51 高知のこんなところに?1 カフェ、蕎麦、書店、パン

このエントリーをはてなブックマークに追加

高知のあちこちを歩くと、こんなところに…なぜこんな店が…と思うことがある.

出店への理屈はない.

経営学者が唱える、マーケティングや地域政策を越えた存在である.

これには二つの理由がある.

第一に、ぜひそこに住みたい.

第二に、ぜひこの仕事をしたい.

この二つが両立されるとき、高知のとんでもないところに、とんでもない店ができる結果になる.

これは、他の四国3県には見られない、高知に特有の「現象」ではないか.

よそでは商売、実利が先で、「理屈抜き」は考えられない.

 

2017年8月18日 修正版

 

 

1.山北

 

山北はごめん・なはり線、野市駅から車で約10分のところにある.

高知で「みかん」と言えば、ここの「山北みかん」である.

緩い南斜面に、「みかんの花咲く丘」が連なる.

季節には、大規模なみかんの「良心市」が設けられ、無人のスタンドで百円玉を投入し、みんな大袋単位で買う.

 

⒉ イングリッシュガーデン

 

englishgarden2

(イングリッシュガーデン)

 

高知で「イングリッシュガーデンに行った」といえば、「英国旅行で公園巡りをした」ということではない.

山北の「イングリッシュガーデン」である.

もともとは文旦農家だが、一室はカフェで、モーニングやランチがある.

薔薇のシーズンは大変賑わう.

薔薇を沢山育てたいね、の思いが始まりらしい.

訪問者が来るようになり、イングリッシュガーデンみたいだね、ということで、今の姿になっている.

下には、ご家族のチェロ製作工房がある.

 

3.蕎麦屋

 

wabisukessoba2

(蕎麦屋、わび助)

 

蕎麦屋がある.

山葵を自分でおろして、手打ち蕎麦をいただく.

ご主人は陶芸をやるのか、立派な煙突があり、蕎麦は作品と共に出てくる.

丘には、他にも和風カフェや喫茶店がある.

秋には、斜面一帯につくられた、個人の懸崖菊園が公開される.

これらの住まいは、見晴らしの良いみかん畑の中に、ばらばらにある.

家を建てたとして、せっかく良いところにあるのだから、だれか来て欲しいという気になる.

「何かしたくなる」土地なのである.

 

4.美良布

 

美良布(びらふ)は、土佐山田駅からJRバスで20分のところである.

なぜJR(以前は国鉄バス)かというと、鉄道を敷く計画があり、実現しなかったので、代行として走らせている.

物部川のダム湖に沿うが、山間の殺伐とした湖と違って、昔から住まれた河岸段丘が湖岸になり、自然の湖の雰囲気である.

北岸は国道が通り、交通量が多いが、南岸は静かである.

湖岸の魅力的な土地だが、それだけにカフェの激戦区で、営業を止めたところを含むと5軒ある.

 

kohannoie

(元カフェ、ぷー・タロ.今はハーブ入生姜シロップを生産)

 

ochosoto

(レストラン、オーチョ)

 

自家製の卵を使ったレストランがある.

切って食べる大型プリンも、なかなかである.

昼下がり、近くの老婦人たちがコーヒーを飲みに来るのは、高知伝統の「喫茶店」でもある.

 

5.谷相

 

美良布から山に上がると谷相(たにあい)である.

コミュニティバスはあるが、通学用で便利は悪い.

上がってしまえば、トレッキング気分で歩くことができる.

 

taniainoyama

(谷相)

 

いろいろの人が外から来て住んでいる.

染色、織物、陶芸、紙漉きの工房があり、営業はしていないが、ハーブ園もある.

 

 

次の理由があるだろう.

・南斜面で、遠く西に開け、見晴らしがよい

・棚田があり、「日本の原風景」だが、高知空港に40分と近い

・複雑な地形で、思い思いのところに住居が建てられる

・周辺にアンパンマンミュージアム、高知工科大学があり、文化的雰囲気がある

谷相は「何かしたい人が集まる」場所である.

 

6.山の本屋

 

honyasanmisesaki

(本屋の入口)

 

もっとも高く、行き止まりのところに、書店、うずまき舎がある.

暮らし、自然を中心にした古書店だが、コミックもある.

しかし一癖ある選書で、女店主の個性が伺われるというものである.

 

yamanohonyasitunai

(本屋の中)

 

山上でゆっくり本を選ぶ、というのも、外にはない楽しみである.

 

7.梼原

 

梼原は、高知市から一日6本のバスで3,4時間かかる、山間の町である.

そこからさらに谷川の狭い道を行くこと3,40分、パン店、シェ・ムアが忽然と現れる.

「国道」に面しているのだが、名高い「酷道」439号(よさく)である.

町々を往来したり、観光客が通るような道ではない.

 

kokuduyosakutuno

(国道439号)

 

yuisuharapan2

(山のパン屋)

 

田舎のパン屋というと、食パンにあんパン、カレーパンとなるが、そうではない.

バゲットを始めとした、「正統フランスパン」である.

大体、店名、看板はフランス語である.

スイーツ、ランチも洒落ている.

 

yusuharapannaka

(パン店の中)

 

ご主人はこの地の出身だそうで、娘さん共々フランスに長期滞在した結果である.

東京近郊の住宅地などにあっても、おかしくない雰囲気といえよう.

といって、お高く留まっている、ということではない.

店は随分前からあるし、作業服の男性、軽のお母さんなど出入りしている.

同じ「酷道」沿いになるが、韓国風サウナは、ここをさらに上回る山の中である.

梼原は、あちこちの「こんなところに」が特徴である.

 

関連記事リンク:

こんなところに?2 映画館、美術館…

高知への移住非公式ガイド 3 いごっそうになる

高知学トップページに戻る

 

(おわり)

 

2016年8月26日 | カテゴリー : 高知学 | 投稿者 : 河田 耕一