40 高知で、四万十川、仁淀川、そして第三の物部川

高知の観光名所として、四万十川と仁淀川がある.

第三の川は物部川である.

物部川は、下流、中流、上流の三つに分けられる.

下流は、高知空港傍の河口から、山地に入る土佐山田までである.

昔は、洪水を繰り返し、流れは一定しなかった.

高知の東半分の平地は、物部川の氾濫による堆積土石でつくられている.

中流は山田から大栃迄で、深い谷と河岸段丘が特徴である.

上流は大栃から先で、1,900m近い三嶺などの山々から流れ出る、水源となる渓谷である.

 

2017年3月28日 修正版

 

 

1.物部川下流

 

monobegawa

(山から流れ出た物部川)

 

今は堤防が整備され、シーズンになると、アユ釣りの人たちが岸に並ぶ.

堤防の道はウオーキングに良く、一部は遍路道である.

昔は橋が無かったので、対岸には渡し船であった.

水量は多いが、有効利用には仕組みが必要である.

1639年、野中兼山は、川を横切る円弧状の堤をつくり、3方向へ向かう水路を設け、灌漑と物流に供した.

長さは327mで、完成まで26年を要した大事業であった.

 

yamadazeki

(山田堰の一部、今は公園)

 

付近は、山間部から高知への輸送中継点であった.

荷船は10艘ほどを船団にして、他の水門を閉じ、運河としてつくった舟入川の水位を上げ、高知の町へ輸送した.

木材は筏、大きい材はそのまま、岸から鳶口で操って運んだと伝えられている.

 

2.物部川中流

 

山間部に入ると、谷は深く、岸は切立っている.

しかし両岸は河岸段丘で、平地になっている.

 

kagandankyuuu

(段丘に立つ高知工科大学)

 

ブログ7

(段丘が岸になったダム湖)

 

ところどころに堰やダムがつくられている.

普通、ダムは峡谷を堰き止めてつくられ、ダム湖の岸は急傾斜の山腹である.

集落はダム湖の水に沈み、湖岸には人影のない寂しい風景である.

しかし物部川では、水は段丘の間の深い谷に湛えられる.

もともと住み家は段丘の上につくられているので、水を被ることはない.

谷は湖底に沈んでいるが、段丘の縁が湖岸になり、平地と集落はそのまま残っている.

ダム湖とは言え、自然の湖に近い印象である.

 

kohanobesou

(湖畔の住まい)

 

そこで、ところどころに湖畔の住宅がある.

地目は雑種地であろうから、価格や固定資産税は問題にならないであろう.

南岸は国道があり、交通量は多い.

北岸は岸沿いに狭い道があり、滅多に車が通らないので、のんびり歩くによい.

一休みできるカフェや食堂、温泉がある.

 

inozenkei

(物部町猪野々)

 

段丘の終わりが猪野々である.

知人のF先生が家を建て住んでいる.

歌人の吉井勇が隠棲した地で、記念館がある.

そこで娘さんのヴァイオリンコンサートが行われた.

 

3.大栃

 

上流の峡谷に入るところが大栃である.

川はここから、本流と韮生川の二つに分かれる.

 

oudoti

(大栃)

 

大栃は付近の中心となる町である.

昔は奥の別府(べふ)から森林鉄道が通じていて、ここで木材を下ろし、筏に組んで流していた.

土地の人によれば、祭りの時など町内は人で溢れ、通行もままならなかったという.

今は高校もなくなり、スーパーが1軒あるだけである.

しかしここを始発に、山の各地に町営バスが通じていて、どこからでも200円で乗ることができる.

 

4.物部川上流

 

上流は切り立った渓谷である.

今、川沿いの国道を通ると、はるか上に家々が見える.

なぜこんな山の上に家をつくったのかと思うが、昔はそこが街道であった.

渓谷の険しい崖を削って道路をつくることができなかったためである.

旧ルートは林道となって、おおむね辿ることができる.

