36 高知の魚市場、サツマイモとスイカ.どんな?どこで? 

高知の魚、野菜、果物、豊富で新鮮である.

都会のスーパーに行くと、なにこれ!と思う.

ただし、日時や場所によって、出ているものが違うし、それぞれに良し悪しがある.

どこに行けば、何があるのか.

どこが違うのか.

卸売市場、日曜市、直販所など訪ねてみよう.

 

2017年3月30日 修正版

 

 

1.卸売市場

 

kihadaitiba

(高知市卸売市場)

 

浦戸湾の岸に、高知市卸売市場がある.

月一度、開放日がある.

朝5時半からセリの見学ができる.

ご飯を買って、各店で買った刺身などを載せて食べる、北海道スタイルの海鮮丼がある.

干物を買って七輪の炭火で焼くこともできる.

マグロにせよ、カツオのたたきにせよ、純粋そのもので、全く雑味がない.

築地と違って大混雑はしていないので、あちこち見て回れる.

近くの地元スーパーの店主を見かけた.

今日これが並ぶのだろう.

 

magurokaitai

(マグロをさばく)

 

競り落とされたマグロはすぐさばかれ、丁寧に紙で包んで保管される.

店でここをこのくらい、と頼んで切り分けてもらうことができる.

 

⒉.実業高校

 

水産高校で、マグロの解体をマスターする女子生徒が毎年いる.

高校ではハワイへの実習航海があるが、昔は獲ったマグロで、使いきれないほどの金が入ったという.

授業でマグロの缶詰をつくっていた.

市販と違って、缶詰がこんなに美味いものかと思う.

学園祭で販売するが、すぐに売り切れる.

農業高校でも、育てた豚肉やハムの販売があり、これもすぐ売り切れる.

以前ダチョウを飼育していて、その大きい卵を分けていただいたことがある.

鋸で殻を切って、ダチョウのカステラをつくった.

「ぐりとぐら」の世界である.

昼休みになると、生徒は自分が弁当を食べるより先に、まず動物のところに行って餌をやるそうだ.

人間力が高い.

 

3.直販所

 

多くの市町村に、農産物などの直販所がある.

農家が直接持ってくるため新鮮である.

農家も工夫していて、自家のラベルを貼ったり、コメントをつけたりしている.

どこでも何でも買えるが、ユズだけは、なぜか「統制経済」である.

農家で分けてほしい、と言うと、農協に行ってほしい、と言われるし、農協に行くと、選果場に行ってほしい、と言われる.

 

yasuragiiti

(夜須町の直販所)

 

2月になるとタケノコが出る.

小さいのが300円で、高いが春の味である.

1月末から始まり、道端でも売っているが、その後雪が降った.

孝子が、病の老母のために雪を掘って筍を求めたという故事は、あながち誇張ではないようだ.

 

2gatunotakenoko

(2月6日の筍)

 

高知市内の「日曜市」は有名だが、「直販所」の原型で、近在の農家が週1回、通りに並んで販売する.

多くの各地の「朝市」は、観光客目当ての土産物売場になっている.

しかし日曜市は、今も市民が徒歩や自転車で来る日常の買物の場である.

南国の生活を覗くところが見どころである.

果物は送れるが、観光客が大根や葱を持って帰るわけにもゆかない.

土産物を求めるには不足だし、トルコのバザールと違って、衣類や宝飾品はない.

それには近くの商店街を歩けばよい.

もっと小規模なものが「良心市」である.

無人スタンドで、支払いは良心にまかせるからこの名がある.

 

sumiyosiryousin

(トマトの良心市)

 

4.オーガニック市

 

毎土曜日に、高知市近郊の公園で「オーガニック市」が開かれる.

有機栽培野菜のフリーマーケットであるが、米もあるし、ドラム缶の炉で全粒粉パンを焼いている.

クッキー、ケーキ、珈琲、カレーの他、図書、アクセサリー、子供服交換(合成洗剤で洗っていないこと)等々、エコな活動のすべてを含んでいる.

これだけ変人、と言っては失礼で、「一家言」ある人が多いのか、そして一堂に会することができるのか、さすが高知である.

 

o-ganikku

(オーガニック市、早朝で準備中)

 

5.サツマイモとスイカ

 

住んでいる手結山のサツマイモは高知ではブランドである.

川越は黒土だが、こちらは赤土で、乾燥気味の土地がいいらしい.

海風が関係するかもしれない.

ウチのお母さんの姪は英国に住んでいるが、正月に京都の実家に帰ってきた.

頼まれたので、芋を「爆買い」して送った.

大きいキャリーバッグに詰め込んで持ち帰った.

 

imowohakobuimg001

 

英国にはこんな甘い芋がないという.

その娘はロンドンの私立学校に通っているが、友達が弁当にドライフルーツを持ってくる.

高知で食べた干し芋を持って行くというので、これも送った.

龍ケ迫の干し芋はブランド品で、ワンパックが2,500円する.

 

emotohausu

(スイカ栽培のハウス)

 

手結山のスイカもブランドである.

夏休みの子どもの定番はスイカ割りである.

食べ物を粗末にして、遊びに使うというのではない.

チンパンジーは石で果実を割り、道具の起源とされる.

スイカ割りは、もっとも古い道具の使い方、調理の仕方として、ヒトのDNAに組み込まれているのではないだろうか.

芋と一緒に小玉スイカを送った.

前記の女の子は、夏の高知での体験から、見るなり「スイカ割り!」と叫んで、正月に「屋内スイカ割り」をしたという.

子どもの頃、大人たちがスイカを半分に割り、中を少しえぐって、ウイスキーを入れて食べているのを見た.

以下はスイカのカクテル例である.

・ウオッカ 50ml

・シュガーシロップ 10ml

・スイカを切り、皮を取り、砕く

以上をシェイクして、冷えたグラスに注ぎ、スイカのスライスを飾る.

 

関連記事リンク:高知のおすすめ野菜、果物

                 高知のショッピング.菓子、サンゴ…

高知学トップページに戻る

 

(おわり)

2016年2月8日 | カテゴリー : 高知学 | 投稿者 : 河田 耕一