高知学96 2018年7月豪雨のあと1、海岸と馬路、魚梁瀬

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年7月、西日本に大災害を生じた豪雨、もともと雨の多い高知でも被害を受けた.

小学校の地理では、雨が降らない瀬戸内の海岸には塩田がつくられている、と習った.

いま大規模な塩田で製塩が行われることはなく、跡地は工業地帯になっている.

ところが、雨が少ないはずの瀬戸内を西から東へ、絶えまなく雨雲が流れた.

四国では、普段台風など来ない西岸の大洲、宇和島、宿毛に直接雨雲が当って大水害となった.

高知の東部は、室戸と言えば台風が連想されるように、風水害常襲地域である.

今回も馬路村魚梁瀬では、1,500mmの降水量を記録した.

高知東部の河川を見る.

 

2018年7月27日 最終版

 

1.流木

 

(琴ヶ浜の流木)

 

豪雨は、特に7月5日から6日にかけてすさまじかった.

深夜、雨の耳を聾する轟音が続き、スマホの緊急情報音がひっきりなしに鳴り響く.

ようやく雨が静まった後海岸に出てみると、打ち上げられた枝葉と丸太が列をつくっている.

テトラポットに突き刺さった丸太もある.

 

(住吉海岸、7月18日)

 

1週間を過ぎ、重機が多数出動して順次流木が除去される.

しかし、全海岸となるといつになることか.

海上保安部の航空機からの観察では、土佐湾に20-40cm径、長さ2-10mの丸太が450本漂っているそうで、船に警戒を呼び掛けている.

海を双眼鏡で見ると、毎日のように1、2本の丸太が西に流れていた.

これだけの流木がどこから来たのか、付近に大きい川はない.

土佐湾には反時計周りの海流がある.

沖合を西から東に流れる黒潮の端が室戸岬にぶつかって、円弧状の土佐湾に渦ができる.

流木は東の安芸、室戸方面から流れてきたのである.

 

(整理された海岸)

 

流木が除去され、海は一見元に戻ったように見える.

しかしその色はまだ本来のものではない.

コバルトブルーはきれいに見えるが、氷河湖などと同じく、海水に懸濁する微細な砂の乱反射によるものである.

 

2.安田川

 

 

高知東部には、西から安芸川、伊尾木川、安田川、奈半利川の大きい河川がある.

いずれも流れは単純で、1,200-1,400mの山から直線的に急流が海に流れ込んでいる.

2週間を過ぎた7月19日、高知東部を訪ねた.

安芸川、伊尾木川の被害は大きく、まだ泥流で通行止もある.

安田川を遡って、馬路、魚梁瀬に行き、奈半利川を戻った.

 

(安田川)

 

安田川に入ると、意外にも川は全く澄んでいる.

鮎の釣人が大変多い.

他の河川は壊滅状態なので、ここしかないとも言えるが.

 

(渓谷)

 

次第に山は深くなるが、いつに変わらない風景である.

 

(崩壊の跡)

 

高知はどこでもそうなのだが、もちろん?安田川流域でも山腹の崩壊はあって、補修の跡が残る.

 

(馬路)

 

馬路には役場やユズの加工場がある.

訊くと、岸の茶色くなった辺りまで水が来て心配したが、大事まで至らなかったそうだ.

営林署があり、森林鉄道の基地であった.

森林鉄道が通った道をさらに遡り、魚梁瀬に向かうトンネルを抜けると、安田川から奈半利川水系に変る.

 

(魚梁瀬)

 

魚梁瀬ダムは、1965年に完成した非常に大きい水力発電用ダムである.

これに伴って集落は水没するため移転し、各地に通じていた森林鉄道は廃止になった.

下流にはさらに二つのダムがあり、共通で運用されている.

ダム湖の岸には土が見えるが、先日はこれが隠れるくらいの満水になったという.

その後放水が続いて、現在の水位になっている.

 

(久木ダム)

 

ダム湖は巨大な水溜まりであり、水の動きはない.

周囲の山からの土砂や湖岸の土が流れ込んで濁るが、この濁水を排出しなくてはならない.

どこのダムでも濁水は問題になっているが、降雨量が多いと濁水も増える.

魚梁瀬ダムから流れ出た土色の水が下のダムに貯まって、緑の森林の中に泥の流れと泥の池がある異様な風景である.

 

(発電所水路からの排水、右は小川川)

 

奈半利川を下って行くと発電所があり、山を潜って放水路の出口がある.

久木ダムを通った泥水で、発電機の水車が傷まないものか心配になる.

ここは小川川との合流点で、こちらの水は青い.

 

(竹屋敷、2017年1月.このときは女性と犬の声がした)

 

小川川の先の竹屋敷は、魚梁瀬と同じくらいの山深くにある.

森林鉄道が通じ、林業の基地であり、分校もあった.

訪ねる度に人が減ることを感じたが、昨年最後の住人が山を下り、村営バスも運行を終了した.

川だけは澄み切っている.

 

(奈半利川)

 

小川川が合流しても、濁水はあまり薄まらず流れてゆく.

川沿いに最近新築された北川温泉で訊くと、8月末まで濁りが続くと知らされているそうだ.

夏を過ぎれば、ようやく高知の海は元に戻るのだろう.

 

 

関連記事リンク:

馬路のトリュフ犬と魚梁瀬

千本山と野根山、驚異の植林

高知学トップページに戻る

 

(おわり)

 

2018年7月21日 | カテゴリー : 高知学 | 投稿者 : 河田 耕一