高知学14 高知東部.山のこまどり温泉と奈半利のとんかつ

高知にもあちこちに温泉がある.

温泉には、火山のマグマで熱せられた火山性温泉と、地球の内部で熱せられた非火山性の温泉がある.

道後温泉は後者である.

地熱は、深さ1,000mで30度上昇するので、深くボーリングすれば熱水が出て「温泉」になる.

といって、それが道後温泉レベルかというとそうではない.

化学者によれば、水の分子は単なるH2Oではなく、いろいろな状態が存在するという.

そこに熟成があるのかもしれない.

薪の風呂は暖まるというのも、時間をかけて水から熱するためかもしれない.

一方、温度は低いが、有効成分を含む「鉱泉」があり、これは加熱すれば立派な「温泉」である.

山の温泉に入って山菜うどん、海岸に出てとんかつを楽しもう.

 

2018年4月21日 改訂版

 

shikanoonsen095

 

(入河内)

 

1.こまどり温泉

 

高知の東、安芸市から、伊尾木川を20分ほど遡ると、入河内の集落である.

小さい峠に向けてそれ、狭いトンネルを通って安芸川の支流に出る.

そこに「こまどり温泉」がある.

イノシシが道を歩いていた.

車に突進してもらっても困るので、ゆっくりと後を付けたが、やがて草叢に入って行った.

この日は下流で、オレンジ色のチョッキをつけ、犬を連れた狩人のグループに出会った.

離れていたので、そこから逃げてきたわけではないだろう.

 

komadoriinosisi

(イノシシ)

 

温泉は小さな浴槽一つであるが、いつも清潔な湯を湛えている.

日帰り入浴施設で、温泉宿ではない.

夕方は地元の客が入ってくるし、安芸市内からお年寄りのグループが来ることもある.

しかし、平日の昼間、大概は独占する.

食事も取ることができる.

 

komadorimenu

(食堂のメニュー)

 

入浴料400円で、500円の山菜うどんを食べる.

観光地でよくある、中国産の調理済山菜ではなく、本当に地元で採ったものである.

おつまみ付ビールを500円で飲み、畳の部屋で座布団を借りて昼寝をすれば、1,400円の旅となる.

 

komadoritatami

(和室)

 

平日のバスは通学のためで利用し難いが、土日は、昼に着いて3時間後に帰る便があって、ゆっくりできる.

今日は土曜日で、常連らしい老人が一人、バスで到着したようだ.

「こまどり」の名の由来を聞いたが、こまどりが多く生息しているわけではなく、イメージらしい.

 

2.奈半利のとんかつ

 

温泉は山の中だが、海岸に出れば奈半利町にとんかつ屋がある.

食堂の雰囲気には、あるじの風貌が影響する.

寿司屋の大将にビール腹の男性はそぐわないし、痩せて細身の人は鉄板ステーキのシェフに似つかわしくない.

その点、奈半利町にある、夫婦二人のとんかつ「豚福亭」は、十分である.

最初に行ったとき、窓越しに、コック帽をかぶった、でっぷりした年配の男性が、動くこともなく座っているのが見えた.

Kチキンと同じようなマネキンがあると思った.

しかし動いた.

ご夫婦ともだが、これほどとんかつ店にふさわしい風貌はない.

とんかつがなおさら美味しくなる.

とんかつ定食には大があるし、海老フライの大きさも高知で有名である.

うかつにこれらを頼んだ女性が持てあましても、奥さんが「コーン油で揚げているから、持って帰って温めて大丈夫」と包んでくれる.

 

(ロースかつ定食、並)

 

 

関連記事リンク:

トリュフ犬と馬路村

高知学トップページに戻る

 

(おわり)

 

2015年4月6日 | カテゴリー : 高知学 | 投稿者 : 河田 耕一