高知学96 2018年7月豪雨のあと1、海岸と馬路、魚梁瀬

2018年7月、西日本に大災害を生じた豪雨、もともと雨の多い高知でも被害を受けた.

小学校の地理では、雨が降らない瀬戸内の海岸には塩田がつくられている、と習った.

いま大規模な塩田で製塩が行われることはなく、跡地は工業地帯になっている.

ところが、雨が少ないはずの瀬戸内を西から東へ、絶えまなく雨雲が流れた.

四国では、普段台風など来ない西岸の大洲、宇和島、宿毛に直接雨雲が当って大水害となった.

高知の東部は、室戸と言えば台風が連想されるように、風水害常襲地域である.

今回も馬路村魚梁瀬では、1,500mmの降水量を記録した.

高知東部の河川を見る.

 

2018年7月27日 最終版

 

1.流木

 

(琴ヶ浜の流木)

 

豪雨は、特に7月5日から6日にかけてすさまじかった.

深夜、雨の耳を聾する轟音が続き、スマホの緊急情報音がひっきりなしに鳴り響く.

ようやく雨が静まった後海岸に出てみると、打ち上げられた枝葉と丸太が列をつくっている.

テトラポットに突き刺さった丸太もある.

 

(住吉海岸、7月18日)

 

1週間を過ぎ、重機が多数出動して順次流木が除去される.

しかし、全海岸となるといつになることか.

海上保安部の航空機からの観察では、土佐湾に20-40cm径、長さ2-10mの丸太が450本漂っているそうで、船に警戒を呼び掛けている.

海を双眼鏡で見ると、毎日のように1、2本の丸太が西に流れていた.

これだけの流木がどこから来たのか、付近に大きい川はない.

土佐湾には反時計周りの海流がある.

沖合を西から東に流れる黒潮の端が室戸岬にぶつかって、円弧状の土佐湾に渦ができる.

流木は東の安芸、室戸方面から流れてきたのである.

 

(整理された海岸)

 

流木が除去され、海は一見元に戻ったように見える.

しかしその色はまだ本来のものではない.

コバルトブルーはきれいに見えるが、氷河湖などと同じく、海水に懸濁する微細な砂の乱反射によるものである.

 

2.安田川

 

 

高知東部には、西から安芸川、伊尾木川、安田川、奈半利川の大きい河川がある.

いずれも流れは単純で、1,200-1,400mの山から直線的に急流が海に流れ込んでいる.

2週間を過ぎた7月19日、高知東部を訪ねた.

安芸川、伊尾木川の被害は大きく、まだ泥流で通行止もある.

安田川を遡って、馬路、魚梁瀬に行き、奈半利川を戻った.

 

(安田川)

 

安田川に入ると、意外にも川は全く澄んでいる.

鮎の釣人が大変多い.

他の河川は壊滅状態なので、ここしかないとも言えるが.

 

(渓谷)

 

次第に山は深くなるが、いつに変わらない風景である.

 

(崩壊の跡)

 

高知はどこでもそうなのだが、もちろん?安田川流域でも山腹の崩壊はあって、補修の跡が残る.

 

(馬路)

 

馬路には役場やユズの加工場がある.

訊くと、岸の茶色くなった辺りまで水が来て心配したが、大事まで至らなかったそうだ.

営林署があり、森林鉄道の基地であった.

森林鉄道が通った道をさらに遡り、魚梁瀬に向かうトンネルを抜けると、安田川から奈半利川水系に変る.

 

(魚梁瀬)

 

魚梁瀬ダムは、1965年に完成した非常に大きい水力発電用ダムである.

これに伴って集落は水没するため移転し、各地に通じていた森林鉄道は廃止になった.

下流にはさらに二つのダムがあり、共通で運用されている.

ダム湖の岸には土が見えるが、先日はこれが隠れるくらいの満水になったという.

その後放水が続いて、現在の水位になっている.

 

(久木ダム)

 

ダム湖は巨大な水溜まりであり、水の動きはない.

周囲の山からの土砂や湖岸の土が流れ込んで濁るが、この濁水を排出しなくてはならない.

