高知学61  ごめん・なはり線で酒蔵訪問.高知一高い酒、日本一海に近い駅

鉄道ファンが増えて、いろんなジャンルができている.

その中に「呑み鉄」という分野があるらしい.

鉄道に乗って、呑みながら旅をする.

降りて、付近の居酒屋や酒蔵を訪問しては呑む.

高知ではどこがあるだろう.

土佐くろしお鉄道、ごめん・なはり線である.

JR土讃線を後免で分かれ、終点奈半利まで42.7kmの、第三セクター鉄道である.

1時間なのだが、途中下車を繰り返して乗ってみよう.

 

2018年4月28日 修正版

 

1.吉川

 

(吉川駅)

 

後免を発車した1両の列車は、野市を出ると田園になり、吉川に着く.

最初の酒蔵、「どぶろく工房香南」がある.

右に畦道を歩けば約1kmである.

 

(どぶろく工房香南)

 

元はコンクリート工場で、鶏や山羊が遊んでいる.

だれも酒蔵とは思わないであろう.

ところが、ここで作るどぶろくは、3年連続、全国の優秀賞を受けている.

米、水、酵母など、徹底してこだわった結果である.

ごめん・なはり線では、このどぶろくを呑む列車が運行される.

500mL、2,500 円のものを買う.

しかし、あるじの探求心は留まることがないようで、今度750mLで4,500円のどぶろくを売り出した.

高級レストランのワインリストに載る価格帯である.

定評の「土佐鶴天平」を上回り、高知でもっとも高価な酒が現れた.

 

2.赤岡

 

(赤岡)

 

赤岡から海岸に出る.

高木酒造「豊の梅」は近い.

しらす(ちりめん)の直売所がある.

これを肴に岸壁で呑む.

高知で観光客に、「しらす丼」はどこで食べられるかと訊かれる.

あまりにも日常的なので答えに窮する.

水戸で、納豆ご飯がどこで食べられるか、という質問と似ている.

スーパーやコンビニでご飯を買って温めてもらう.

そこにシラスをぶっかけて食べる.

なくなれば継ぎ足す.

100や200gはあっという間になくなる.

好みで醤油などもらってかけてもよい.

 

3.夜須

 

(夜須)

 

夜須には海水浴場があり、砂浜にはボードウォークがある.

ここは絶対ビールだろう.

インド料理店があり、テラスで生ビールとナンを摂ることもできる.

 

4.西分

 

(西分駅に入る)

 

夜須からトンネルを出ると、琴が浜に沿って7km走る.

ハイライトである.

西分(にしぶん)のホームは海に面している.

聞こえるのは、波の音と、松を渡る風の音だけである.

海に近い駅は、北海道や東北にもあるが、寂しくて、海を楽しむ気になり難い.

四国の他にもあるが、傍を国道が通ってうるさい.

ごめん・なはり線でも、隣の和食(わじき)は列車交換の駅でホームが二本あり、さほどよくない.

その先の赤野では、ホームが山を向いている.

JR始め、ほとんどの全国の鉄道を乗ってきたが、西分が間違いなく日本でもっとも海に近い駅と断言できる.

 

(西分のホーム)

 

ここで呑むのは何がよいだろうか.

ビールや酒でもよいが、ほとんど乗降客はないとはいえ、無人駅を独占しての酒盛りはよくない.

それなら下の砂浜に出ればよい.

ここはひとつシェリーでどうか.

高速で通過する快速列車など眺めながら舐める.

 

(松林を走る)

 

5.煙突

 

田舎で車窓から煙突が見えると、そこは造り酒屋である.

米を蒸すときに使うもので酒蔵のシンボルである.

今では薪を使わないから使われてはいないが.

 

(響灘)

 

西分駅を下ると、響灘の煙突が見える.

白い煉瓦で名を入れた、低いが凝った作りである.

いまは醸造していないが、コンビニ的酒屋をやっているので、呑み鉄の酒を仕入れることができる.

 

(志ら菊)

 

一つ先、和食(わじき)駅からは、北に仙頭酒造「志ら菊」の煙突が見える.

 

(玉川)

 

さらに次の赤野からは、旧道にある有光酒造「玉川、安芸虎」の酒蔵が近い.

安芸に着けば、これも旧道に、菊水酒造「菊水」がある.

さらに安田まで行けば、一帯は酒の宝庫である.

町中には、南酒造「玉ノ井」の古いたたずまいが見られる.

冷用酒「南」が、高知でよく呑まれている.

海岸には、高知一の全国銘柄「土佐鶴」の本拠がある.

ただ、主力工場は台地の上にあるので、「司牡丹」の佐川と違って、街中にはあまり酒の香がしない.

もう一駅、田野では濱の鶴酒造「美丈夫」が、がんばっている.

 

(美丈夫)

 

6.奈半利

 

次駅、奈半利が終点である.

