高知学90 車で辿る歩き遍路道 4.塚地坂、青龍寺から浦ノ内湾と仏坂を須崎へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

歩き遍路の道を辿っている.

安直に軽自動車で探訪しているのだが、歩きたいとは思う.

短いが塚地坂を歩くことにした.

 

2018年4月26日 最終版

 

1.土佐市

 

山の中腹にある35番清滝寺から、もと来た道を戻って土佐市街に入る.

和紙の伝統を継ぐ製紙の町・高岡と、海岸の漁業の町・宇佐が合併してできた市である.

両町は山が隔てていて、その峠道が塚地坂である.

今は800mほどのトンネルがあり簡単に往来できるが、これが無ければ合併はあり得なかっただろう.

 

(高岡の旧道)

 

高岡には昔からの旧道、その外側につくった広い新道、さらにバイパスがある.

古い街道筋によくある構成で、旧道には商店が並び、空を電柱と電線が覆っている.

 

(波介川)

 

しかし外に出ると、和紙を育んだ波介川、仁淀川の清流である.

 

2.塚地坂

 

(塚地坂の登り口)

 

塚地坂は峠の標高190m、長さ2kmで「高齢者」の歩きに手頃だし、国の史跡に指定されている.

遍路道であるが、もともと行き来の多かった街道で、長年の手入れが感じられる.

トンネル入口横の登り口は広場になっていて、車を停めた.

この辺りで何人かのお遍路さんに出会ったが、二人はそれぞれ外国人の男女であった.

しかし、日本語の案内板、標識はあるが、外国語のものは全くない.

 

(峠道)

 

野鳥の声を聞きながら、落葉を踏んで登る.

海水を飲むというアオバトの声も聞こえる.

 

(峠から)

 

峠の頂上から、これから向かう横浪半島が望める.

休み易い竹のベンチがつくられている.

 

(石像)

 

峠の麓には、天保、寛永などと刻まれたお墓や野仏が多い.

病があって、峠で力尽きた遍路であろう.

俗名を記したものもある.

遍路は行倒れたとしても、国元には知らされない掟になっていた.

いくら待っても帰って来ないので、身内が「大工の留吉を知りませんか」と捜索の旅に出たこともあっただろう.

「そういえば」ということになって、悲嘆に暮れながら墓石を置いたのかもしれない.

 

(安政地震の碑)

 

安政地震(1854年)の被害、教訓を円筒一面に記した碑がある.

ここまで津波が届いた.

それより150年前の宝永地震も述べられている.

「物欲を捨てて、まず逃げよ」ということだ.

 

3.青龍寺

 

(浦ノ内湾口)

 

宇佐の海岸からは、これから行く青龍寺のある半島と、長い入江の入口にかかる橋が見える.

1時間、なかなか楽しい塚地坂であったが、途中出会ったのはお遍路さんではなく、エクササイズの男性だけであった.

坂道を避け、トンネルに突入する人が多いのだろう.

長大トンネルを歩くと、車の音が反響してうるさく、排気ガスや煤で息苦しくなるが.

ただし、タクシーでトンネルを戻ったが、あっという間であった.

 

(青龍寺と蟹ヶ池)

 

青龍寺が山蔭に見えてくる.

手前は蟹ヶ池で、研究者が底をボーリングして堆積物を調べた.

すると二千年前の弥生時代に、マグニチュード9クラスの巨大地震による大津波が発生した痕跡が認められたという.

有史以来の南海トラフ地震は、すべて8クラスと推定されているが、9となれば2011年の東北と同じである.

南海トラフ地震のメカニズムははっきりしている.

フィリピンプレートの潜り込みの反動で、陸地が間歇的に跳ね上がることによる.

データから、次の地震の発生は2038年の確率が高いとされている.

早く起きれば蓄積エネルギーが少ないから規模は小さいが、遅くなれば遅くなるほど規模は増大するのだろう.

 

4.三つのルート

 

36番青龍寺から次の37番岩本寺まで、60km近くある.

青龍寺出発から15kmのルートは次の三つがある.

1)寺から上がって横浪スカイラインを歩く

2)3km来た道を戻って、一日3回の巡航船に乗る

3)同じく戻って、浦ノ内湾沿いの道を歩く

2がもっとも楽なことは言うまでもない.

この区間を、歩かずに舟で行くことは昔から遍路で認められているらしい.

誰しも同じ道を戻ることには抵抗感があるので、1をとる人が多い.

しかしこれはそれ迄道のなかった半島に、1973年になってつくられた自動車道である.

車は何でもないが、絶えまなく坂を上がり降りするので、大変疲れる.

 

3.浦ノ内湾

 

入江に沿う道は、高低差がないので楽である.

 

(浦ノ内湾)

 

海沿いの家は、防潮堤があるので庭からとはいかないが、一歩出れば釣り場でありマイボートも係留できる.

 

(堤防で)

 

この辺りは、休憩所やトイレを備えた釣り筏が多いし、半島の断崖下では磯釣りもできる.

釣り師の天国である.

 

4.仏坂

 

半島を抜ければ、スカイラインと入江の道とが合流する.

一般には真直ぐに須崎に向かうのだが、その間に短いが狭いトンネルがある.

大型車の離合は困難で、歩道はない.

合図灯を手にし、車の途切れたところで走り抜けることが望ましい.

 

(仏坂登り口)

 

より安全な道はある.

北側の山中を通る仏坂の遍路道である.

峠の長さは2kmくらいで、標高150mだから塚地坂よりも低い.

ただ人も車もほとんど通らない、寂しい山道である.

山登りでは当たり前だが.

 

(峠から)

 

(轟)

 

地図で見ると、この山奥に今もあるかと感じる轟集落であるが、新しい鯉幟が立っている.

次世代が確保されたのであろう.

ただし遍路道はショートカットしていて、轟は通らない.

やがて須崎のヤマダ電機の屋上看板が見えてきた.

 

参考にした図書: 尾池和夫:「2038年南海トラフの巨大地震」、2015、マニュアルハウス.

 

関連記事リンク:

巡航船と伊勢海老の横浪半島

四国遍路はどんな人?、難所はどこ?

高知学トップページに戻る

 

(おわり)

2018年4月21日 | カテゴリー : 高知学 | 投稿者 : 河田 耕一