 

 

ブログ7

(山上の街道)

 

街道では住居が点在している.

 

ブログ7

(山に立つ家)

 

以前は、山奥の家にたどり着ける道がなく、郵便配達は、設置された簡易モノレールで登っていた地区があった.

最近では車道がつくられ、少なくとも家の近くまでは車で到達できる.

もっとも、車道が通らない集落は消滅したと言った方が正しいが.

ただ、介護職の人から聞くのは、車道からあと10m、20mが難しいということである.

階段があったり、道が狭かったりして車椅子が使えない.

このお宅の正面は階段だが、裏手から入れるので、その心配はなさそうだ.

 

odotirintetu

(森林鉄道の跡と、和紙の原料・ミツマタの花)

 

崖を削って川岸に交通路を設けたのは、森林鉄道が最初である.

物部川の南岸につくられ、崩壊しているところはあるが、跡をある程度辿ることができる.

この先、四足峠のトンネルを越えると徳島県で、徳島市に至る.

那賀川の多数のダム湖を回る道で、非常に時間がかかる.

 

5.原流域

 

川を遡ると、そこには廃校になった学校の木造校舎がある.

 

nuruinogakkkou

(久保小学校、1980年廃校)

 

一日3回のバスの時刻は通学に合わせているようなので、農作業の老婦人に訊ねた.

「もうこの辺りには子どもはいない.ずっと下に行かないと」とのことであった.

 

kagenokawa

(物部町影)

 

どの水系でも、川が巨大な岩石で埋め尽くされる辺りが最後の集落である.

そして、そこには必ず孤高の老婦人が居る.

最後の灯を守る、灯台守のように.

saiokunohito011

関連記事リンク:楮佐古林道で物部から439

        トリュフ犬と馬路、魚梁瀬

高知学トップページに戻る

 

(おわり)

2016年3月28日 | カテゴリー : 高知学 | 投稿者 : 河田 耕一

39   高知移住非公式ガイド 3:いごっそうと付き合う、いごっそうになる

高知の文化の特徴の一つは、「お山の大将」文化である.

これは、移住にとって大変なメリットである.

なぜなら、だれでもすぐ、お山の大将になれるからである.

そのような地域は日本のどこにもない.

余分に他に気を使う必要がない、自己実現の極みである.

しかし可能ならば、生活の知恵として、無用の摩擦を避ける心得を会得することが望ましい.

なお以下は、個人的な身辺の事情を記したものではない.

 

(写真は本文と関係ありません)

 

2017年3月24日 修正版

 1.  どこに住むか

 

 

移住するとして、どこに住むかである.

ウルトラクラスのいごっそう、はちきんとの遭遇に関係する.

いごっそう、はちきんは本来悪いイメージではない.

ここでは簡略のため、男女のウルトラな人たちを、男性に対する「いごっそう」と代表させて述べる.

 

1) アパート、マンション

手軽であるが、人間関係は希薄である.

戸惑うような異文化や、いごっそうに接する機会は少ない.

逆に言えば、マンションに住むなら、甲府でも、奈良でも、高松でも同じである.

特段に高知でなければならない理由はない.

2)戸建て住宅地

ここでは、もう少し人間関係が生まれる.

種類がある.

・高知市近郊の造成地

類似の人たちが住むので、意志疎通が図り易い.

ただし、東京や大阪近郊と気分的には変わりない.

仕事の関係で高知に住むが、生活空間としては都市近郊でありたいという場合に適合する.

・地域自治体による造成地

人口維持のため、田舎の(失礼ながら)自治体が住宅地を造成、分譲している.

これは上の生活空間に近いが、同時にローカルでもある.

3)昔からの集落

もっとも高知らしい生活である.

同時に、もっとも高知らしい人たち、いごっそうに遭遇する.

移住が待ち望まれているのは、多くはこの地域である.

ただし、落下傘で降下するには、かなりの心構えが必要である.

