高知学88 釣りとマリンスポーツ、オープンした廃校水族館

このエントリーをはてなブックマークに追加

高知県は東から西まで、太平洋に面している.

瀬戸内の穏やかな海に島々が重なる、のんびりした風景ではない.

また、日本海のように北風が荒れ狂う厳しい海とも違う.

 

2018年5月15日 改訂版

 

1.釣り

 

(手結港)

 

近くの手結(てい)港の堤防は、穏やかな入江に面している.

釣果が多く、ファミリー恰好の釣場となっている.

一家で竿とお弁当を持って出かける.

「小鮒釣りし」ではなく、「小鯵釣りし彼の海」である.

鳥もファミリーの一員として、お裾分けを待っている.

 

(琴ヶ浜)

 

夕方の海岸では、車を降りて釣竿を出す仕事帰りの人をよく見る.

この人は「エギ」と呼ばれる疑似餌で、イカを狙っているようだ.

スーパーには釣具売場があり、さまざまなエギが置かれている.

 

(エギ)

 

(吉川漁港)

 

億はするだろうトローリングの高速艇の横で、のんびりと竿を出す.

これも同じ釣りである.

地元新聞には毎週釣り面があり、釣り人と釣果も載せている.

先日は、55cmのヒラメを釣り上げた、5歳の子どもの写真であった.

釣歴4年と書かれていた.

子どものコメント:「力が要ったが、がんばって回しました」

母親のコメント:「お腹にいるときから釣りに行っています」

 

(足摺岬)

 

(ウナギ捕り)

 

近くの川では老男性がウナギを捕っている.

流れのあちこちに石を積んでおく.

適当なときに石を崩して、中に潜んだウナギを捕まえる.

積んだり崩したり手間が大変だが、四万十川でもやっている.

ウナギを捕る筒状の仕掛けをホームセンターで売っているが、これは横取りする奴が出るらしい.

 

⒉.水族館

 

定置網は、沖合に大規模な配置の網を置くものである.

魚が網に沿って泳いでいるうちに、袋の鼠になる仕組みである.

室戸の先の椎名漁港で、定置網から帰ってきた運搬船を見た.

船倉一杯が魚で埋まり、クレーンともっこで荷卸しする.

巨大な青いプラスチックのコンテナがたちまち一杯になり、次々に積み上げられる.

定置網にはいろいろのお客が入ってくる.

ウミガメも入る.

ウミガメの卵は砂浜で孵化するが、その後の行動は全くわかっていないという.

漁師が持って帰ってくれたものを、保護団体が計測し、足にタグを付ける.

速い! 海に戻した途端、全速力で逃亡し、あっという間に姿を消した.

2018年、廃校になった椎名小学校を利用し、「廃校水族館」がオープンした.

 

(廃校水族館)

 

元の25mプールが大水槽になった.

漁師さん方の出身校でもあるから、ウミガメを始めいろいろの魚を持って来てくれる.

室内の水槽では子亀と対面した.

はや老成の風ぼうである.

 

(子亀)

 

(ジンベエザメの子ども)

 

足摺にも定置網があり、時々ジンベエザメが入る.

黒潮に乗って南の海からやってくるのである.

大阪の水族館の出張所があって、これをある期間育成する.

5mを超えるものが居たことがあったが、巨大な水槽でも曲がると尾がつかえる.

大きすぎるので再び海に戻したそうだ.

ジンベエザメと一緒に沖で泳ぐ催しもある.

タイワンイトマキエイを見たことがある.

幅3mで、頭に二本の長い角が突き出ている.

大阪に持って行ったが、残念なことに死んでしまったらしい.

 

3.海水浴

 

太平洋の波が寄せる高知の海岸は、砂浜が少なく、また離岸流が激しいため、意外に海水浴場がない.

しかし注意すれば波打際では遊べる.

 

(赤岡の海岸)

 

高知市の東、赤岡では毎年「どろめ祭り」が行われる.

大人はテントで酒盛りだが、その間子どもたちは波打際で遊ぶ.

 

(夜須の海岸)

 

近くの海岸にある公園「ヤ・シィパーク」の浜は海水浴場になっている.

かつて夏のレジャーといえば海水浴であったのだが、最近は意外に人気薄らしい.

今はどこにでも屋内プールがあり、水泳教室があり、年中泳ぐことができる.

子どもは、塩辛くて波がある海を敬遠する.

大人は紫外線を気にする.

昔、日焼けを競った「黒んぼ大会(差別用語だが)」が嘘のようだ.

 

(吉川の海岸)

 

4.マリンスポーツ

 

マリンスポーツの代表はサーフィンである.

高知では東から西まで、あちこちにスポットがある.

そのために移住する人もいて、海岸に西海岸風の住宅が建っていたりする.

玄関横にサーフボードを置いている住宅もよく見るが、ただの飾りではなさそうだ.

町内にはサーフショップがある.

 

(仁淀川河口)

 

近くの夜須川河口の入江には、台風が近づくとサーファーが集まってくる.

荒波に乗り出そうというのではない.

外洋からの波及で、湾内に緩やかな波が安定して立つ.

ビギナーの練習に好適なのである.

 

(ヨット教室)

 

夜須の浜ではヨット教室が開かれている.

一人乗りディンギーが多数置かれているが、大学のクラブのものだ.

これらが外洋に出ることはないが、たまに沖合を行くキャビン付ヨットを見ることがある.

室戸岬を回ってやってきたのだろう.

 

(琴ヶ浜で)

 

隣村の琴ヶ浜は、浜と松林が5km続く.

ただ荒い波が寄せる砂利の浜なので、時折釣り人を見るくらいである.

人がいないのでモーターグライダーの離発着に好適だ.

ゴルフ場を越えて上空にやってくる.

 

関連記事リンク:

四万十川と孤独な海水浴

断崖の入江を宿毛から柏島

高知学トップページに戻る

 

(おわり)

 

2018年3月13日 | カテゴリー : 高知学 | 投稿者 : 河田 耕一