高知学73 高知の山奥で食事、地鶏、蕎麦、フレンチ

山奥でゆっくり食事をしたり泊まったり、高知での候補を挙げてみよう.

・特別な食事が楽しめる

・辺りの風景が素晴らしい

・簡単には行けない

以上が条件である.

お金さえ用意できるなら、都会にはすぐ行ける店やホテルがいくらでもある.

行くことに困難が伴うから、行った先での楽しみが増加する.

しかし行った先が「まあこんなもの」では「がっかり名所」である.

行き難いほど、行った先に対する満足度要求レベルは高くなる.

 

2017年7月 初版

2018年7月12日 修正版

 

 

1.畑山温泉

 

畑山温泉には、高知市から室戸岬に向かう途中の安芸市から山道を40分.

一日3回のコミュニティバスを利用することもできる.

地鶏・土佐ジローの料理を提供する、3室の宿である.

 

(畑山温泉への道)

 

安芸川に沿って上流へ.

都会から来る人は道路の狭さに驚く.

しかしこれは高知で普通である.

通行が極めて少ないからこれでよいのだ.

 

(畑山温泉)

 

料理は胸肉のたたきを始めに、ご主人が焼いて見本を示してくれる各部位の炭火焼、鳥鍋と進んで、しめは親子丼.

 

(第2皿の炭火焼、5人前)

 

翌朝は卵かけご飯だから、土佐ジローを食べ尽くす.

飼育場は下流に、処理場は川向こうにある.

 

(安芸川)

 

畑山集落を貫く安芸川にダムは無く、いつも澄んだ水が勢いよく流れている.

7月の朝だったが、アカショウビンの声が聞こえた.

南国から渡ってきた渓流の鳥である.

 

 

(水力発電所跡)

 

上流に行くと、今は使われていない小さな水力発電所がある.

以前の勤め先で、電気系の部長が「僕の夢は山の発電所の所長だったがなあ」などと言っていたのを思い出す.

 

(廃校の畑山小中学校)

 

畑山温泉の鶏料理、もちろん素材は良い.

一般の鶏は45日で出荷するが、これは150日という.

ただ、養鶏が専門のご主人、元新聞記者の奥さん、いずれももとからの料理人ではない.

しかし、この調理、盛り付け、味付けは、各地の一流の鶏料理を研究し尽くした結果ではないだろうか.

「田舎だから」、「地元食材だから」で済まさない、最高を求める姿勢が感じられる.

 

2.寒風山の蕎麦

 

高知市の東、伊野から愛媛県の西条まで、国道194号線が伸びる.

県境になる標高1,763mの寒風山を、長さ5.4kmの長いトンネルで抜ける.

瓶ヶ森、石鎚山と1,900mクラスの連山である.

麓は紅葉でも、上は霧氷や雪.

10月だったが、11月になると山の上は通行止になる.

なお、標高1,500mにある山荘は、改装で2019年まで休業中である.

 

(山への道)

 

麓の山峡に蕎麦「時屋」がある.

国道に小さな看板があり、そこから折れて谷筋を遡る.

 

(国道の分かれ)

 

峡谷を行く道には人家は無く、本当にここに蕎麦屋があるのか、不安になる.

2kmほどで林の空きスペースに止まる車が見え、谷間に蕎麦屋が現れる.

紅葉であった.

 

(蕎麦・時屋)

 

小道を下って、小体な建物に入る.

座敷と渓流に向かった縁側がある.

度々来ているらしい男性は、迷わず縁側に腰を下ろした.

 

(渓流に向かって)

 

なぜ主人はこの場所を選んだのだろう.

水は石鎚からの流れだから、もちろん良い.

しかし一番の理由は、理想の蕎麦空間をつくりたかったのではないだろうか.

都会の有名蕎麦店といっても、電線が這いまわっていたり、裏口に空き箱が積みあがっていたりする.

ここには醜いものは一切ない.