 

2.   だれがいごっそうか

 

引越したとして、近隣の付き合いである.

Aさんを訪ねると、Bさんとは付き合わないように、と言う.

Bさん宅に行くと、Aさんとは付き合わないように、と言う.

各人がお山の大将の結果である.

役場に行って、地域にいごっそうがいるかどうか、訊ねたとする.

吏員の頭には、日頃痛めつけられている人物の名が直ちに浮かぶだろうが、口に出すはずはない.

生活して、自己が判断するしかない.

そのための当面の行動である.

・全方位外交に徹する

・助けてあげたいと思ってくれる人を増やす

 

3.いごっそうとの付き合い

 

asizuri

 

高知で、いごっそうに遭遇する確率は高い.

意見の相違を来す場合もある.

その際、ガチンコ勝負になれば、修復は不可能になる.

これは大人気ない.

以後の生活にも影響する.

相手の出方を注視しつつ、こちらの考えを保持してゆく.

決して全面否定はしない、もちろん肯定もしない.

「前向きに」検討し、「丁寧な」対応を行い、「粛々と」進めることが望ましい.

 

4.だれでも「お山の大将」

 

このように述べてくると、高知は大変なところだなあ、住むには難しいなあ、と思われるかもしれない.

全く逆である.

移住した瞬間から、「お山の大将」になれるのである.

自分の意見を主張し、考えを貫き通すことに何らの支障はない.

むしろそれが望ましい.

遠慮がちの態度で、周囲の様子を見ながら、意見も言わないようでは、認められない.

変化球は必要ない.

常に直球勝負である.

ただし、速緩自在でコントロールする.

これが東京であれば、人が多過ぎて、せっかくのお山が目立たない.

また、他の地域であれば、少し目立つ行動をすれば、ムラの秩序を乱す、と出る杭が打たれる.

ところが高知は、出る杭ばかりなので、1本くらい杭が増えても、どうということはない.

高知のような地域は、日本のどこにもない.

「お山の大将になれる」これが高知への移住での最大のメリットである.

高い山、低い山.尖った山、裾野の広い山、人によっていろいろである.

ただし、他人のお山を侵害しない注意は必要である.

明治の自由民権運動では、「自由は土佐の山間より」が合言葉であった.

「自由は土佐の山間にあり」である.

 

 

 

5.感想は?

 

3回に渡った本題への読後感であるが、

「言わせておけば!成敗してくれるわ!」

これは直情の土佐人である.

仮に東京についての文であれば、東京の人は

「そんなこともあるかなあ」

昔なら

「てやんでぇ!べらぼうめ!」となるのだが.

京都、金沢なら

「しきたりも知らはれへんお人が、たった20年でこないなこと言わはって.かなんわぁ」

となる.

 

shiwa

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リンク:高知の移住非公式ガイド 1

    こんなところに…1   庭園、山の本屋

高知学トップページに戻る

 

(おわり)

 

2016年3月16日 | カテゴリー : 高知学 | 投稿者 : 河田 耕一

38 高知移住非公式ガイド 2:いごっそう・はちきんとの付き合い

高知の文化、三つが特徴である.

1)狩猟民族

2)お山の大将

3)いごっそう、はちきん

具体的なケースを基にして、理解していただく.

なお内容は、特定の個人、団体に関するものではない.

ばらつきはあるから、もちろんすべての高知を表わすということではない.

 

(本文と写真は関係ありません)

 

2017年3月23日 修正版

 

 

1.狩猟民族

 

katurahama

 

未知の世界である高知に来たとき、その異文化との接触は、予想を上回るものであった.

日本人は農耕民族と言われる.

しかし、高知は狩猟民族である.

農業では、米は二期作が行われたくらいだから、いつ植えてもよい.

他の土地のように、村中総出で田植え、ではなく、個々の判断による.

漁業では、クジラやカツオの一本釣りなど、まさに狩猟である.

林業も一旦山に入れば、作業は各人の判断と技量による.

