58 高知でジビエ料理.ハクビシン、シカ、イノシシ.肉はどこで買う?

毎年、県民の投票によって、高知でお勧めの料理店を選出する、「高知家グルメガイド」の催しがある.

結果はパンフレットになって、観光案内所などで配布される.

これまで、鰹たたきの店が、1位を続けて獲得していた.

ところが2016年では、高知市内のジビエレストラン、Nが県内1 位となった.

周辺の「選挙運動」があったのかもしれないが、高知イコール鰹たたき、の固定観念を破る快挙である.

女店主、Nさんは高知のジビエ料理の開拓者である.

シカといえばシカソーセージ、イノシシといえば猪鍋、といった、よくあるレシピではない.

ロースト、グリル、アヒージョなど、ワインが合う洗練された料理である.

身辺ではハクビシンも加わった.

 

 

2017年7月28日 修正版

 

1.ハクビシン

 

hakubisinwokinnjyodeedited-1

(近くの茂みで)

 

ハクビシンは、タヌキ位の大きさの小動物である.

日本固有の種ではないが、いつ渡来したのかは不明なので、特定外来動物ではない.

果実が好きで、ミカン畑を荒らす.

カキやイチジクなど、熟してきて、明日辺りが食べごろかと思う.

ところが、次の日はもうハクビシンにやられている.

味覚の鋭いグルメなのである.

自宅近くの林にもいるらしく、前の側溝を走っていた.

 

jibieparty

(ハクビシンパーティ)

 

町内の人が、落し罠で2匹を捕らえたというので、8人で自宅で焼肉パーティを行うことになった.

熟達の職人?が備長炭で焼く.

ベジタリアンで、グルメなハクビシンが不味かろうはずはない.

脂は少なく、ほろほろとした柔らかさで、コンビーフに似た食感である.

もちろん、けもの臭さなどない.

 

hakubisinsityuu

(ハクビシンのシチュー)

 

余った骨付き肉でシチューをつくった.

 

2.ジビエフェスタ

 

zibiehuesutakaijyou

(山の会場)

 

毎年秋、標高730m、大豊町の山の上にある「ゆとりすとパーク」でジビエフェスタが開かれる.

前記Nさんが始めに企画した催しである.

ジビエに関したいろいろな出店がある.

 

sisimaruyaki

(イノシシの丸焼き)

 

丸焼きは、焼いてさばくのが追い付かず、長蛇の列である.

ローストやグリルなど、買い求めてすぐ山を下りる人が多いようで、時間が経っていないのにもう売り切れである.

ジビエの人気は大変高いようだ.

ただ山の上で、風は強いし、日が陰ると寒い.

屋外のテントやテーブルではゆっくりできない.

そう言ってはなんだが、出店もよくある焼きそばやカレーが多く、B級的雰囲気である.

以前は室内で、シェフがその場でジビエを調理したり、輸入生ビールやワインがあって、A級的に落ち着いて食事が楽しめたのだが.

地元工房の肉を使った、山の民宿Mのシカ肉ミンチのペンネを食べた.

丁寧に料理されていた.

 

3.北海道のジビエ

 

秋に北海道、釧路から根室にかけて旅行した.

根釧原野、湿原を6日間歩いた.

ホテル、民宿で5泊したが、その間の夕食は次の内容である.

カニ、イクラ、ウニ、柳カレイ、宗八カレイ、ホッケ、ニシン、サンマ.

魚には食傷して、エゾシカも多いことだし、釧路でジビエ料理を探したが、見つからなかった.

 

ezosikanature

(エゾシカ)

 

釧路・根室近辺は、特にエゾシカと車の衝突事故が多く、年間500件に上るという.

高知では、土讃線の同じ特急が、続けて2度シカをはねる事故があった.

レンタカーを借りるとき、このプランでは、シカとぶつかっても車両保険は出ないと注意された.

危険個所を示す、エゾシカ衝突事故マップを渡された.

風連湖に行ったが、国道傍の草叢で2頭が草を食べていた.

ネイチャーセンターでは5頭に出会った.

所員の説明では、原生花園を荒らしていて、対策に追われているそうだ.

 

4.高知のジビエ

 

もし、高知で同じ5泊6日の旅行をするとして、夕食はどうなるだろうか.

1日目、鰹たたきは確実である.

2,3日目も寿司、生簀、貝類など魚で行けそうである.

4,5日目はどうか.

イタリアン、中華などもあるが、東京で食べられるものを、旅行に来て食べる気はしないだろう.

そこでジビエである.

高知観光の楽しみを広げてくれる.

 

5.ジビエの原材料

 

高知では、イノシシ、シカの農作、森林被害がひどく、年間ほぼ各2万頭が駆除されている.

しかし、それでもまだ自然減には至らない.

 

駆除された動物は、ほとんどその場に埋められる.

もったいない、食べては、という気もする.

しかし、我々が牛や豚をおいしく食べられるのは、一定の場所で、絶命後、瞬時に解体されるからである.

野生動物に対して、これを行うことは大変難しい.

銃砲にせよ、罠にせよ、止めをさした後、すぐに血管、気管を切断し、血を出す.

シカは、少なくとも1時間以内に処理する必要があるという.

大変手間がかかるし、そのような狩りの場所は限られる.

ジビエは極めて貴重な食材なのである.

 

inosikakoubou

(猪鹿工房O)

 

今回、大豊町、岩原の山にある猪鹿工房Oで1.5kgを買った.

 

関連記事リンク:

高知のジビエ.シカ、イノシシを食べる

高知で魚を獲る、買う、食べる

高知学トップページに戻る

 

(おわり)

 

2016年12月9日 | カテゴリー : 高知学 | 投稿者 : 河田 耕一