どこのダムでも濁水は問題になっているが、降雨量が多いと濁水も増える.

魚梁瀬ダムから流れ出た土色の水が下のダムに貯まって、緑の森林の中に泥の流れと泥の池がある異様な風景である.

 

(発電所水路からの排水、右は小川川)

 

奈半利川を下って行くと発電所があり、山を潜って放水路の出口がある.

久木ダムを通った泥水で、発電機の水車が傷まないものか心配になる.

ここは小川川との合流点で、こちらの水は青い.

 

(竹屋敷、2017年1月.このときは女性と犬の声がした)

 

小川川の先の竹屋敷は、魚梁瀬と同じくらいの山深くにある.

森林鉄道が通じ、林業の基地であり、分校もあった.

訪ねる度に人が減ることを感じたが、昨年最後の住人が山を下り、村営バスも運行を終了した.

川だけは澄み切っている.

 

(奈半利川)

 

小川川が合流しても、濁水はあまり薄まらず流れてゆく.

川沿いに最近新築された北川温泉で訊くと、8月末まで濁りが続くと知らされているそうだ.

夏を過ぎれば、ようやく高知の海は元に戻るのだろう.

 

 

関連記事リンク:

馬路のトリュフ犬と魚梁瀬

千本山と野根山、驚異の植林

高知学トップページに戻る

 

(おわり)

 

2018年7月21日 | カテゴリー : 高知学 | 投稿者 : 河田 耕一

高知学臨時、2018年7月豪雨

2018年7月、西日本の広い範囲で豪雨となり、多くの被害を生じました.

高知でも死者が出る結果となりました.

ご冥福をお祈りしております.

高知に対して、皆様から寄せられたご心配と暖かいお心遣いに厚く感謝申し上げます.

一方、愛媛、広島、岡山など、これまで水害が少なかった地域で甚大な被害になっています.

これらの地域の方々の生活が、早く元に戻られることを祈念いたします.

 

(2018年7月13日)

 

(7月6日、夜須川)

 

住んでいる香南市夜須町には夜須川が流れています.

「車軸を流す」豪雨が降り続き、溢れることも予想され、流れに近い方々は心配されたことでしょう.

一部のハウスは浸水し、出荷前のスイカやメロンが駄目になったということです.

 

(7月6日、夜須の海)

 

泥の流れが川から海に入って広がってゆきます.

 

(7月9日、夜須川)

 

幸い川が溢れることはなく、流れは少しづつ澄んできました.

 

(7月9日、夜須の海)

 

海岸には川から多数の枝葉が打ち寄せています.

何本もの丸太が来るのはこれまで無かったことで、豪雨のひどさを感じます.

この処理も大変ですが、海は沖合い遠くまで濁りました.

漁師さんは、年々雨による増水が多くなり、泥水をかき分けるようなことが多いと話していました.

山が荒れて含水量が減り、少しの雨でも土が流れ出すからです.

豊かな森林を取り戻すことが非常に重要です.

豪雨後、宮古島などを襲った台風によるうねりでまたかき回され、なかなか海は澄みませんでした.

7月13日、ようやく沖に船が出てブリの養殖の世話をしています.

 

(おわり)

 

2018年7月9日 | カテゴリー : 高知学 | 投稿者 : 河田 耕一

高知学95 室戸の海岸、廃校水族館と台地の産物

室戸岬は太平洋に向かって突き出ている.

沖合140km辺りで、北に向かって動く海洋プレートが日本列島の陸地にぶつかり、下に潜り込んでいる.

陸が引きずり込まれるので、室戸岬はいま毎年7mm沈みつつある.

やがて限度が来て跳ね上がり、南海トラフ地震が発生する.

跳ね上がる量は1回で1.2-2mである.

100年ごとにこれが繰り返され、室戸岬の地形がつくられてきた.

 

2018年7月17日 最終版

 

(室戸岬)

 

1.断崖と台地

 

室戸岬の東と西では、海岸の様子が全く異なる.

 

(室戸岬の東岸)

 

東は海底に断層があり、山から急傾斜が水深1,000mまで落ち込んでいる.