冬、仕事のないときは、シカやイノシシの狩猟を行っていた.

 

teimisakioosio

 

⒉.お山の大将

 

狩猟民族として、何事も個人の判断によるとすれば、集団への帰属は重要でない.

各人が独立して、それぞれ基準を持っている.

自分が世界の中心である.

みんなが「お山の大将」である.

そのような人たちを「いごっそう」「はちきん」と称する.

高知の宴会は、一見大声で議論が交わされているように見える.

しかし、これは結論を出すための「議論」ではなく、各人が自説を大声で述べる「演説会場」なのである.

また、高知に多い喫茶店で、女性が交わしている会話は、ある課題について、それぞれが「所信表明」を行っているのである.

これらの際、間違っても「お言葉を返すようですが」などと言ってはならない.

それは相手の意見、ひいては人格を全面否定することになるからである.

相手を上回る声量で、自説を述べればそれでよい.

 

tenguasa

 

一般に、「いごっそう」「はちきん」は、こだわり、信念、明朗、活発、など、南国的な開放感と陽気さがあり、好ましい.

しかしウルトラクラスとなると、自己中心の結果が、摩擦を生じることになる.

その事例である.

 

3. 土地の境界

 

 

狩猟の結果、手に入れた土地は、いかなることがあっても死守される.

第三者から見て、どうというところでないにしても、である.

20年前来たとき、各地にある、広い道が突然部分的に狭くなる奇観に驚いたが、20年経ってもまだ同じところが同じように狭い.

これが他の地方なら、皆がそうするのなら、皆に役立つのなら、と折れるだろうが、いごっそうは「いやなものはいや」なのである.

市道より県道、県道より国道、相手が巨大であるほど、「我が闘争」には張り合いが出てくる.

 

4. 水路

 

住居では排水を生じる.

下水道がない場合、現在では個別に浄化槽を設置し、処理することが一般的である.

しかし、浄化後の水をどこに流すかである.

自分のテリトリーをその水が通過することを認めない.

自己の空間に他人の生活が侵入することになる.

この際、「法令で定められた水質基準を満たしている」などというと、火に油を注ぐことになる.

なぜなら、その人自身が法規であり、基準であることを無視しているからである.

 

tinkabasi005

 

5.   騒音

 

上の二つは、土地を買う、借りる場合に限られるが、「騒音」は少し身近である.

近くの家の話し声がうるさい、というクレームである.

ただ、これは何デシベルという音量をいうのではない.

最近、自治体では「防災無線」として、あちこちで大スピーカーを、鉄柱の上に取り付けている.

朝6時の割れ鐘のようなチャイムを始めに、役場のお知らせが、大音量で長々と頭上に響き渡る.

bosaimusen007

しかしこれは問われない.

単なる機械的騒音だからである.

いくら小さくても他人の音は、生活空間に侵入することが許されない.

対策は、離れたところに住む、塀を立てる、ということになる.

 

6. 知的テリトリー

 

上の三つは、妥当性はともかく、現象ははっきりしている.

しかし、これは難しい.

要は、その人が経験を積んだ、あるいは得意とする分野に、他人が侵入して得々と所見を述べる、という行為が許せない.

どの地方でも、成功者や、脚光を浴びる人へのねたみは存在する.

学会などでも、通説と異なる見解への反発は存在する.

これらとは違う.

獲物があろうがなかろうが、考えが妥当であろうがなかろうが、「領海侵犯」自体が許せないのである.

こじれると「裁判所に訴える!」(高知では日常用語であり「決意表明」と受け取ればよい)ということになる.

 

sumiyosituri

 

その3では、これらを踏まえて、高知が移住に適した地域であること、そのための心得を述べよう.

 

リンク:いごっそう、はちきんとは何か、いいのか、悪いのか

    高知の移住非公式ガイド 3

高知学トップページに戻る

 

 

(おわり)

2016年3月6日 | カテゴリー : 高知学 | 投稿者 : 河田 耕一