57 高知の山のドライブ:瓶ヶ森の霧氷、天狗高原の夜明け

四国を縦断して、背骨のように高い山が連なっている.

東には、徳島県の標高1,954mの剣山がある.

そこから西に、1,500mクラスの山が続く.

愛媛県の石鎚山は、西日本最高で1,982mである.

南は、石灰岩のカルスト台地である、1,485mの天狗高原である.

これらの山々が、各県の県境になっている.

石鎚山系の瓶ヶ森と天狗高原を訪ねてみよう.

山岳道路がある.

 

2017年4月23日 最終版

 

 

1.  瓶ヶ森

 

(町道 瓶ヶ森線)

 

高い山の多くは、頂上かなり近くまで自動車道がある.

石鎚山には、北側からはロープウエイがあり、南側からは「スカイライン」で登ることができる.

ただし鎖を伝って登るなど、修行、登山の覚悟が必要で、観光気分では行けない.

愛媛県は、その瀬戸内沿岸がほとんど工場地帯になっているので、大変富裕である.

従って、県道の石鎚スカイラインは2車線で整備されている.

一方、瓶ヶ森は1,896mでやや低いが、車道から見通しの良い笹原を通って、頂上まで1時間もかからない.

小学生でも容易である.

こちらは、高知県の領域で、石鎚に繋がる尾根を通る林道で行く.

林道は「いの町道」なので狭い.

しかし、広いと自然破壊は進む.

ときどき大きく崩れ、町が維持するだけでも大変である.

 

kamegamorimuhyou

(沿道の山々)

 

北面から稜線にかけて、枝葉は桜が咲いたように白い.

似た高さの、屋久島、宮之浦岳は海から尖って聳えている.

海岸から頂上には直線距離で15kmほどである.

石鎚も海岸から山頂まで、同じような距離で近い.

石鎚山系は、あたかも屋久島が連なったような壁になって、海に面している.

北風は壁に当たり、急上昇し、急冷される.

そこで木々に霧氷を咲かせることになる.

 

muhyounoki

(霧氷)

 

瓶ヶ森まで登るつもりであったが、ガスの中である.

翌日にして、1,450mにある山荘に早々と向かった.

珈琲を飲みに立寄っているツーリングの若者たちはいるが、宿泊は我々だけである.

部屋を用意していただき、炬燵で昼寝やら持ってきた本を読むやら、夕方になった.

山荘は吉野川の源流域にあり、ブナ林から滲み出る水はまことに清冽である.

食後、薪の燃える前で、喉に染み入る水を肴に、白ワインを1本空けてしまった.

 

makinoakari

(山荘の火)

 

山荘の管理者の娘さんは小学生だが、通学では、麓に車で30分送ってスクールバスに乗せる.

バスは30分かかって学校に着く.

帰りも同じで、1時間以上はかかる.

町道は12月から積雪で通行止めになる.

山荘も11月末で閉ざし、一家5人は下に降りる.

 

(なお、山荘しらさは改装のため、2019年4月まで休館中)

 

isidutinoasa

(朝の石鎚山)

 

翌朝は晴れて、石鎚と海岸の町が見える.

管理者一家に見送られて、瓶ヶ森に向かう.

気温が高まり、霧氷が滴り落ちる.

 

 

kamegamorisantyou

(瓶ヶ森山頂)

 

2.天狗高原

 

四国の山は石灰岩質のところが多い.

天狗高原は、侵食され、広大な土地に石灰岩が点々と露出するカルストになっている.

昔は焼畑農業が行われたが、現在は一面ススキの原になっている.

 

tengunosusuki

(天狗高原)

 

tengunomiti

(夕暮れのカルスト台地)

 

 

登るにはいくつかのルートがある.

一般的には、197号から2車線の東津野城川林道を通る.

地図などでは、国道、県道を通るルートが示されるが、こちらは逆に狭くて、屈曲が多い.

林道は、1969年に計画がつくられた、土佐清水から伊野北部に至る、延長188kmの幹線林道計画の一部なのである.