ホームは高架の3階で、1本の線路がぷっつりと終っている.

それぞれの蔵で買い求めた酒が重い.

 

 

 

同じ階にイタリアンがあるので、休んでゆこう.

パスタでワインをやり、鉄橋を渡って次の列車がやってくるのを待つ.

 

(奈半利駅で)

 

高知のI石灰会社では、このほどワインの醸造を始めた.

良質の石灰質の土地、シャブリに匹敵する完成を願いつつ、高知の呑み鉄の旅を終える.

 

関連記事リンク:高知のどぶろくと酒蔵

        特急グリーン車乗り放題で四国東部を回る

高知学トップページに戻る

 

(おわり)

 

2017年1月18日 | カテゴリー : 高知学 | 投稿者 : 河田 耕一

高知学60 高知で魚グルメ.ウルメ、イシモチ、ヨコワ、クエ、ボラ

およそ高知で食品を売るならば、カツオを扱わない店は、地域の存在として認められない.

刺身にせよ、たたきにせよ、短冊にせよ、切身にせよ、県民の主食に近い.

しかしカツオ以外はあるのだろうか.

高知の魚グルメを探ってみよう.

今回は、ウルメ、イシモチ、ヨコワ、クエ、ボラである.

 

2018年3月8日 改訂版

 

1.ウルメイワシ

 

urumeiwasi

(ウルメイワシ)

 

近所の方から、「たくさん釣れたので」とウルメのお裾分けを頂戴した.

ムチムチ、ピカピカとしている.

スーパーでも売っていて、十分に新しい.

網でなく、釣ったウルメは高知でブランド化されつつある.

しかし、これは防波堤からの直送である.

早速鮨にした.

 

(ウルメの寿司)

 

2. イシモチ

 

(イシモチ)

 

近くの西分(にしぶん)漁港に行った.

地元スーパーの主人の顔が見える.

これが今日並ぶのだろう.

見慣れない大きい魚が揚がっているので、訊くと「ニベ」との答えだった.

「頼みをにべもなく断る」は、これに由来する.

ニベからつくる膠は強力だが、でないと縁が薄いということによるそうだ.

別名はイシモチで、耳石が大きいところから、そういうらしい.

イシモチは、中華料理で揚げたりあんかけにしたり、重用されるという.

 

3.ヨコワ

 

(ヨコワ)

 

2016年の12月だったが、地元スーパーの棚にはヨコワのブロックがずらりと並んだ.

高知では「ヨコ」と呼ぶ.

マグロは粘っこい、しかしハマチはあっさりし過ぎる.

中間の舌触りで、その刺身はどの魚より好きである.

漁師によれば、何年も獲れなかったが、いま異常に獲れているという.

ただ、これはクロマグロの子供であり、漁はあまり好ましくないとされてはいるが.

 

4.クエ

 

(鮮魚店)

 

年末、安芸の鮮魚店に行ったら、クエが出ていた.

 

(クエとキンメダイ)

 

キンメダイも高いが、クエは9,600円と破格の値段である.

正月、一家眷属で鍋や刺身をやるのだろう.

年明け、鍋用に切身を売っていた.

やはり一盛り1,500円と高価である.

大きい魚だが、でれっとした身ではなく、ちりちりと締まった筋肉質である.

淡白だが口に広がる旨味があり、鍋の魚として最高ではないか.

 

5.ボラ

 

近くの浜では、この2,3日、ボラがよく跳ねている.

写真に撮ろうとするが、なかなか難しい.

望遠だと視野が狭く、どこで跳ねるか予測がつかない.

何回かやっている内に要領がわかってきた.

群れで一定の移動をしているようだ.

そのあたりに波が立つ.

そこを狙ってシャッターを押す.

能登の七尾湾のボラ待ち櫓は、その下の網の上に群れが来たところで引き揚げ、一網打尽にするのだそうだ.

 

(跳躍!)

 

なぜ跳ねるかは、わかっていないという.

群れで周囲が狭苦しくなって、脱出するのかもしれない.

勢いよく、かなりの距離を飛んでいる.

学校の水泳で飛び込みに失敗して、腹を打つのと同じで、岸までバシッという着水の音が聞こえてくる.

痛くないのだろうか.

高知市内の浦戸湾でも、船にボラが飛び込んでくることがあり、結構重いので直撃されると大変らしい.

ボラの味は水質によるそうだ.

下の堤防を根城にする釣師は、この辺りは水が良いので美味い、と言っていた.

冬がシーズンで、刺身にできる.

ウチのお母さんは、ボラを頂いても捌きたくない.

つぶらな瞳で、鼻先が丸く、口も控えめである.

どことなく人の顔に似ている.

 

 

リンク:

高知の食卓、高知の食事 1

室戸岬と室戸の魚

高知学トップページに戻る

 

(おわり)

 

2017年1月8日 | カテゴリー : 高知学 | 投稿者 : 河田 耕一