愛媛県南宇和郡愛南町篠山小中学校組合立篠山小(中)学校」である.

日本一長い学校名とされる.

昔は、幡多郡宿毛町、南宇和郡一本松町、だったので、さらに4文字長かった.

生徒数は少なくなったが、校舎は整備され、テニスの部活の元気な声が運動場に響く.

教員は愛媛、高知両県それぞれから来るが、出身県がはっきりわかるそうだ.

 

4.篠山

 

(篠山への道路)

 

篠山は標高1,065mで、登山者が多い.

山に向かって次第に上る.

深い林の中だが、木漏れ日がちらちらする.

何故か新鮮に感じる.

しばらくしてわかった.

このような山道は、高知では両側がスギやヒノキの人工林である.

日光が届かず、昼なお暗い.

ここでは広葉樹が葉を落としている.

 

(大規模林道のトンネル)

 

広い道路と合流する.

登山口の広場があり、ここから1.2kmの長いトンネルを通る.

1980年代に、国の公団によってつくられた、2車線の広見篠山大規模林道である.

海岸まで至る計画なのだが、大規模林道のご多分にもれず、工事は途中で中止になっている.

 

5.愛媛県から高知県

 

篠山は昔、土佐藩と宇和島藩が領有を争ったところである.

1950年代の地図でも、まだ県境未確定の箇所がある.

山を下ると、祓川(はらいがわ)温泉がある.

トンネルを潜ったので県が変わりそうに思うが、訊くとここはまだ愛媛県で、温泉は宇和島市営だそうだ.

 

(祓川温泉)

 

薪で沸かした清潔な湯だが、入浴料は400円、高齢者は300円である.

「宇和島市民の高齢者は」などとされないところがよい.

 

(県境を高知県へ)

 

さらに下ると、宿毛から津島を結ぶ地方道に出て、県境となる.

部分的に狭いところもあるが、広々とした山間を行く豪快な道路である.

 

(出井の甌穴)

 

沿道の川には、流水の渦によって花崗岩がえぐられた甌穴がある.

なかなかの奇観だが、高知県民でここまで来た人は少ないのではないか.

 

関連記事リンク:大月の断崖と入江

東の外れ・野根と甲浦

高知学トップページに戻る

 

(おわり)

2017年4月6日 | カテゴリー : 高知学 | 投稿者 : 河田 耕一