蕎麦はもちろん旨いが、空気も、渓谷も、しつらえも、出してくれるお茶も、すべて極上の蕎麦空間である.

勘定でちらと見える厨房も、白木が美しく、清潔で整理が行き届いている.

途中の長い山道は蕎麦への前奏曲なのかもしれない.

車のナンバーを見ると、高知、愛媛だけでなく、全国から来ている.

納得する.

 

3.滑床渓谷

 

山の蕎麦屋は、高知県いの町にある.

しかし、トンネルを抜けるとすぐに愛媛県西条で、伊野よりはるかに近い.

愛媛の奥座敷と言った方がよい.

滑床は反対で、愛媛県松野町にある.

愛媛県の観光地としては辺境で、松山から遠い.

しかし高知側からは、四万十川や天狗高原の観光とリンクするルートである.

観光は自治体の視察旅行ではないから、行政区域によらず滑床は高知の観光地と言って良い.

流れの上は高知・愛媛県境だし、川は四万十川に流れ込む.

 

 

(夕暮れの渓谷)

 

滑床は磨かれた花崗岩の、文字通りの滑らかな岩である.

雪輪の滝は、防具を着けて滑り降りるキャニオニングの場である.

さらに奥に行けば森林鉄道線路跡や橋台がある.

 

(雪輪の滝)

 

雪も舞いそうな12月の夕暮れで、谷川を奥まで歩いて出会ったのはハイカー一人であった.

「ケーン」という鋭い一声が響く.

シカに5頭出会った.

 

(森の国ホテル)

 

渓谷にはシャレ-風の「森の国ホテル」がある.

上高地帝国ホテルを模しているが、フェイクではなく立派な建物である.

持ち主は松野町だが、指定管理者により運営されている.

紅葉や新緑の頃は混雑するが、この季節、泊り客は我々二人だけであった.

しかし二人でも手抜きはない.

暖炉には赤々と薪が燃えている.

ワインもよく料理にマッチして、渓谷の夜を楽しんだ.

 

関連記事リンク:

高知でもっとも奥深い伊尾木川

山岳道路の瓶ヶ森と天狗高原

高知学トップページに戻る

 

(おわり)

2017年7月18日 | カテゴリー : 高知学 | 投稿者 : 河田 耕一

高知学72 コミュニティバスで高知観光 2 須崎市、大豊町

「コミュニティバス」には、はっきりした定義はなく、ただ単に小型のバスを指す場合もある.

行政的には、市町村が交通空白地(過疎地)で運行する白ナンバーの「ローカルバス」である.

安い運賃だが、無料のところもあるし、路線バスと同じ緑ナンバーの事業の場合もある.

運転は地元タクシー会社などに委託されている.

運転手は地元の人だから、道中、土地の生活事情や、名所を話してくれる.

「田舎のワンマン観光バス」である.

今回は須崎市、大豊町である.

 

2017年7月 初版

2018年6月20日 修正版

 

 

1.須崎市営バス

 

コミュニティバスの路線は、大体は山奥の集落だが、海岸にもある.

須崎市は三つの部分からできている.

駅付近の「旧市街」、高速インター付近の大型店が集積する「新市街」、入江にある漁港である.

コミュニティバスはこれらを結んでいる.

 

(スーパーの停留所)

 

一日7往復だから、高知のコミュニティバスの中で格段に多い.

Mスーパー前から湾の奥へ向かったが、レジ袋を提げた人たちで、マイクロバスの半分が埋まった.

 

(野見)

 

入江に沿って、山を上り下りして走る.

野見が漁業の中心で、ほとんどの乗客が降りた.

小中学校の大きな建物もある.

 

(野見湾)

 

静かな湾にはタイ、ブリなど多数の養殖筏が浮いている.

海を眺めながら小さな漁村を回る.

運転手の話ではいま通学の生徒はいない.

小さい子が一人いるが、このバスで野見の学校に通うまでまだ大分あるね、ということだ.

