71 コミュニティバスで高知を観光 1.香美市、芸西村

このエントリーをはてなブックマークに追加

乗り物や旅は、だれにも受けると見え、テレビに鉄道番組は多い.

路線バスの旅もある.

しかし田舎には、都会では絶対に体験できない交通機関がある.

地方の自治体が、過疎地住民のために運行する「田舎のバス」、小さなコミュニティバスである.

法令上、路線バスと違って乗客の範囲は限定され、「在住する住民およびその親族」となっている.

ただし「市町村長が必要と認める場合」には、「当該区域への来訪者等」も乗車できる.

高知では、決められた曜日に、山の集落を朝出て夕方帰る、1週間にこの1往復のみという路線もある.

これは「認め」てもらっても、部外者はまず乗れないが.

高知の県内34市町村、その21にコミュニティバスがある.

高知では普通になっている「ローカルバス」、その路線のいくつかを辿ってみよう.

 

2017年6月22日 最終版

 

 

1.コミュニティバスとは

 

(安芸市のコミュニティバス.「元気バス」とネーミング)

 

コミュニティバスにはいくつかの種類がある.

一般には、市町村が所有する「自家用車」(白ナンバー)を使って、有償で運送を行う「市町村営」バスである.

大都市のバスは、都営、市営、と言っても、「事業用車」(緑ナンバー)で行う路線バスである.

コミュニティバスの運営は自治体が行うが、実際の運転は、地元タクシーや観光バス業者に委託されている.

「自家用車」は、大型のワゴンかマイクロバスである.

自治体行政の一環であり、国交省の許認可外である.

かといって勝手に運行して、既存の路線バスやタクシーとの競合になっても困る.

そのため、自治体、住民、関係業界、運輸局を交えた「地方公共交通会議」で協議が行われる.

多少の運賃をもらっても、過疎地で採算は合わない.

交付税で賄われるから、その意味で総務省の分野である.

 

(香美市営バス.コミュニティバスの大きさはいろいろ)

 

2.香美市営バス谷相線

 

空いているのだし、一々「市町村長に認め」てもらわなくても、実際には乗れる.

総括的に「来訪者等」が認められているのかもしれないが.

普段見かけない人物であっても、運転手に「許可証は?」などと言われることはない.

第一、役場のホームページにも乗車申請書様式はない.

ただ、住民を押しのけて、ハイキングのグループが独占するなどはよくない.

空いていても、途中から法事で沢山乗ってくることもあり得る.

ワゴン車には立席がない.

その時は住民に譲って歩くことだ.

アンパンマンミュージアムのある香北町から、夕方、山の上の谷相に向かう香美市営バスに乗った.

通学を意識したダイヤで、朝1回、夕方2回、土日を除き運行されている.

老婦人が一人、小学生が二人乗っている.

どこで降りると言わなくても、ちゃんと家の前で止めてくれる.

 

(山を上る)

 

リュックを背負った老婦人が降り、次に大声で挨拶して小学生が降りた.

谷相は視界が広がり、眺めの良いところである.

 

(車窓から)

 

バスは山上をあちこち回り、終点に着いた.

ここまで20分、200円である.

バス停の標識はあるが、家は辺りに見当たらない.

すべてのコミュニティバスがそうだが、向きを変えて、直ちに折り返す.

 

(バスの終点)

 

帰りの便に乗客はない.

バスの運転は、タクシー会社が委託されている.

この車の運転手も、朝夕はバスで、昼間はタクシーという.

そのせいか、交わす会話はタクシーの感覚である.

「運転士に話しかけないで…」などの表示はない.

間合いが長いので、買い物で往復をバスの人は少なく、片道は支援のあるタクシーなどを使っているという.

 

3.芸西村営バス

 

芸西村のバスは、ごめん・なはり線の和食駅から、峠を越えて、山間の集落に至る.

行先は二つあり、それぞれ週2日、一日2回である.

 

(村営バスの出発)

 

大抵のコミュニティバスは、フリー乗降であっても、主なところにバス停標識が立っている.

芸西村は全くない.

住民は知っているから必要ない.

普段から行き来している隣村なのだが、わからない.

和食駅は広場が二つあるので、役場に電話して確かめた.

 

(村の中)

 

広いバイパスはあるが、それでは「コミュニティ」のバスにならない.

集落の路地を通る.

老男性が一人乗ってきた.

 

(峠道のすれ違い)

 

すれ違うドライバーは皆、バスの運転手と顔見知りである.

男性は今日運行のない集落から来たので、森の分かれ道で降り、置いてある自転車に向かった.

 

(道のネット)

 

途中の集落では、シカやイノシシの侵入を防ぐため、道にネットが張ってある.

通る場合は横にずらすように書いてある.

ただ、バスはこの道ではない.

 

(今日の終点・国光)

 

終点まで34分、280円である.

以前は小型車では積み残しが出て、29人乗りで運行したこともあるという.

途中の山の中に、バスの車庫だったコンクリートの土台が残っている.

今、この地域の全人口は、その定員の半分にも満たないだろう.

運転手は、この谷にも家があった、この横にも、と説明してくれるが、林に埋まってわからない.

それにしても、ワゴン車でも曲がり難い峠の道を、よく29人乗りで運行したものだ.

 

関連記事リンク:

山道の運転、山の子ども

コミュニティバス 2、須崎市、大豊町

高知学トップページに戻る

 

(おわり)

 

2017年6月16日 | カテゴリー : 高知学 | 投稿者 : 河田 耕一