18  高知のショッピング.菓子、塩、サンゴ、酒、シラス

観光の目的は、食べることと、ショッピングである.

名所旧跡の見物は、そのためのきっかけである.

京都、金沢、高山などの有名観光地で賑わっているのは、ショッピングと食事の通りである.

パリ、ヴェネチア、サンフランシスコなども同じで、国籍を問わず行動は変わりない.

高知のショッピングで、一番高価なものはサンゴである.

サンゴ原木の入札が行われるのは、日本で高知だけである.

過去の最高額は1億円であった.

 

2017年3月24日 修正版

 

1.お茶屋餅

 

tougenotyaya

(峠の旧道)

 

昔、高知城下から東に行くとき、平地を抜けるとまず「手結山坂」を登る.

峠というには低く、標高50mほどではあるが、頂上には茶店があり、餅を売っていた.

その後車道がつくられ、今はトンネルであるが、旧街道は残っている.

落葉が散り敷き、早春には椿の花が落ちている.

坂本龍馬も岩崎弥太郎も通った道であり、今にも編笠の侍が出てきそうである.

茶店は現在国道傍に移り、「お茶屋餅」として名物になっている.

 

⒉.芋ケンピ

 

名物には次の条件がある.

1)土地の産物、生活に根ざしている

2)多数のところで売っている

3)住民が、あれがよい、これがよいと言う

名物は俄かにできるものではないから、1)は当然である.

2)は広がりがあることになる.

3)はバラエティがあることになる.

芋ケンピはこれらの条件を満たしている.

さつま芋を短冊に切って揚げたもので、ポテトチップスの甘味版のようなものである.

単純なようだが、大小、甘辛、いろいろあって、好みの意見が分かれる.

 

imokenpi

(芋ケンピを売るレストラン)

 

3.塩

 

海水を天日干しにした塩の人気が高い.

海がきれいで、日照時間が長い高知では、あちこちの海岸で塩がつくられている.

味が少しづつ違うのは、海水の成分に微妙な差があるためかもしれない.

 

enjirou2

(田野町、E製塩所)

 

4.シラス

 

sirasunomise

(「釜上げ」を干す)

 

シラスはイワシの稚魚であり、豊かな海の高知の名物である.

どろめ(生)、釜出し(茹でたもの)、釜上げ(茹でて1時間ほど天日干ししたもの)、カチリ(完全に乾かしたもの)の種類がある.

さらに魚体の大小がある.

 

5.果物

 

文旦、水晶文旦、小夏、スイカ、メロンなど豊富である.

フルーツトマトの最高級品は1kgで1万円である.

高知産トマトジュースも自然の味で純粋である.

糖度によって値段に差があり、1Lで1,000円から500mLで5,600円まである.

 

6.酒

 

minami2

(安田町 M酒造場)

 

 高知には蔵元が18ある.

それぞれで数種類の酒があるので、とても全制覇とはゆかない.

これこそお勧めには個人差がある.

しかし、T酒造の720mLで3,800円、大正町栗焼酎の5,700円は異論のないところであろう.

もっとも県民が日々このような高い酒を呑んでいるわけではなく、手頃な宴会銘柄が存在する.

 

7.各地のショッピング

 

半日、一日を費やしてショッピングを行う場所は、残念ながら高知にはまだない.

東京、京都はそういうところだし、金沢は加賀友禅、九谷焼、輪島塗に、最近は現代アートまで加わった.

みんなが友禅を買うわけではないが、高いものを見ていれば自然に財布の紐が緩むというものである.

A級があればB級が売れるが、B級しかなければC級しか買わない.

九州も強い.

有田、伊万里、薩摩では、100万から1,000万円単位の、某国富裕層が欣喜する買物が可能である.

四国は唯一松山である.

砥部には個性的なアーティストの窯元が点在し、1,000万円までは行かないが、1日をショッピングに費やすことができる.

 

8.珊瑚

 

高知はないのか.

珊瑚がある.

珊瑚には、造礁珊瑚と宝石珊瑚の2種類がある.

前者は光合成が必要なので、水深20mまでで育つ.

高知の海岸にも広く分布していて、大小の破片が浜に打ち上げられている.

白色だがいろいろな風合があり、高知では拾うことには支障ないが、取引は国際的に禁じられている.

後者は桃太郎が持ち帰ったもので、水深300mくらいで育つ.

石の錘をつけた網を海底で引いて採取する.

免許が必要であり、網の数、期間、時間が厳しく規制されている.

年に1回、住んでいる市内で宝石珊瑚原木の入札が行われる.

日本の珊瑚の90%が取引される.

珊瑚はほとんど日本で産出されるので、世界の珊瑚の80%は高知で取引される.

バイヤーは珊瑚の入ったケースを見定め、順に入札が行われる.

価格を記したバイヤーの帳面が宙を舞い、開札される.

漁師さんは背後で固唾を呑んで見守っている.

おおむね1ケースで2、3百万円程度が多いが、今年の最高値は一本7,500万円であった.

昨年は1億円であった.

足摺岬に近い土佐清水市では、珊瑚の産出が年間20億円に上るという.

 

sangonyuusatu

(珊瑚原木の入札)

sango108

 

原材料で終わるのはもったいない.

高知でも宝飾品の販売はされている.

しかし失礼ながら、旅館の浴衣姿で土産物を冷やかす、観光バスの昼食後に土産物を選ぶ、といったイメージに見える.

 

関連記事リンク:高知のどぶろくと酒蔵

高知の魚市場、イモ、スイカ

高知学トップページに戻る

 

(おわり)

2015年5月19日 | カテゴリー : 高知学 | 投稿者 : 河田 耕一