 

(終点中ノ島.向こうが戸島)

 

終点で折り返しの出発まで10分くらいあるので、運転手は煙草を吹かす.

すぐ先に戸島があって、住まいが見えているが橋はない.

住民はここまで船で来て、このバスで買物に行くのだそうだ.

戻る途中、屈強な男たちが乗ってくる.

交わしている会話からすると、漁師さんである.

パチンコ通いによく利用されているらしい.

車を運転できない風ぼうではないが、夜明け前からの仕事を終え、一杯ひっかけて帰るのかもしれない.

終バスは6時前だ.

 

2.大豊町営バス立川線

 

大豊町のバスは、高知にある21市町村のコミュニティバスの中で、唯一無料である.

無料の場合はホテルの送迎バスなどと同じで、道路運送法の適用外になる.

ただバラマキ行政風になるためか、交付税の交付対象外となるので、町では過疎債を財源としている.

土讃線大杉駅前から、日祝を除いた日に3往復の立川線に乗った.

 

(大杉駅前)

 

以前、同じ高知の越知町には、無料の「患者バス」があった.

通院証明書が必要だが、高齢者は皆何かで病院に行っているから、事実上全員が対象である.

厚労省の地域医療対策事業が財源となっていた.

山の上に住民がつくった待合所があり、かかし人形が置いてあった.

 

(越知町清助の待合所)

 

しかしこれだと、せっかく若い移住者や子どもが来ても乗れない.

そのようなことがあってか現在は有償の町営バスに変わっている.

しかし親切である.

普通は停留所に「時間に余裕を持って来て…」などと注意書きがある.

そうすると律儀な老人は、雨の日でも、5分、10分も前から待つ.

越知町では「時間まで発車しませんので、あまり早くから待つ必要はありません」と書いている.

 

(山の車窓)

 

大豊では学校から地域スーパーにかけて、町の2km周辺での乗降が結構多い.

無料だから、気軽に利用されているらしい.

山に入るが、これは標高1,000mの笹ヶ峰を越える、参勤交代の古道である.

高知から瀬戸内へ抜ける高速道路が頭上を平行する.

高速道路から見下ろすと、下はうっとうしいだろうと思っていたが、時折高い橋脚が見える程度である.

一人残った老婦人が降りた.

いつも思うのだが、このようなところで降りる老婦人は、必ず凛とした雰囲気を漂わせている.

途中、屋根付きの橋を渡って境内に入る神社がある.

写真を撮ると運転手は、雰囲気があるところで祭もやっている、と説明してくれる.

ガイドブックにはない.

 

(橋を渡る神社)

 

復元された昔の番所のところで街道をそれ、狭い谷筋に入る.

男性が一人歩いているがアメゴ釣りだそうだ.

移住してきた家に小学生がいるが、寝坊して朝7時のバスに遅れるとお母さんが送る.

40分余りで終点の仁尾ヶ内に着くが、森の中に待合所があるだけで人家は見当たらない.

上には数軒の家があるらしい.

乗客がいれば山を上がってくれるのかもしれない.

 

(終点、仁尾ヶ内)

 

対岸にも3軒があり、高知の病院に通っていたが、今はみな入院したそうだ.

林道が先に続いていて、秋から伐採が始まり、大型トラックが行き来するという.

いま、この地域で林業に従事しているのは1軒だけらしい.

林業が衰退したので山の集落が消滅したと考えられがちだが、逆である.

今は林道がつくられ、大がかりな林業機械によって、計画的に伐採と育成が行われる.

昔の木こりのように、山に住む必要はない.

麓の基地で段取りと連絡を終え、山に出勤する.

5時を過ぎると、山から次々に車が戻る.

 

(おわり)

 

関連記事リンク:

コミュニティバスで観光1.香美市、芸西村

越知、黒森山の山上集落

高知学トップに戻る

 

2017年7月2日 | カテゴリー : 高知学 | 投稿者 : 河田 耕一