高知学92 高知のぶらぶら町歩き1 中心街編

このエントリーをはてなブックマークに追加

高知には、毎週のように内外観光客を乗せたクルーズ船がやってくる.

高級な船もあれば、格安大型船もある.

高知の人は自嘲的に、見るものは高知城と桂浜くらいや、などと言っている.

しかし、不評なら繰り返し来ることもあるまい.

改めて高知の町のぶらぶら歩きをしてみよう.

最初は中心街である.

 

2018年5月25日 最終版

 

 

(クイーンエリザベスⅡ)

 

 

1.高知城

 

(高知城)

 

京都、金沢にはお城や天守閣がない.

高知にはある.

広さ、高さが手頃なので、高齢の観光客でも音をあげることはない.

多くの有名天守閣は、安全のため欄干に網を張ったり手摺を高くしている.

高知城での落下は自己責任で、手が加えられていない.

以前は夜間照明がなく、ビル上の某クラブのママが、店からサーチライトで照らしていたそうだ.

マイキャッスルである.

 

(木陰にて)

 

入口横の木陰は、市民の将棋の場となっている.

ジャパニーズチェスである.

今しも、新しく来た一人が持参の台を広げるところだ.

観光客が飛び入りしても、嫌な顔をされることはないだろう.

どちらが「おぬし、やるなぁ」となるだろうか.

 

2.はりまや橋

 

(電車の中から)

 

はりまや橋は、自他共に許す「がっかり名所」である.

もともとは、有名でもなんでもない小さな橋であった.

路面電車の南北と東西の路線がここで交叉するようになり、停留所にその名がつけられ、高知の中心イメージに成長した.

映画のロケで初代の赤く塗った橋がつくられた.

しかし「がっかり」もここまでくれば「マスト」のアイテムとなり、みんなスマホを構える.

 

(はりまや橋交差点)

 

交差点の北西は土産物店、向いはからくり時計のあるバス切符売場である.

南東のビルは以前西友デパートだったが、今は大阪資本のパチンコ店である.

向いは地銀の本店で、3時で閉まる.

いささか「中央感」に欠けるが、「がっかり」なので当然と言えば当然だが.

 

3.水辺

 

(鏡川)

 

高知市は、鏡川、国分川などが流した土砂が積もってできた沖積地の上にある.

江戸、大阪と同じく、分流や人工の掘割が複雑に入り組む「水の都」である.

市域を鏡川が貫通する.

春、河原にはアサリを掘る人たちがいる.

今年、鏡川の鮎の遡上は多いようで、解禁で竿を出す人もいる.

漁券は商店街で売っている.

町中で潮干狩りや鮎釣り、粋ではないか.

 

(浦戸湾、向こうが高知市街)

 

鏡川は浦戸湾に流れ込む.

7km先の湾口が桂浜である.

「月の名所は桂浜」というが、昔は船か峠越えでないと行けなかった.

浦戸湾は淡水と海水が混じる汽水域で、怪魚アカメが生息している.

光線の角度によって目が真っ赤になる.

体長131cm、重さ39kgが釣れたそうだが、キャッチアンドレリースが基本になっている.

 

(アカメ、中村のトンボ公園内水族館で)

 

何にせよ高知は釣り師天国である.

 

3.帯屋町

 

(帯屋町)

 

高知一番の商店街は、はりまや橋から高知城近くまで1km続く帯屋町である.

ファッション、ドラッグ、宝飾品、時計、パチンコ、その他何でもある.

オリエンタル調豊かな仏具店もある.

 

(仏具店)

 

(よさこい衣装)

 

意表を突く、よさこい祭りフアッションの店もある.

食べ物屋も何でもあるが、外国人観光客はよくマックに入っている.

ここまで来てマックはないと思うが、日本人が異国で「吉野家」に入るようなもので、安心感があるのだろう.

 

(大橋通)

 

連休など人出の多いときは、街路も利用される.

「藁焼きたたき」は、もちろん高知を代表する料理であり、焼き立てがその場で食べられる.

 

(オープンテラスで)

 

高知城近くの「ひろめ市場」はあまりにも有名な存在になって、大変な人混みである.

付近にその延長となる施設が拡大されている.

屋外は開放的で楽しいし、通りがかりの客も、覗けば何が食べられるかよくわかる.

カクテルやウィスキーのスタンドバーもあって、陽は高いが賑わっている.

大抵の人は、大小あるがビールを飲んでいる.

銀座の歩行者天国とは大分違う.

高知観光の醍醐味は、昼間から堂々と酒を呑めることである.

 

(はりまや橋近く)

 

ひろめ市場は肩肘張らないが、失礼ながら東南アジア場末的イメージである.

一方はりまや橋付近には、昔からの「正統派食堂」が多い.

日本が誇る技術の食品サンプルが用いられている.

あるアメリカ人女性は「これはいいワ!よくわかる!」と感嘆していた.

ただ、歴史的風土の高知城近くが猥雑で、新開地のはりまや橋が正統的、逆のようでもあるが.

 

 

(おわり)

 

関連記事リンク:

よさこい、高知の夏祭り

高知の観光船、浦戸と足摺

高知学トップページに戻る

 

 

2018年5月22日 | カテゴリー : 高知学 | 投稿者 : 河田 耕一