本来の伐採、運搬の用というより、観光路線になっている.

これより北にある小田池川林道も、同じように大規模だが、どこにも繋がっていないので交通量はゼロに近い.

繋がれば観光路線になる要素はあるのだが.

今回は梼原から、龍馬脱藩の道、韮ヶ峠に上がった.

高原の道は、尾根を緩やかなうねりで続いている.

春から夏は牛が放牧されるが、今は牛舎に戻っている.

 

tengusou

(宿舎の朝)

 

高原にはT荘がある.

山の上に旅館があるイメージで、格別変わってはいないが、夜には星の観察会がある.

高知市内から車で2時間程度、町営バスもあり、日帰りが十分可能である.

泊り客も多い.

山上の道は冬季閉鎖されるが、ここは年中の営業である.

ただ下から登る車道には、厳冬に積雪、凍結がある.

 

tengunoyuki

(橇遊び)

 

高知で雪遊びができるところはほとんどない.

ここには元スキー場の斜面があり、子どもたちがレンタル橇で遊ぶ.

上は結構急斜面で、速度が出てひっくり返ったり、ぶつかったりしているが、高知ではすべて自己責任である.

高原で泊まるには晴天に限る.

雨なら雲の中である.

秋の朝、日の出前5時半には、ほとんどの泊り客が表に出てくる.

朝日が昇る.

 

tengunoasahi

(高原の朝日)

 

低い谷間は雲海である.

tennguunkai

(麓を見下ろす)

 

関連記事リンク:

高知の雪国・梼原と脱藩の峠

楮佐古林道のダート道

高知学トップページに戻る

 

(おわり)

2016年11月19日 | カテゴリー : 高知学 | 投稿者 : 河田 耕一

56 龍馬のレポート 3:後藤象二郎と岩崎彌太郎、未完に終わる大目的

高知では、何かとネーミングにつくことが多い「龍馬」.

観光振興といえば、国内、海外向けを問わず、「龍馬」が出てくる.

いささか「龍馬」には飽きが来ている気もするが.

しかし、改めて龍馬の生涯を振り返ってみると、そこには沢山の教訓が残されている.

その1と2では、八つの教えを記した.

京都で一生を終えるまでの期間を辿る.

 

2017年4月7日 修正版

 

 

1.タフコーディネーター

 

(瀬戸内海)

 

1867年の長崎には、3人の土佐人が揃っていた.

坂本龍馬、後藤象二郎、岩崎弥太郎である.

彼らに共通するのは、タフコーディネーターであることである.

自分の意志を明確に持ち、それを貫く.

その点では「いごっそう」と言えるが、硬直的に主張するのではない.

1867年4月、龍馬がリースした船が、瀬戸内海で紀州藩船と衝突し、沈没した.

相手は、徳川御三家の政治力で処理しようとするが、龍馬は硬軟両方で対応する.

事実関係から「万国公法」に照らすとして、国際的な自船航路の正当性を主張する.

一方、紀州に否があるとする歌を流行らせ、紀州討伐の噂を流して世論に訴える.

最後に、土佐藩を代表する象二郎が表に出て、決着させる.

1867年9月、長崎で土佐人が英国水兵を殺害した疑いで、英国公使パークスと通訳のサトウが須崎にやってきた.

 

(須崎湾)

 

後藤象二郎が対応する.

パークスは、これまでアジア各地でやってきた流儀で、頭から罵声を浴びせる.

同席の幕府重役はおたおたする.

象二郎は冷然として、その態度では交渉にならないと言い放つ.

パークスは応対の率直さを逆に評価し、以後親しくすることを誓い合う.

 

koutijyouenbou

(高知城下)

 

岩崎彌太郎は、長崎の土佐藩出張所のよろず責任者であった.

象二郎はやたらと艦船購入に金を使うし、藩が世間知らずで外国人と交わした諸契約ももめている.

自転車経営で、借金返済のために内外で借金をする.

接待漬けにしてうやむやにする.

