6 高知の酒の飲み方は?宴会での議論は?宴席の心得は?

このエントリーをはてなブックマークに追加

高知県民はなぜ酒が好きなのだろうか.

酒を呑む目的は何だろうか.

本当に酒が強いのだろうか.

高知の酒には1,000年以上の歴史がある.

紀貫之は「土佐日記」で、934年の土佐出立を記している.

別れに当たって盛大な宴会が続いた.

子供までが酔っぱらってよろよろ歩いている.

幕末、山内容堂は大酒で健康を害した.

山内家当主が、地元酒造会社のCMの宴会シーンに出ていたことがある.

高知では、「さすがに呑みっぷりがえい!」と褒められていた.

 

(2017年7月29日 修正版)

 

 

2014年3月の地元新聞・こども欄に、都道府県の統計の話しがあった.

盛り上がっている宴会の写真と共に、「お酒」について次のように記している.

「高知の人はお酒好きと言われています.

ところが「ビール」の量は46位(18.19L).

あれっと思っていると、ビールより安くて味を似せた「発ぽう酒」が断トツトップの56.44L(2位の新潟市は44.77L).

そして、お店で飲む「飲酒代」は全国一の3万4550円.

2位の東京都区部(2万6580円)を引きはなし、全国平均(1万7037円)の2倍です.

家では安めの発ぽう酒をたくさん飲み、外ではお金を使ってでも飲む.

高知の大人たちのすがたが見えてきます」

「高知の大人たち」も形無しだが、これにはわけがある.

 

 

1.酒の看板

 

高知の道を走れば、スーパーでも、ドラッグストアでも、コンビニでも 、「酒」の看板が目につく.

酒には集客力があるのだろう.

だからといって、各店で焼酎のボトルや「発ぽう酒」のカートンを抱えた客が大変目につくわけではない.

それよりも店に対する認知力、いわば「酒も売っていない店に買い物に行けるか!」ということと思われる.

 

rikaoukannbann

 

sunshinekannbann

 

 

 

 

 

 

 

 

 

dragkannbann

 

 

 

2.   酒の飲み方

 

高知の酒呑みに「あなたはどこで酒を飲むのが楽しいですか」というアンケート調査を行ったとする.

1)家で晩酌

2)知り合いと少人数で飲む

3)宴会・お客

「お客」とは、もともと自宅を開放して、誰が来てもよし、飲んでもよし、という催しを意味していた.

現在では形式に捉われない盛大な飲み会として使われる

4)バー、クラブ

おそらく3,2,・・・の順ではないだろうか.

ある酒呑みは、「わしゃ家では絶対に酒は呑まん!女房相手に酒を呑んで何が楽しい!」と話していた.

「白露の酒を一人静かに…」という境地は、高知の酒からはほど遠い.

それであれば、家で飲るのはアルコール摂取の生活習慣に過ぎず、高い酒など飲む必要はない.

「ビール」ではなく「発ぽう酒」で十分ということになる.

 

yuuhinikannpai

(夕陽に乾杯!しかしこれは高知の飲み方ではない)

 

3.   宴会の目的

 

司馬遼太郎は、「高知では議論を肴に酒を飲む」と述べている.

しかしこれは少し違うように感じる.

「議論のために酒を飲む」という方が近いように思える.

だがこれも少し違う.

高知に来て間もない頃宴会に出た.

盃を差し出す相手がしきりに意見を述べる.

宴会の喧騒の中で聴きとろうとするが、やかましくてわからない.

大変疲れる.

しかし何回かの内に、聴き取る必要などないことがわかってきた.

相手が意見を述べれば、それを上回る大声で自説を述べればよいのである.

一般に議論とは、お互いに意見を述べあって、それらをすり合わせ、よりよい結論を導く(アウフヘーベン)ことである.

高知の宴会での議論とは、一定の結論を導くことではなく、互いに自説を声高に主張することを意味している.

したがって、「意見を大声で言い張るために酒を飲む」というのが正しい.

宴会の人数が多いほど、相手が多くて張り合いがあるというものである.

 

 

 

shiragiku

(隣村のS酒造場)

 

3.酒呑みの分類

 

高知の人は酒が好き、酒に強いと言われるが、いろいろである.

1)毎日大量に飲む

入院前の検査で、医師に「お酒は飲みますか?」と問われ、「毎晩5合ばあ飲んじょります」と胸を張って答えたという.

ただ、そのような人は少なくなっているように思う.

2)普段は飲まないが、何かあれば際限なく飲む

「何かあれば」の頻度が問題で、三日に一回かもしれないし、年に数回かもしれない.

普段が休肝日で、飲む日に一気に爆発すると受け取ることもできる.

いずれにせよ、今はこのタイプが多いように感じる.

近所の奥さんがウチのお母さんのところに来たが、ふらふらしているので、どうしたの、と訊くと

「昨日集まりがあってビール5,6本飲んだ」

「え~、どんな瓶?」

「大瓶に決まっているやないの」

ただこの人は年数回派ではないかと思われる.

3)全く飲まない

男性でも飲まない人は多い.

しかし、既に述べたように、宴席での酒は、議論を盛り上げるためのツール、あるいは促進剤、興奮剤である.

飲めなくても「飲まない」と宣言すればそれで通る.

飲まなくても自説を声高に主張すればよい.

大体、飲めない人に酒を強要するなど、酒がもったいないと思っている.

 

(夜の盛り場、女性が多い)

 

関連記事リンク:

高知の居酒屋三つ

ビヤホールと宴会

高知学トップページに戻る

 

(おわり)

 

2015年1月27日 | カテゴリー : 高知学 | 投稿者 : 河田 耕一