53 高知の東端:野根、甲浦とこけら寿司

高知県で、もっとも東に位置するのは、東洋町である.

室戸岬のまだ先で、ほとんど徳島県と言ってもよい.

高知市から南へ室戸に1時間半、岬を回って向きを変え、北にさらに1時間で達する.

しかし、走っている高速バスでは、高知市より大阪に近い.

「東洋町」とは大きく出た名だが、野根と甲浦が合併してできた.

どちらに役場を置くかで揉め、当初2年ごとに、両集落を代わる代わる移動していた.

新庁舎を中間に建設し、決着した.

 

2017年3月31日 修正版

 

 

1.室戸から北へ

 

murotokaranone

(岬を回って)

 

室戸から野根へ、25kmの国道は、すべて海岸の断崖を削ってつくられている.

昔はこの道はなかったから、遍路は波打際の岩を越え、石を伝って歩いた.

波が高いとさらわれる危険がある.

今でも海が荒れると、波は国道まで越えて来る.

ガードレールはすっかり錆びている.

断崖がつきたところが野根である.

 

⒉ 野根

 

nonenotoori

(野根の旧道)

 

野根は、参勤交代に利用された「野根山街道」の古い宿場町である.

町の両端は鍵の手に曲がる「桝形」になっていて、その面影を残している.

古い旅館もそのままである.

野根から室戸へ向かう遍路は、海が穏やかでないと、波打際を歩けない.

そのため、荒れたときは、7日も10日も「潮待ち」をしなくてはならなかった.

懐の乏しい遍路を、無料で泊める「善根宿」が多かったと伝えられる.

その間、遍路も農作業や薪割りを手伝ったことであろう.

家の前に、小さなベンチがあって、お年寄りが集まっている.

もとは雨戸を下ろして座る「ばったり」であった.

道に沢山の花の鉢があって、おばあさんが横に座っている.

花の出張販売だった.

おじいさんは、鉢を運んだ軽トラの棚に板を敷き、昼寝中である.

 

3.野根の朝市

 

野根には「道の駅」的な設備がない.

そこで、地元のご婦人方が、土曜の午前に「朝市」を開いている.

予約していた「こけら寿司」と野菜を買った.

 

nonekichen

(野根の朝市)

 

カメラを持っていたので、「写すのかと思った」と言われた.

「写します、写します」とカメラを向けた.

「撮らないで!」と言われたが、広告にもなるし、ま、いいか.

 

4.こけら寿司

 

kokerazusi

(こけら寿司)

 

この地特有の押し寿司である.

柚子酢の寿司飯に、焼きサバをほぐして入れる.

まず木枠に1段目を詰め、椎茸、人参、薄焼き卵の具材を並べ、人参の葉を散らす.

上に細長い薄い板(こけら)を敷く.

このようにして順次5、6段詰め、重しを乗せ、1時間ほど置く.

大きい枠では、1段に1升詰まる.

生ものを使わない、素朴なベジタブル食である.

重石が中途半端ではないので、「投げても壊れない」と言われるほど堅く、相当に食べでがある.

 

5.生見のサーフィン

 

北に行くと、生見(いくみ)である.

サーフィンで有名である.

高知では他に、仁淀川河口、大月から四万十川河口にかけて、サーフィンビーチが多い.

しかし遠いから、地元民が中心である.

生見は大阪に近いので、賑わっている.

 

ikumisurf

(生見のサーファー)

 

残念ながら、今日は波が穏やか過ぎる.

町では、ネットに浜の波をリアルタイムで流している.

 

surfshop

(生見の店)

 

サーファーのための民宿や食堂が何軒かある.

海を見渡すウッドデッキなど並び、湘南海岸もかくや、の風景である.

大渋滞はないが.

 

6.甲浦

 

kanourasirahama

(白浜)

 

さらに北に行くと甲浦である.

入江にある遠浅の浜は、海水浴場になっている.

今はシーズンオフだが、真夏でもそう変わりはない.

高知は甲浦から足摺まで、すべて海に面している.

どこかで何かのマリンスポーツができる.

 

kanouraport

(甲浦港)

 

高知市内から甲浦まで車で2時間半、高知の辺境のように思われる.

しかし、実は高知県でもっとも大阪に近い.

甲浦から大阪へ、一日に5-6便ある徳島経由の高速バスで4時間半、高知からは5時間である.

昔、橋のない頃、甲浦には大阪からの船が発着し、高知の東の窓口であった.

フェリーの岸壁、昔賑わったであろう、食堂や商店の建物が残っている.

今はダイビングや釣りの渡船の店である.

 

7.野根山街道

 

地図を見ると、高知市から甲浦まで、室戸岬を回って、三角形の二辺を通っていることになる.

ショートカットして、底辺を通れないのか.

それをやっているのが、江戸時代の野根山街道である.

 

nonegawawomiru

(野根から旧街道方面を見る)

 

奈半利から山に登り、尾根筋を通って、野根に降りる.

今も登山道だが、全行程は35kmあり、ハードである.

古道だけに、笑い栂、宿屋杉、お産杉、装束峠、花折峠など、伝説の場所が多い.

 

 

尾根筋の下を林道が通じているので、そこから探訪することも可能である.

また川に下り、ショートカットする国道もある.

大体は広いのだが、なにせ山の道で曲がりくねっているので、時間短縮にはならない.

四郎ヶ野峠を下ると、小川川が音を立てて流れている.

 

ogawagawa

(小川川)

 

関連記事リンク:室戸の街と岬

        高知で地震を避難1:100年周期

高知学トップページに戻る

 

 

(おわり)

 

2016年9月22日 | カテゴリー : 高知学 | 投稿者 : 河田 耕一