彌太郎は、いつでも、どこにでも、足まめに出歩く人物であったと伝えられる.

いつの時代でも、フェイスとフェイスのコミュニケーションが、交渉の基本である.

外国語はできなかったが、弱い立場でありながら、外国人と対等以上の態度で、海千山千の戦争商人と渡り合う.

自身の遊興が過ぎるとして、更迭の話も出るが、余人には代え難く、いつも沙汰止みとなる.

龍馬の教訓の第九は、リーダーはタフな折衝ができなければならない、ということである.

 

yatarouseika

(岩崎彌太郎生家)

 

2.箇条書き

 

1867年当時、幕府は長州との戦争にも敗れ、統率力に欠けてきたことは明らかであった.

それではどうするか、各大名はドイツ、英国の憲法、議会制度も調べる.

徳川は退陣し、藩主などによる会議を設け、結果を天皇を長とする朝廷が発令する仕組みが、大方の意向である.

英国は日本とどのように接するか、公使を始め、外交官が各地を回り、情報を収集していた.

その一人、日本語を駆使し、日本人以上に日本の機微に通じるとされた、アーネスト・サトウも、上のような趣旨を、1866年、横浜の英字新聞に寄稿している.

それが日本語に翻訳され、「英国策論」として印刷され、各地の書店で販売された.

1867年1月、サトウが宇和島藩主から、これを読んだと告げられているが、衝撃的な内容とは受け取られていない.

 

しかし、徳川退陣を自主的に行うのか、クーデターによるのか、その後の主導権争奪、各藩の内情などがからんで、流動的であった.

1867年6月、後藤象二郎は龍馬を伴って、京都に行く.

土佐藩を代表し、各方面と接触するためである.

その際、船上で作成されたのが「船中八策」である.

内容は議会制、朝廷の関与など、これまで検討されてきたことであるが、各人の胸の内にあるのではなく、明文化さている.

それもよくある美文調ではなく、簡潔な八個の箇条書きで、理解されやすい.

龍馬の第十の教訓は、方針は簡単明瞭な箇条書きで示されなくてはならない、ということである.

 

uenosaigousan

(上野公園)

 

3.改革での危険

 

龍馬は1866年1月、薩長同盟成立の翌日、伏見の寺田屋にいるところを襲撃された.

重傷を負ったが、お龍のおかげで薩摩藩邸に引き取られた.

1867年10月、徳川の自主的退陣「大政奉還」の表明後、龍馬は福井に行くなど、後藤と共に事後策に追われていた.

ひと月後、11月15日に京都の下宿で暗殺される.

 

(京都の町)

 

土佐藩が駆け付けるが、間に合わない.

いずれも予想されたことである.

なぜ事前に薩摩、土佐の藩邸に居を構えなかったのか.

龍馬のこれまでの行動からして、彼の大目的は、閉鎖的な藩の解体、武士を頂点とする身分制の打破であったと想像する.

藩を否定する考えを持つのに、危険だからと庇護を受けるわけにはゆかない.

龍馬は大目的の達成に向けて、次の段階をどのように考えていたかはわからない.

しかしその後、土佐藩士であった自由民権の板垣退助、中村出身で帝国主義を否定した幸徳秋水、高知の家系で敗戦後の民主主義下の吉田茂、と繋がって行くのではないだろうか.

龍馬の最後の教訓は、所信を貫くには必ず危険が伴う、ということである.

 

 

リンク:龍馬のレポート 1

    龍馬のレポート 2

高知学トップページに戻る

 

参考にした主な文献

1)池田敬正:「坂本龍馬」、中公新書、1965

2)大橋昭夫:「後藤象二郎」、三一書房、1993

3)伊井直行:「岩崎彌太郎」、講談社現代新書、2010

4)アーネスト・サトウ:「一外交官の見た明治維新」上下、岩波文庫、1960

 

(おわり)

 

 

2016年11月4日 | カテゴリー : 高知学 | 投稿者 : 河田 耕一