79 四万十川の中流.北に南に迷走する流れと沈下橋

このエントリーをはてなブックマークに追加

四万十川は、上流、中流、下流に分けることができる.

源流から上流をたどってきた.

南に向かってきた川は、海には流れず、突然に窪川で直角に方向を変え、山の中を西に向かう.

江川崎で、再び南に向きを転ずるまでを中流とする.

中流はひどく屈曲する流れと、数多い沈下橋が特徴である.

 

2017年11月1日 最終版

 

 

1.四万十の流れ

 

(窪川.左の山裾が四万十川)

 

窪川から西に進むと沈下橋が現れる.

 

(若井沈下橋)

 

四万十川は、この辺りで海とたった6kmしか離れていない.

一方、標高差は200mあるから、本来なら見応えのある激流と瀑布で海に落ちるはずだ.

そうならないのは、海岸との間にある山が邪魔するからである.

川が侵食しても、それよりも山の隆起が大きく、破れない壁をつくっている.

四万十川は止むなく海から離れ、壁に沿って西に向きを変える.

流れたくない平地を、だらだらと流れる結果になる.

そのため、アマゾンやミシシッピーと同じく、甚だしく蛇行する川になる.

屈曲の頂点は、地図で見るとタコの頭形をしている.

 

(大正.流れは左から右へ反転)

 

(里川沈下橋)

 

四万十川は、源流の渓谷を出た辺りの標高が450mで、そこから河口までは190kmある.

平均すると1kmで2.4mの緩い傾斜である.

水はけがよくないので、雨が降るとすぐに水位が上がる.

そこで潜ってもよい沈下橋がつくられた.

今では大規模な工事で、橋は高いところにある.

 

2.家地川ダム

 

(家地川堰)

 

四万十川にダムがないわけではない.

家地川ダムである.

ただし、ダムの定義は「堰堤の高さが15m以上」なので、8mだから「ダム」ではなく「堰」である.

取水された水は、海岸に近い佐賀発電所に落される.

 

(佐賀発電所)

 

たった8mの堰なのに、発電所が得る落差は150mである.

四万十川を高台に留めている壁があればこそだ.

もし壁がなければ、この鉄管と同じ高さの滝が出来ているはずだ.

「ダムがない清流」を裏切るとして、家地川ダムは評判が悪い.

しかし、流水量の調節と共に、これまでの流域で水質が悪化した水を流す効果があるとされている.

 

3.予土線

 

四万十川中流には、窪川から宇和島に至るJR予土線が平行している.

一方、窪川から宿毛まで、海岸を土佐くろしお鉄道が走る.

窪川から一駅先の若井で、両線が分かれる.

 

(予土線・土佐くろしお鉄道の若井駅)

 

宇和島から予土線に乗ったとき、若井で「宿毛方面はこの駅で乗換え」とアナウンスしていた.

しかし特急は止まらないし、リーゾナブルに接続する、くろしお鉄道の普通列車は皆無である.

アナウンスやネット案内を信じると、ひどい目に会う.

(川奥信号場)

 

若井で両鉄道が分かれるとしたが、実際には一つ西の、川奥信号場で分岐する.

ただし、旅客扱はしていない.

土佐くろしお鉄道は、ここからループ線を下り、この駅の真下に出てくる.

四万十川が延々と河口まで流れるだけの標高差を、一気に縮めるのだ.

 

(三島沈下橋)

 

予土線の窪川・江川崎間は、1974(昭和49)年の開通である.

新しいから線路は新幹線的で、屈曲した四万十川を、トンネルと鉄橋で直線的に横切っている.

そのため、トンネルを出るごとに、川の流れが逆になる.

 

4.沈下橋

 

新しい橋ができて用済みの沈下橋もあるが、多くは今も生活道路として使われている.

 

(上宮沈下橋)

 

橋の上で写真を撮っている間、待ってくれていた軽のお母さんは、赤ん坊を胸に抱いて運転していた.

車を止めた若いお父さんと小さな女の子は、川に沈めた網を探っている.

川エビだろうか.

 

(沈下橋から)

 

沈下橋にはいろいろの形がある.

 

(上岡沈下橋)

 

 

(茅吹手沈下橋)

 

茅吹手(かやぶくて)は1970年の建設で、最新の沈下橋ではないだろうか.

幅は広く、見るからにがっちりとしている.

 

5.旧道

 

四万十川沿いの国道は2車線で、予土線と同じく、屈曲部をトンネルと橋でショートカットしている.

窪川・江川崎間は1時間ほどである.

しかし昔、予土線がない頃、この間を連絡する国鉄バスは3時間半かかっていた.

屈曲する四万十川の岸を忠実にたどっていたからである.

 

(昭和付近の旧道)

 

今もこの旧道を、のんびりと辿ることができる.

1車線で広くはないが、バス、トラックが通っていたのだから、極端に狭いことはない.

瀬に沢山の棒杭が立っている.

何かと思って寄ると、一斉に飛び立った.

魚を狙う水鳥だった.

 

(水鳥の群れ)

 

(刈り入れ、上宮)

 

稲田では最後の刈り入れである.

豊かな風景ではあるが、森では二人の男性が罠の檻を組み立てていた.

イノシシやシカで収穫にならないという.

 

6.江川崎

 

十和の道の駅は栗のシーズンである.

川に面したデッキでモンブランを賞味する.

 

(四万十とおわ)

 

「中流」の終り、江川崎の駅に、新幹線型のホビートレインがやってきた.

 

(江川崎駅)

 

四万十川は、梼原川などと合流して次第に川幅が広くなっている.

江川崎では愛媛からの広見川が加わり、悠々と流れる.

 

(江川崎.右はホテル星羅四万十)

 

窪川を出たのは12時だったが、あちこち歩くうちに山峡は日暮れてきた.

 

 

(おわり)

 

関連記事リンク:

四万十川を源流から上流

高知の山道ランキング

高知学トップページへ戻る

 

 

2017年10月28日 | カテゴリー : 高知学 | 投稿者 : 河田 耕一