 

(室戸岬の西岸)

 

西は長年に渡って泥や砂が積もった平らな海底が、そのまま隆起して台地になっている.

 

2.佐喜浜

 

東海岸は急傾斜の山が海に面し、湿気を含んだ風が直接当たって雨が多い.

そのため森林が豊かで、岬から北20kmの佐喜浜では森林鉄道が敷かれ、スギを搬出していた.

今も幹周り12mにもなる天然杉があるそうだ.

 

(加奈木の崩え.左の奥だが木が茂って判り難い)

 

しかし一方で山崩れを起こし易い.

加奈木の崩え(つえ)はその一つで、1707年の宝永地震によるとも、1746年の豪雨によるともされている.

 

(佐喜浜川)

 

本格的な治山工事は1916年に始まり、1964年に終わっているが、今も川には痕跡が残る.

 

3.  廃校水族館

 

一方、海底が急に落ち込んでいるので、多種類の魚が集まる.

そのため大規模な定置網(大敷網)による漁業が行われている.

椎名に元の小学校を利用した「廃校水族館」がオープンした.

 

(ウミガメとシュモクザメ)

 

25mと低学年用、二つのプールが屋外水槽として使われている.

「今日は何が入りました?」

「タコとサバ!」

水族館で交わす言葉ではないようだが、椎名の網に入った魚を、漁師さんが見つくろって入れてくれるのである.

ウミガメは度々入り、保護団体が計測してタグをつけて放す.

最近メキシコのタグをつけたカメが来た.

太平洋を横断して遊泳後、また戻って生まれた場所に産卵に来たらしい.

 

(サバ)

 

魚は周囲の状況によって色が変わるという.

サバがいるが、見慣れた鯖寿司色?ではないコバルトブルーもいる.

 

(ヨシキリザメ)

 

魚は、より大きな魚に寄り添うものらしい.

サメの背後に小魚がくっついている.

大きな魚に対して安全だし、傍にいても後なら食べられる心配はない.

入荷をしらせてくれる魚屋のメールに、

「くじらつきのカツオが入りました.イワシをたっぷり食べて太っています」とあった.

近くの港の漁師さんが言っていた.

沖には漁船くらい大きいクジラ(マッコウクジラ)がいるが、イワシやカツオを大勢引き連れている.

イワシはまずカツオにつくべきであった.

 

4. 台地

 

(国道)

高知市から室戸への国道55号線は、海岸のわずかな土地を通る.

海の反対側は急傾斜の山だが、この上が台地で、田畑や集落、国道と並行する道があるとはなかなか信じられない.

 

(台地への道)

 

台地に至る古くからの道は、照葉樹林の中を曲がりくねって上がって行く.

 

(広域農道から)

 

今は1.5車線の広域農道がつくられ、深い谷は雄大な鉄橋で越えているので困難なく到達できる.

しかし台地の中の道は畦道が進化したようなもので、軽トラ用である.

田畑は林の間に点在し、土地は平らなので先が見えない.

 

(台地の道)

 

林をあちこち曲がりながら進んで行くと、突然行き止まりになったり、農家の庭先で終わったりする.

 

(イモ畑)

 

台地はもともと水が得難いので、サツマイモが主な産物であった.

西山台地のイモはブランドになっている.

 

(太平洋を見下ろす水田)

 

傾斜がないので見通しが効かず、意外に海は端でないと見えない.

また意外に水田が多い.

どこでも昔から農業をやるなら稲作であり、そのためあちこちに溜池がつくられている.

 

(集落と溜池)

 

ビワ、ポンカンなどの果樹が育てられているが、茶畑もある.

室戸の玉露はイメージと違うようだが、温暖ながら標高200mで霧がかかるし、窪地があって風の心配も少ない.

日当たりが良く、海の荒波や行き交う車と隔絶された静かな別天地である.

 

関連記事リンク:

室戸の街と札所

海の楽しみ、釣りにマリンスポーツ

高知学トップページに戻る

 

(おわり)

 

 

2018年7月3日 | カテゴリー : 高知学 | 投稿者 : 河田 耕一